今だからこそぜひ!大学生の夏休みにおすすめの過ごし方7選!

日焼けを嫌がる麦わら帽子を被った女性の後ろ姿
記事のポイント
  1. お金が無くても大丈夫!
  2. 一人でもグループでも楽しめる!
  3. 大学生だからこそ満喫できる!

「学生最後の夏休み、ダラダラ過ごすのはもったいない」と思いませんか?

1~2ヶ月もの夏休みがあるのは、大学生が最後です。

社会人になると、長くても1週間前後しか連休がありません。

そこで今回は、大学生活で思い出に残るような夏休みの過ごし方をご紹介します。

①お金をかけずに夏休みを楽しむ

開いたお財布に入った1円玉

夏休みを満喫したい気持ちはあるけれど、お金はかけたくない、お金はかけられないという大学生も多いかと思います。

お金をかけたくない、お金をかけられない理由として、

  • 奨学金の返済がある
  • 生活費ギリギリで生活している
  • 将来のための自己投資をしている
  • 友人との旅行資金を貯めている
  • 友人や先輩後輩、恋人との交際費

などが挙げられます。

学業が本業と言えども大学生にも様々な理由があり、お金のやりくりをして日々生活しています。

そこで、夏休みにお金をかけずに楽しむ過ごし方をいくつかご紹介したいと思います。

ちなみに、年の離れた弟や妹、姪っ子甥っ子、近所の子供と夏休みを楽しむのなら、こちらの記事がおすすめです。

子供の醍醐味だらけ!夏休みにおすすめの子供の過ごし方7選!

 図書館で気になる本を読破する

ベンチで本を読む女性

読書が好きだったり、気になる著者や本がある場合、図書館で気になる本を読破することをおすすめします。

「何だ読書か」と思ったあなた!

本には先人の教えや知識など様々な情報を得ることができます。

図書館には書店に並ぶような新刊本はありませんが、様々なジャンルの書籍が集められています。

また、小説を読んで自分とは違った世界や視点を学んでみるのも、とても面白いです。

一見、何のためにもならないと思うことでも、ふとした瞬間に救われる言葉や未来を切り開くヒントとなることもあります。

お金をかけずにたくさんの本を読み、あなた自身の世界をさらに広げてみてはいかがでしょうか?

 ブログを始める

並べられたアルファベットのクッキー

今や情報社会の真っただ中で、インターネットを活用したビジネスや教育など様々な情報が溢れています。

ツイッターやインスタグラムなどのSNSを活用している方も多く、年齢層の幅も様々です。

そんな情報社会だからこそ、ブログを始めてみることをおすすめします。

ブログと言っても、最近は無料のブログサイトがあり、誰でも無料で簡単にブログを始めることが可能です。

自宅にパソコンが無くても、スマホがあればいつでもどこでも利用可能です。

なぜ、ブログを勧めるかと言うと、

  • ブログを毎日書くことで、継続力が養える
  • ブログを通して人と繋がりが持てる
  • ブログに思いを綴ることで、ストレス発散になる
  • 過去のブログを振り返ることで、成長などの気づきが得られる
  • ブログが自分の生きてきた足跡になる

