これで寂しくない!一人暮らしにおすすめのペット8選!

水色の背景で正面を向くうさぎ
記事のポイント
  1. 飼いやすいペットが見つかる!
  2. お手入れが簡単なペットが見つかる!
  3. お金をあまりかけなくても飼えるペットが見つかる!

1人暮らしって自由気ままな暮らしを存分に味わえる一方で、こんな悩みがありがちです。

例えば、

  • 寂しい
  • 心の拠り所が欲しい
  • 誰かに待っていて欲しい

という思いが心の何処かにあるものです。

そこで1人暮らしが楽しくなるようなおすすめのペットをご紹介します。

①猫

絨毯の上で気持ち良さそうに眠る猫

一人暮らしにおすすめのペットは、TVCMやドラマ、映画でも大人気の猫です。

ペットで最も人気がある犬に比べて、お散歩の必要も無くお手入れが比較的簡単なため、一人暮らしの方に人気があります。

猫には、約100種類ほどの種類の猫がいると言われています。

とくに、被毛のカラーや模様の種類が豊富です。

そんな猫を一人暮らしにおすすめする理由は、

  1. 完全室内飼育で飼える
  2. トイレのしつけが簡単
  3. お手入れが簡単

などがあります。

猫は完全室内飼育で飼うことができるため、自宅を開けることが多い一人暮らしの方にも安心して飼うことができます。

とくに、猫はトイレのしつけが簡単な点が嬉しいポイントです。

猫は一度トイレの場所を覚えれば、滅多なことが無い限りトイレの粗相の心配がありません。

留守番の際には、猫用のシステムトイレを使用すれば、排泄物のニオイや処理も手間いらずです。

さらに、猫はとてもキレイ好きで猫特有のザラザラの舌で毎日グルーミングをします。

そのため、シャンプーの必要が無い猫種もいます。

猫の中でも飼いやすいと人気が高い種類は、

  • アメリカンショートヘア
  • エキゾチックショートヘア
  • スコティッシュフォールド
  • ヒマラヤン
  • ペルシャ

などがあります。

猫の種類によって、性格や特徴なども違うので、あなたと相性の良い猫を選びましょう。

一般的に猫は、マイペースでワガママそうなイメージを持たれがちですが、実際はと言うと、意外と甘えん坊で気さくで穏やかな性質を持った猫も多いんです。

「本当に猫なの?」と思うほどベッタリで甘えん坊なコもいるので、驚く方も多いです。

でも、一度猫の魅力にハマってしまうと、日常生活が一変するくらい猫一色になるという方もいます。

もちろん、猫特有とも言える「素っ気ないそぶりが可愛い♡」「猫パンチに愛を感じる♪」など猫愛に溢れる飼い主さんも多くいらっしゃいます。

そんな猫に興味のある方におすすめのペットと言えるでしょう。

初めてのペットに!飼いやすいペットのおすすめ8選!

②フェレット

正面を向くフェレット

最近一人暮らしの方に人気が高いペットは、フェレットです。

フェレットは猫や犬ほどは知名度は低いぺっとですが、その可愛らしい顔や歩き姿が人気を集めています。

ペット用品を販売するお店では、徐々にフェレット用のグッズの種類が増えてきています。

フェレットを一人暮らしの方におすすめする理由は、

  1. 人懐っこくて穏やかな性格
  2. しつけができる
  3. フェレット特有の行動や姿が愛らしい

などがあります。

また、フェレットは小動物の中でも珍しく、お散歩を一緒に楽しむことができるペットです。

フェレット専用のリードと首輪を用意しておけば、外で一緒にお散歩することができます。

ただ、フェレットの体は細いため、首輪をすり抜けてしまう可能性もあるので、くれぐれも首輪を選ぶ際には、フェレット専用の首輪で身体の大きさに合ったサイズの物を選ぶようにしましょう。