など思う以上に自分自身に大きなリターンとなる可能性があるからです。

あなたの綴った何気ない一言が、悩んでいる人を救う一言になる場合もあるのです。

ただ、注意したいことは私的なブログとは言え、名指しで他人を誹謗中傷するような内容は、あなたにとっても誰にとっても良い結果にはならないので控えましょう。

あくまでも、自己責任の下でブログ運営を行うようにしましょう。

動画を投稿する

スマホで自画撮りしている男性

お金をかけずに夏休みを楽しむのなら、動画を撮影して動画投稿サイトやTV番組に投稿することをおすすめします。

例えば、

  • おもしろ動画
  • ペットの動画
  • 友人や恋人へのサプライズ

などがあります。

スマホで動画の撮影から簡単な編集、動画投稿サイトへの投稿まで誰でも簡単に行うことができます。

良い記念にもなるし、どんな動画をどんなアングルで撮影するなど考えている時間も楽しい時間になるはずです。

趣味を見つけたいという方には、こちらの記事がおすすめです。

休みに何する?無趣味な人におすすめの趣味13個

② 交流を楽しむ

肩を抱き合う3人の少女

せっかくの夏休みを貴重な体験や経験を得られるものにしたいというあなたには、交流を楽しむことをおすすめします。

交流を楽しむと言っても、世の中にはあなたが思う以上に広い世界があります。

社会人になって一会社員として企業に就職すると、その企業のカラーによってはとても狭い世界に身を置くことにもなります。

狭い世界にばかりいると、とても窮屈な思いをすることも増えてきますし、ストレスを溜めることも多くなるでしょう。

中には、気を病んでうつ病になったり、自ら命を絶ってしまう人もいます。

だからこそ、大学生の今のうちに多くの人や様々な世界と交流を持つことで、仕事だけがあなたを作っている訳ではなく、あなたの一部でしかないことを知っておくことも一つではないかと思います。

では、交流を楽しむ例をいくつかご紹介します。

地域交流を楽しむ

舞妓姿の3人の女性

全国には様々な地域があり、地域によって昔から伝わる伝統文化というものが受け継がれています。

多くの人は新しいものに興味を持ちますが、古いものにも歴史や先人たちの思いなどが詰まっているものです。

もちろん、あなたが生まれ育った地元や大学生活を送る地域にも、多くの歴史や伝統があります。

地域の歴史や伝統に詳しい人に話を聞いてみたり、その地域の美術館や博物館などで詳しく調べてみるのも新たな発見や面白さが見つかるかもしれませんね。

例えば、

  • 自分が生まれ育った地域の歴史や伝統を調べてみる
  • 自分の家系や名字のルーツを調べてみる
  • 歴史上の人物のゆかりの地を訪れてみる
  • 世界に誇る日本の伝統文化について調べてみる
  • 戦時中を生きた人たちから戦時中の話を聞く

などがあります。

あなたが少しでも興味を持ったものにフォーカスして、地域交流を楽しんでみてください。

 同じ趣味を持つ人との交流を楽しむ

フレンドと並べられたアルファベットの文字

せっかく誰かと交流を持つのなら、同じ趣味を持つ人との交流を楽しむことをおすすめします。

SNSのコミュニティなどで、同じ趣味を持つ人が集まるコミュニティを探して参加してみるところから始めてみるのも良いですね。

例えば、

  • ツイッターで探す
  • インスタグラムで探す
  • ミクシィのコミュニティで探す
  • ラインのコミュニティサービス(無料アプリ)
  • カルチャースクールに通う

などがあります。

SNSを上手に活用したり、地域で開催されるカルチャースクールなどを利用してみるのも1つの手です。

留学で異文化交流を楽しむ

授業を受ける外国人の学生たち

大学生の夏休みにこそ、留学で異文化交流を楽しむことをおすすめします。

留学と言っても実は様々な種類やプランがあり、大学生だからこそ利用できるものがあります。

例えば、

  • 語学留学
  • 短期留学
  • 長期留学
  • 大学留学
  • インターンシップ

などがあります。

夏休みに留学をするなら、短期留学で1週間~4週間程海外に留学することが可能です。

短期留学で学べたり体験できることは、

  • 語学
  • ホームステイ
  • ボランティア
  • 留学先のスポーツや文化

など目的に応じたプランを選ぶことができます。

ただ、気になるのは留学費用です。

留学費用には、留学先でかかる費用の他にも往復の航空運賃や海外留学保険、パスポートやビザの申請料、健康診断の受診料などがかかります。

例えば、留学する国にもよりますが、1ヶ月の短期留学をする場合、渡航費用や学費、滞在費などを合わせると、大体15万円~40万円程の費用がかかります。

留学費用が不足していたり、まとまった費用が用意できない場合の一つの手段として、留学専用のローンを活用するという手もあります。

大学生のときにしか得られない経験や体験がきっとあるはずです。

また、様々な体験や経験を通して、あなたの未来に繋がることがあるかもしれません。

積極的に多くの交流をはかり、いろいろな世界や文化があることを身をもって体験してみましょう。

タイムチケットで人生の先輩の時間を買う

ワインレッドの砂が落ちる砂時計

「タイムチケット」というサイトをご存知でしょうか?