すり抜ける心配があるのなら、首輪よりもフェレット専用のハーネス(胴輪)の方がおすすめです。

フェレットと一緒にお散歩に出かけて、胴長で短い足でよちよちと歩く可愛らしい姿に癒されてくださいね。

③うさぎ

水色の背景で正面を向くうさぎ

小動物の中でも変わらず人気が高いペットはうさぎです。

うさぎと言うと、小学校で飼育した経験がある方も多いのではないでしょうか。

両足を揃えてピョンピョンと飛ぶような歩き方は、とても可愛いものです。

そんなうさぎの種類は、約150種類もの種類があると言われています。

「そんなに種類があるの?」と、種類の多さに驚かれる方もいらっしゃるかと思います。

うさぎの中でも世界最大の体の大きさのフレミッシュジャイアントといううさぎは、なんと20kgもの体重があり、体長が1m以上にもなるのです。

逆に、ウサギの中でも小さい種類はネザーランドドワーフといううさぎで、『ピーターラビット』のモデルになったと言われています。

体重は1kgほどで体長は26㎝ほどの小ささです。

同じうさぎでもこんなにも体の大きさが違う種類もいるのです。

そんなうさぎを一人暮らしのペットにおすすめする理由は、

  1. 鳴き声が小さい
  2. トイレのしつけが簡単
  3. 体臭が気にならない

などの理由があります。

うさぎは「ブーブー」や「クゥクゥ」と音を発することがあります。

うさぎには声帯が無いため、正確には鳴き声ではなく鼻を鳴らして音を発するのです。

発せられる音はとても小さいため、犬のように鳴き声で近所迷惑になるという心配もありません。

また、うさぎはお散歩の必要も無く、室内で運動させるだけで十分な運動量を確保することができます。

一般的に、『うさぎは寂しがり屋なので、寂しいと死んでしまう』とよく言われますが、実際には飼い主さんの留守中にひとりでも自由気ままに過ごしていたりします。

ただ、うさぎは繊細な性質のため、環境の変化などにとても敏感です。

引っ越しなどの環境の変化で体調不良になることもあるので、くれぐれも飼育環境には注意しましょう。

④ハムスターなどのげっ歯類

尻尾が黒いハムスター

ペットとして小さな子供から大人まで老若男女問わず愛されているペットがハムスターなどのげっ歯類です。

げっ歯類を一人暮らしの方におすすめする理由は、

  1. 体の小ささ
  2. 愛らしい姿やしぐさ
  3. 飼育スペースが小さくて済む

などがあります。

手に乗るサイズだったり、ニオイを嗅ぎながらゆっくりと歩みを進める姿は、とても愛らしいものです。

また、ケージで飼うため、一人暮らしの方に多いワンルームのお部屋でも安心して飼うことができます。

さらに、物件によってはペット不可の物件でも飼育が可能な場合もあります。

ただ、その飼いやすさの一方で体の小さなペット特有とも言える寿命の短さは一番気になる所です。

では、げっ歯類の中でも一人暮らしの方におすすめな種類のペットをご紹介したいと思います。

 ハムスター

薄い茶色のハムスター

小さな子供から大人まで幅広い年代に愛され続けているのがハムスターです。

何よりケージの中で飼うことができるため、手軽に飼育できるペットとして人気が高いですね。

とくに、様々な毛並みの種類があったり、ハムスターによって違う性格があることも人気の理由と言えるでしょう。