多くのTVやメディアで注目を集め紹介されたことがあり、様々な業種で活躍されている方やある特技を持つ人の時間を買うという一風変わったシステムが利用できるサイトです。

サイトに登録をして、この人の話を聞いてみたい、相談してみたい、学びたいと思う人を探し、お金を払ってその人の30分をあなたのためだけに買うのです。

チケットを購入したら、会う日時などを決めて、約束の日に直接会うことができます。

また、タイムチケットではFacebookでの登録が必須で、実名を原則としています。

お金を払ってでも会って話してみたいという人がいたり、実際に自分が何かを人に与えたいと思えば、タイムチケットを活用してみるのも良いかもしれませんね。

 ③ボランティアに参加する

握手をする男女

ボランティアに興味があったり、この先の就活に活かせるボランティアをしたいという方には、夏休みを利用してボランティアに参加することをおすすめします。

ボランティアと言っても、様々な種類があります。

他人の役に立つボランティアだったり、動物を手助けするボランティアだったり、自分自身を成長させるためのボランティアだったりと目的も様々です。

そこで、大学生の夏休みにおすすめのボランティア活動をいくつかご紹介したいと思います。

介護や福祉のボランティアに参加する

入居者の手に手を重ねる介護士

介護や福祉関係の就職を考えている大学生やボランティアに興味がある方には、介護や福祉関係のボランティアに参加することをおすすめします。

とくに少子高齢化社会の日本にとって、介護における人材不足や生産年齢人口の減少が問題視されています。

厚生労働省の発表では、2025年度には介護職員が約37.7万人が不足するとされています。

介護や福祉は人と人の繋がりがとても深いサービス業にあたり、生半可な気持ちでは決して行うことができない職業です。

自分自身に介護や福祉に関わる資質があるのか、これから何十年とやっていく自信が持てるのか、自分にとって本当にやりがいがあるのかを夏休みを利用してボランティア活動を体験してみることをおすすめします。

大変な職業だけれど、大変な分だけ「ありがとう」と言われたときの嬉しさは何とも言えない喜びに変わることもあります。

ボランティア活動を通して、じっくりとあなた自身の将来と向き合ってみましょう。

 保護犬・猫ボランティアに参加する

伏せをする大型犬の横に立つ猫

動物が好きだったり、保護犬や保護猫を助ける手助けがしたいと思う方には、保護犬・保護猫ボランティアに参加することをおすすめします。

日本は空前のペットブームにあり、犬や猫を飼育している人が多数います。

自宅ではペットがいなくても、猫カフェや小動物カフェ、小鳥カフェなど様々な動物と触れ合えるカフェがあります。

また、最近では保護犬や保護猫と一緒に暮らせるシェアハウスもオープンしたりと、動物と触れ合える様々な新しいサービスが今も尚、増えています。

このように、華やかな場で可愛がられる動物たちがいる一方で、環境省の報告では平成27年度に犬が15,811匹、猫が67,091匹が引き取り手がおらず、殺処分されているのです。

そんな中でもNPO法人の動物愛護団体などで犬や猫が保護され、ボランティアの人たちによって新しい飼い主を探す活動が行われています。

ただ、多くの犬や猫を面倒みる人手が不足している所も多く、ボランティアを募集している団体も多数あります。

動物と触れ合えるカフェもいいですが、不遇な犬や猫のためにボランティアをしてみてはいかがでしょうか?