ペットにするハムスターを選ぶ際は、相性の合う性格のコを選ぶようにしましょう。

また、オスメスでセットで飼育する際は、注意が必要です。

なぜなら、ハムスターは一度の出産で大体数匹~十数匹もの赤ちゃんハムスターを産みます。

知らないうちに、ハムスターが増えていたなんてことも少なくありません。

また、飼育を間違えると共食いをすることもあるので、注意しましょう。

ハムスターの寿命は、大体2~3年ほどになります。

 ハリネズミ

芝生で歩くハリネズミ

小動物カフェなどでも人気が高いペットのハリネズミも一人暮らしの方におすすめのペットです。

ツンツンに張り巡らされたハリはハリネズミの警戒心の強さを物語っています。

大人でもハリに触れれば、痛みを伴うほどです。

一見、ペットとして飼うには向いていないように思う方も多いかと思います。

でも、ハリネズミは時間をかけて慣れさせていけば、素手でも触らせてくれるようになります。

そのため、なるべく子供の頃から飼育することをおすすめします。

手乗りサイズのハリネズミが飼い主の手の上で警戒心を解いた時、この上ない喜びを感じることでしょう。

ハリネズミの寿命は大体2~5年ほどになります。

 ラット

エサを両手で持ち食べるラット

比較的病気にも強く、丈夫な種類のラットは一人暮らしの方におすすめのペットです。

多くの方は、ラットは実験動物としてのイメージを持たれる方も多いかと思います。

でも、ペット用のラットは実験用のラットとは違い、ペットとして愛らしい性質を持っています。

ラットは穏やかで従順な性格でとても賢く、キレイ好きな性質であるため、トイレの場所を覚えれば粗相することもありません。

飼い主の顔も覚えるため、ケージに近づくと喜んで近づいてきます。

ラットの平均寿命は、大体2~3年ほどです。

 デグー

人の手の上でくつろぐデグー

ハムスターやラットなど「ネズミ感が強いペットはちょっと…」と言う方には、げっ歯類の中でもデグーをペットにすることをおすすめします。

デグーがどんなペットなのか分からない方も多いかと思います。

デグーは体長が10~20㎝ほどで、ハムスターやラットに比べて体も大きく寿命も6~8年ほどでげっ歯類の中でも寿命が長いんです。

ネズミのようであって、リスにも似た風貌が愛らしく、海外でもペットとして人気があります。

デグーは知能が高く、飼い主と毎日接することで飼い主の顔を覚えます。

飼い主が呼びかけると、鳴き声を発して会話をしているようなコミュニケーションを取ることができます。

⑤トカゲやヘビなどの爬虫類

葉っぱに身を隠すカメレオン

一人暮らしの方におすすめのペットとして、爬虫類をおすすめします。

ペットと言うと、猫や犬、うさぎ、ハムスターなどを想像する方が多いかと思います。

でも、最近は爬虫類をペットとする人も増えてきました。

例えば、

  • ワニ
  • イグアナ
  • ヘビ
  • カメレオン
  • ヤモリ

などがあります。

今、爬虫類がペットとして人気が高まっている理由には、

  1. 体臭がほとんど無い
  2. 他のペットには無い独特な容姿
  3. 長時間エサを与えなくても大丈夫
  4. ワンルームの広さでも飼育スペースが確保できる
  5. コミュニケーションを取れるようになる

などがあります。

そのため、一人暮らしの方や出張、旅行などで長時間外出することが多い方におすすめのペットです。

では、一人暮らしにおすすめの爬虫類をいくつかご紹介します。

 ヒョウモントカゲモドキ

ヒョウ柄模様のヒョウモントカゲモドキ

爬虫類で人気が高いのがヒョウモントカゲモドキです。

名前に『トカゲモドキ』とあるように、トカゲのように見えて実はヤモリの仲間なんです。

ヒョウモントカゲモドキが人気の理由として、

  1. 1ヶ月エサや水が無くても大丈夫
  2. つぶらな瞳が可愛らしい
  3. ハンドリング(手や腕を歩かせるなどの遊び)ができる

などがあります。

ヒョウのような奇抜な模様が目を惹くヒョウモントカゲモドキは、尻尾に栄養や水分を蓄えることができるため、1ヶ月ほどならエサや水が無くても大丈夫と言われています。

また、ハンドリングと言って手に乗せて頭を撫でたり、人の腕を歩かせるなどの遊びを楽しむこともできます。

ただ、体調が悪くなった時のために、爬虫類の診察をしてくれる獣医さんを探しておくことが大切です。

 フトアゴヒゲトカゲ

ライトに照らされたフトアゴヒゲトカゲ

フトアゴヒゲトカゲはヒゲのようなトゲを持ったトカゲで、ヒョウモントカゲモドキの派手な模様とは違って、全身がクリーム色一色である場合がほとんどです。

フトアゴヒゲトカゲの人気の理由は、

  1. 名前を呼ぶと来る
  2. 簡単な言葉を覚えることができる
  3. 雑食なため野菜や果物を主食にするようになる

フトアゴヒゲトカゲはとても賢いため、飼い主の顔や自分の名前を覚えることができます。

また、簡単な言葉なら覚えることができるため、覚えた言葉に反応を示してくれます。

爬虫類と言うと、ラットや虫などをエサにする爬虫類もいますが、フトアゴヒゲトカゲの場合は子供の頃は虫を主食に野菜を食べます。

成長すると主食が野菜になるため、虫などのエサに抵抗ある方におすすめの爬虫類です。

 グリーンイグアナ

子供のグリーンイグアナ

緑黄色野菜を主食にするグリーンイグアナは、爬虫類ペットの中でも人気が高い爬虫類です。

なぜ、グリーンイグアナが人気なのかと言うと、

  1. 飼い主の言葉に反応してくれる
  2. 飼い主の顔を覚えて懐いてくれる
  3. トイレのしつけができる

などがあります。

グリーンイグアナの性格は基本的に温厚で、小さい頃から懐かせるとお腹を触らせてくれたり抱っこすることもできます。

また、意外なのはグリーンイグアナにトイレのしつけができるという点です。

グリーンイグアナはとても知能が高いため、猫用のトイレなどを利用してトイレのしつけを教えることができます。

グリーンイグアナが猫用トイレで排泄している姿を想像すると、ちょっと可笑しいですね(笑)