被災地のボランティアに参加する

カフェでミーティングをする人の手元

人の役に立てるボランティアに参加したいという方には、被災地のボランティアに参加することをおすすめします。

被災した当初は、マスコミや多くの人が注目しますが、時が経つにつれて少しずつ注目度は低くなってきます。

大切な家族を亡くされた方や生まれ育った家を失った方、生まれ育った景色や環境を失った方など今も多くの傷や悲しみ、苦しみを抱えていることと思います。

そんな中でも被災者の方たちは、復興のために日々尽力されています。

「少しでもそんな方たちの力になりたい!」「復興の手伝いをしたい!」「笑顔になれるような楽しいことを企画したい!」など熱い思いがある人は、被災地のボランティアに参加してみましょう。

ただ、ボランティアに参加する場合は、個人で行動すると要領が分からずに逆に迷惑をかけてしまうこともあります。

そのため、ボランティア団体に登録した上で計画的にボランティアに参加するようにしましょう。

また、学生主催のボランティア団体などもあるので、同世代とボランティアを通して交流をするのも良いかもしれませんね。

もしも、ボランティア先でエアコンが無い場合は、こちらの記事が参考になりますよ。

夏と戦え!エアコンを使わずに涼しく過ごす方法8選!

 大学生国際協力フィールドスタディプログラムに参加する

アフリカの少女たち

海外の開発途上国の人たちのためのボランティアに参加したい方は、「大学生国際協力フィールドスタディプログラム」に参加することをおすすめします。

大学生国際協力フィールドスタディプログラムは、JICA(独立行政法人 国際協力機構)が実施する事業の一つで、海外の開発途上国の人たちのためのボランティア活動を支援するプログラムです。

青年海外協力隊に参加するとなると、1年以上の期間が必要になるため、夏休みでは足りません。

でも、日本国内でも開発途上国の人たちのためにできるイベントやプログラムが実施されており、主催者側としてボランティアに参加することも可能です。

将来、青年海外協力隊に参加したい方や世界の恵まれない子供たちのために何かしてあげたいという方におすすめです。

④旅を楽しむ

記念撮影をする2人の女性

1~2ヶ月ある夏休みを満喫するのなら、やはり旅を楽しむことをおすすめします。

ちょっとくらい無謀とも思える旅も、大学生だからこそできることもあるはずです。

一人旅でも良いし、友人や仲間たちと一緒に旅をするのも良い思い出になります。

そこで、大学生の夏休みにおすすめの旅をご紹介したいと思います。

新幹線の中で暇な時のおすすめの過ごし方15選!

 日本縦断の旅を楽しむ

草むらで自転車に乗る外国人男性

学生時代の思い出として、何か大きなことを達成してみたいと思う方も多いのではないでしょうか?

そんな内なる大きな野望を抱いている大学生におすすめな旅は、日本横断の旅を楽しむことです。

日本横断の旅となれば、北は北海道から南は沖縄まで直線距離にして、およそ2,500km程の距離になります。

実際には、通るルートによって距離は長くなるでしょうが、達成できたら学生時代の良い思い出だけでなく、人生においても忘れられない思い出となることでしょう。

日本横断の旅と言っても手段や目的は様々あります。

例えば、

  • 自転車やバイクなどで日本縦断の旅
  • キャンピングカーで日本縦断の旅
  • ヒッチハイクで日本縦断の旅
  • 食べ歩きで日本縦断の旅
  • 青春18きっぷで日本縦断の旅

などがあります。

体力やお金、時間などにも限界があるので、日本縦断にチャレンジする場合は、余裕を持った計画を立てて万全な準備をするようにしましょう。

こちらの記事に青春18きっぷについて詳しくまとめています。

実はこれができる!暇なお盆休みにおすすめの過ごし方8選!

四国八十八ヶ所巡りを楽しむ

両手を合わせて参拝中の女性

神社や仏閣に興味がある方におすすめな旅は、四国八十八ヶ所巡りを楽しむことです。

最近は、御朱印集めが幅広い年齢層に人気があり、ネットオークションなどでも高額で販売されていたりします。

ですが、本来は自分の足で直接出向いて御朱印を頂くことで、ご利益があるというものです。

夏休みを利用して、自分の足で歩いて御朱印を集めることにチャレンジしてみるのも良い思い出になりますよ。

また、何より四国八十八ヶ所巡りの楽しみは、地元の方々や同じように四国八十八ヶ所巡りを行っている人たちとの交流を持てることです。

美しい景色を眺められ、体力もつき、ご利益もあり、多くの人と交流を持て、これ以上ないくらい良い思い出となることでしょう。

こちらの記事で四国八十八ヶ所巡りについてご紹介しています。

これしたことある?ゴールデンウィークにおすすめの過ごし方8選!

 海外ツアー旅行を楽しむ

シンガポールでスマホで撮影する観光客

大学生の夏休みの旅と言えば、誰しも憧れるのが海外旅行です。

ただ、世界の情勢などをニュースで見ていると、海外旅行は様々なトラブルに巻き込まれるリスクも高く、断念される方も多いかと思います。

とは言え、「海外旅行に絶対行きたい!」という方も少なくないはずです。

もしも、海外旅行に行くのなら、個人で行くよりも旅行代理店などが企画する添乗員や現地案内人が同伴の海外ツアーに参加することをおすすめします。

また、旅行先の国を選ぶ際は、外務省のホームページなどで旅行先の治安や感染病等の情報を得た上で決めるようにしましょう。

家でできないことだらけ!ホテルでのおすすめの過ごし方10選!

 ⑤夏のイベントを楽しむ

うちわを持つ浴衣姿の女性

夏休みと言えば、全国各地で様々なイベントが開催されます。

夏をとことん楽しみたい方には、夏のイベントを楽しむことをおすすめします。

夏のイベントと言うと、

  • 夏まつり
  • 花火大会
  • 海水浴
  • 夏フェス
  • TV局の夏限定イベント

など様々なイベントが開催されます。

では、これ以外にも友人や仲間と夏休みをより楽しむための過ごし方をいくつかご紹介します。

友人とアウトドアを楽しむ

夕暮れに明かりが灯るテント

夏と言えば定番ではありますが、友人とアウトドアを楽しむことをおすすめします。

海や川、山など大自然に囲まれた環境でテントを張ったり、食事の用意をしたり、満天の空を眺めながら思い出話や将来を語り合うのも良いかもしれませんね。

最近では「グランピング」と言って、テントの中にベッドやエアコンなどホテルのような快適な環境が用意されていたり、手ぶらでちょっとリッチなキャンプを楽しめる施設もあり、注目を集めています。

グランピングという言葉は、”グラマラス”と”キャンピング”を合わせた造語のことを言います。

宿泊料金は、1名で10,000~30,000円程度になります。

もしも、雨で予定がキャンセルになった場合は、こちらの記事がおすすめです。

これ知ってた?雨の日の休日におすすめの過ごし方6選!

 サークルの夏合宿に参加する

日焼けを嫌がる麦わら帽子を被った女性の後ろ姿

大学でサークルに入っているなら、夏合宿に参加することをおすすめします。

もしも、あなたが入っているサークルで夏合宿が無いのなら、提案してみるというのも良いでしょう。

例えば、

  • 音楽系のサークルなら音楽施設が充実している宿で合宿
  • 体育会系サークルならスポーツ施設が併設している宿で合宿
  • 温泉好きなら温泉旅館で合宿
  • サークルの夏合宿と題してレジャーを楽しむ
  • 他のサークルの夏合宿に便乗して楽しむ

など合宿と言えども、旅行やイベントに近いように楽しむというのもサークル内の絆を深める良いきっかけとなるかもしれませんね。

ただ、羽目を外し過ぎて大きなトラブルにならないように、注意しましょう。

 ⑥学生生活の集大成を記憶に残す

両手でガッツポーズをする男性

大学生活最後の夏休みに記憶に残ることを成し遂げたいという方もいるのではないでしょうか?