でも、成長すると体長が1m以上にもなるため、必然的に自宅では放し飼いを強いられます。

そうなると、トイレのしつけは必須と言えるでしょう。

⑥インコ・文鳥などの鳥類

水色と黄色のセキセイインコ

一人暮らしにおすすめのペットとして、インコや文鳥などの鳥類をおすすめします。

鳥類の中でもコンパニオンバードと言って、とくに人懐っこい鳥のことを言う種類があります。

例えば、

  • 文鳥
  • インコ
  • オウム

などがあります。

人の指や肩に乗ったりして飼い主とコミュニケーションを取ります。

寿命は大体10~20年ほどで、大型のオウムだと30~50年ほど生きる種類もあります。

人懐っこいコンパニオンバードでも、基本的に静かな環境を好むため、とくに一人暮らしの方におすすめのペットと言えます。

では、コンパニオンバードの中でも人気のある種類をいくつかご紹介したいと思います。

 文鳥

ケージの上に立つ文鳥

文鳥は「手乗り文鳥」と呼ばれるように、人に懐っこいコンパニオンバードの一つです。

そのため、文鳥は初心者にもおすすめのペットと言われています。

文鳥の鳴き声は可愛らしく、とくにオスは歌を歌ったりダンスを踊ることもあります。

1羽だけだとひとりで留守番しているのが寂しいだろうと、オスメスでセットで飼う方も少なくありません。

文鳥にはいくつか種類があり、

  • 並文鳥(ノーマル文鳥)
  • 桜文鳥
  • シナモン文鳥
  • 白文鳥
  • シルバー文鳥
  • クリーム文鳥

など様々な毛色の文鳥がいます。

そんな文鳥をおすすめする理由は、

  1. 美しい声
  2. 感情表現が豊か
  3. 賢い頭脳

などがあります。

まるで歌を歌っているような美しい声は、聴いているだけで癒されそうです。

また、意外ですが感情表現も豊かなため、変わる表情を眺めているだけでも楽しめます。

 オカメインコ

止まり木に座るオカメインコ

『オカメ』とちょっと風変わりな名前のオカメインコですが、まるでチークを塗ったようなオレンジ色や赤色の大きな円の模様があることから、その名が付いています。

インコと名前は付いているものの、オカメインコはインコではなくオウムの仲間なんです。

体長の大きなオカメインコですが、半分以上は尻尾の長さが占めています。

頭にはピョント逆立った冠羽がまた愛らしい容姿を演出しています。

一般的なインコよりは少し大きめの体格で体長は35㎝ほどで体重が50~90gほどになります。

オスとメスでは少し特徴に違いがあります。

オカメインコに言葉を覚えさせるなど芸を教えるのであれば、メスよりもオスの方がおすすめです。

なるべく静かなオカメインコを飼いたいなら、おしゃべり好きなオスよりもメスをおすすめします。

そんなオカメインコをおすすめする理由は、

  1. 穏やかな性格
  2. 言葉や歌を覚える
  3. 感情を表現する冠羽

などがあります。

オカメインコはとても穏やかな性格で、他の穏やかな性格のインコと一緒に飼育することが可能です。

ただ、寂しがり屋な一面もあるため、なるべくなら相性の良いインコと2羽飼うのが好ましいと言えます。

 セキセイインコ

人の手に乗るブルーのセキセイインコ

日本でも昔からコンパニオンバードとして親しまれてきたのがセキセイインコです。

セキセイインコはとても人懐っこく、好奇心旺盛なため、人だけでなく他のペットとも仲良く暮らすことができます。

そんなインコの種類には、

  • 並セキセイ
  • 大型セキセイ
  • 高級セキセイ

の3種類があり、どれも大体10~20㎝ほどの体の大きさになります。

驚くのは毛色のバリエーションです。

毛色の組み合わせは実に5,000種類をも超えるバリエーションがあると言われています。

そんなセキセイインコをおすすめする理由は、

  1. 毛色のバリエーションが豊富
  2. 感情を表現する鳴き声
  3. 言葉を覚えてくれる

などがあります。

セキセイインコの魅力は何と言っても飼い主の言う言葉を覚える賢さがある点です。

言葉以外にも日常にある音をも覚えてしまうので、セキセイインコが何の音マネをしているのかを当てるのも楽しみの一つとなりそうです。

⑦熱帯魚や金魚などの魚類

水槽で泳ぐ金魚

とにかく忙しくてペットを構ってあげられないという方の中でも、自宅で帰りを待っていてくれる存在が欲しいという方もいらっしゃるかと思います。

そんな方におすすめのペットは、熱帯魚や金魚などの魚類です。

熱帯魚や金魚であれば、

  • しつけが要らない
  • 鳴き声も無い
  • 飼育スペースも取らない

などのように、忙しい一人暮らしの方におすすめのペットです。

他のペットに比べて表情の変化やコミュニケーションを取る楽しみは無いかもしれません。

でも、優雅に水の中を泳ぐ姿は、観ていてとても癒されます。

ペットとのコミュニケーションなどの楽しみはありませんが、水槽内を水草や流木などでアレンジを楽しむことができます。

美しい模様の魚類やアレンジされた水槽は、部屋のインテリアとしてもおすすめです。

では、一人暮らしにおすすめの魚類をいくつかご紹介したいと思います。

 熱帯魚

カラフルな熱帯魚

一人暮らしにおすすめのペットとして、熱帯魚をおすすめします。

熱帯魚の魅力は何と言っても、

  • 模様の美しさ
  • 水槽内のレイアウトを考える楽しさ
  • ペット不可の物件でも飼うことができる

などがあります。

アクアリウムのブームもあり、今でもアクアリウム展が全国各地で開催されているほどの人気ぶりです。

熱帯魚を楽しむには、1匹だけでは物足りないため、人によっては様々な相性の良い種類の熱帯魚や水生生物を同じ水槽に飼育したりして、生態系を完成させた時の達成感に魅力を感じる方も少なくありません。