そんな方におすすめの夏休みの過ごし方は、学生生活の集大成を記憶に残すことをするです。

例えば、

  • 作品を制作する
  • 人前で作品を披露する

などをおすすめします。

では、一つずつ詳しくご紹介していきます。

 作品を制作する

海でPCをいじる男性の後ろ姿

あなたがもし、形あるものを制作しているのなら、あなたのオリジナルの作品を制作することをおすすめします。

例えば、

  • 絵画
  • 写真
  • 小説
  • 漫画
  • 映画
  • 自費制作のCD

などがあります。

時間を忘れて、ただ創作活動にだけ没頭するというのも、学生でしかできない時間の使い方なのではないでしょうか。

誰かのためではなく、販売して利益にするためでもなく、ただただ創作活動が好きで好きでたまらない気持ちを渾身の力を込めて、一つの作品に打ち込める何かがあるのは、とても幸せなことかもしれませんね。

「あの時やっておけば良かった」と後で後悔しないためにも、あなたがやりたいことにしっかりと向き合ってみてください。

人前で作品を披露する

青空の下でギターを肩に担ぐ外国人男性

大学生活を送る中で様々な作品を作ってきたのなら、人前で作品を披露することをおすすめします。

趣味やサークルなどで作った作品を「誰かに見て欲しい、この作品から何かを感じ取って欲しい」という思いを抱いている方も多いかと思います。

例えば、

  • 作品の展示会を開催する
  • 自費制作映画の上映会を行う
  • 音楽ライブでオリジナル曲を披露する
  • オリジナルの洋服でファッションショーを開催する
  • 漫画や小説など有名雑誌に応募する

などがあります。

人前で作品を披露することで、思いがけなくあなたの才能を見出してくれる人に出会うかもしれません。

例え、あなたに才能が無かったとしても、「精一杯やれることをやり切った」と悔いを残すことなく、新社会人として新たな目標へと歩き出す一歩となるはずです。

 ⑦オリジナルの卒業記念品を作成する

空高く帽子を投げる5人の卒業生

大学生活も残り数ヶ月というあなたには、オリジナルの卒業記念品を作成することをおすすめします。

大学毎や家族から大学卒業の記念にプレゼントされる方も多いかもしれません。

それとは別に、仲の良い友人や仲間たちだけの絆の証として、オリジナルの卒業記念品を自分たちで作るというのも良い思い出になります。

例えば、

  • メッセージや名前入りのボールペン
  • 思い出写真のアルバム
  • 印鑑ケース
  • 録音機能付きの目覚まし時計にオリジナルボイスを録音
  • オリジナルTシャツ

などがあります。

親しい友人のイニシャルやメッセージを入れたボールペンや印鑑ケースでもいいですし、思い出の写真を集めてオリジナルの卒業アルバムを作ったり、専門の会社にお願いして作ってもらうのも良いですね。

また、お揃いの録音機能付きの目覚まし時計に仲間同士でオリジナルボイスを録音し、アラーム代わりにすると毎朝元気をもらえるかもしれません。

さらに、サークル仲間やいつも一緒だったグループのオリジナルのメッセージやイラストをプリントしたTシャツを作るというのもおすすめです。

このように、学生時代の思い出を記念品として形に残すというのも、社会人になった後々に振り返ったときに良い思い出となったり、辛い時苦しい時の励みにすることもできますね。

大学生の夏休みにおすすめの過ごし方のまとめ

大学生の夏休みをいつもとは違った過ごし方をするなら、学生生活の思い出になる過ごし方をしましょう。

もしも、思い浮かばないときは、

  • 大学生の夏休みにしかできないこと
  • 大学生活の思い出になること
  • 卒業後の励みになること

などを参考に夏休みの過ごし方を探してみましょう。

社会に出ると辛いこと苦しいことが必ずあります。

でも、そんなときは共に笑いあった仲間がいること、楽しかった夏の思い出があることを思い出し、困難を乗り越えて行きましょう!