中でも、水槽内に様々な水草やコケ、流木、石などを用いてレイアウトする楽しみもあります。

経済的に余裕がある方におすすめなのは、水槽レンタルサービスを利用することです。

水槽レンタルサービス会社では、水槽内のレイアウトの提案や水槽のメンテナンスを定期的に行ってくれます。

1ヶ月にかかる料金の目安として、1万2千円~3万9千円程になります。

 金魚

水槽で泳ぐ大量の金魚

熱帯魚に比べて、安価に手に入れることができる金魚は一人暮らしの方におすすめのペットです。

種類も様々で、柄やヒレの形など豊富な種類があります。

例えば、

  • 和金
  • 琉金
  • コメット
  • 出目金
  • らんちゅう
  • 桜錦
  • 水泡眼
  • 頂天眼

などがあります。

金魚通の人になると、金魚は横から見るのではなく、上から眺めて金魚の模様や姿形を楽しむ人も多いようです。

金魚の場合、飼育する数にもよりますが、少ない数であれば、金魚鉢と水草だけでも飼育することができる手軽さが人気の理由でもあります。

少し前には、『どんぶり金魚』と言って、シンプルなデザインの白いどんぶりにカルキを抜いた水道水を入れて、金魚を飼育するという飼育方法が流行りました。

また、水槽で飼うよりもどんぶりで飼育する方法の方が人に懐くとも言われています。

 メダカ

水槽で泳ぐ観賞魚

手間がかからず、一人暮らしの方におすすめのペットは、メダカです。

メダカは実に100種類以上もの豊富な種類があり、中には希少価値の高い高額なメダカもいます。

一般的に売られているメダカであれば、安価で手に入れることができ、比較的手軽に飼育することが可能です。

そんなメダカを一人暮らしの方におすすめする理由は、

  1. エサやりが楽しい
  2. 比較的簡単に繁殖が可能
  3. 丈夫な体

などがあります。

エサを水槽にパラパラと落とすと、口をパクパクとさせてエサを食べる姿がとても可愛らしく、観ているだけで癒されます。

また、メダカの繁殖は比較的簡単に行えるため、最初は数が少なくても増やすことが可能です。

元気よく泳いでいる姿が何より、飼い主に元気を与えてくれます。

⑧カメ

水槽で泳ぐカメ

なるべく長生きしてくれるペットを探している一人暮らしの方におすすめなのは、カメです。

カメと言えば、長寿と言われる位長生きする動物です。

小型のカメであれば、大体20~30年ほどの寿命があると言われています。

そのため、生涯を共にするバディのような存在に思う飼い主さんも少なくありません。

そんなカメを一人暮らしの方におすすめする理由は、

  1. 寿命が長い
  2. つぶらな瞳とゆっくりな歩みが微笑ましい
  3. 他のペットとも一緒に暮らせる

などがあります。

カメは室内での飼育が可能で、ニオイも無ければ、部屋が汚れることもありません。

毎日の日課として日光浴をしたり、一生懸命歩く姿は見ていてとても微笑ましいものです。

そこで、一人暮らしの方におすすめのカメをいくつかご紹介したいと思います。

 ヘルマンリクガメ

地面を歩くカメ

ヘルマンリクガメにはニシヘルマンとヒガシヘルマンの2種類があり、日本ではヒガシヘルマンが一般的に販売されています。

ヘルマンリクガメは国内で繁殖されていることも多いため、日本の気候や人馴れしています。

そのため、ヘルマンリクガメはカメを初めて飼う人にも飼いやすい品種として知られています。

飼いやすさの理由として、

  1. 生息地が日本の気候に似ている
  2. 野菜や果物などをエサとする草食
  3. 人懐っこく飼い主の後を追いかけてくる

などがあります。

ヘルマンリクガメの主食は野菜や果物なので簡単に手に入れやすい点は、飼い主としては飼育しやすい重要なポイントです。

また、性格が穏やかで人懐っこく、慣れてくると飼い主さんの後を追いかけてくることもあります。

遅い歩みながらも、必死に歩いている姿はとても愛らしいものです。

たちまち、ヘルマンリクガメの魅力にハマることでしょう。

 ゼニガメ

草むらを歩くカメ

一人暮らしの方におすすめのカメは、ゼニガメです。

ゼニガメは、クサガメとも呼ばれています。

ゼニガメの性格は、とても神経質で臆病な所があります。

でも、時間をかけて慣れさせていくことで、水槽に近づくと水中から顔を出したり、エサをおねだりしてきたり、手の上に上ってくるなど愛らしい姿を見せてくれます。

そんなゼニガメを一人暮らしの方におすすめする理由は、

  1. 慣れると穏やかで人懐っこくなる
  2. 水槽で泳ぐ姿が可愛い
  3. 比較的簡単に手に入れることができる

などがあります。

ゼニガメは飼い主に懐けば、エサを手から直接食べるようにもなりますし、簡単なスキンシップを楽しむこともできます。

ただ、過剰なスキンシップはストレスとなる場合もあるので、ほどほどにしておきましょう。

 ミドリガメ

背甲から顔を出すミドリガメ

一人暮らしの方におすすめのカメは、ミドリガメです。

ミドリガメは、ミシシッピアカミミガメの子供のことをミドリガメと呼びます。

そのため、ミドリガメは最低でも20㎝ほどに大きく成長します。

大きいミドリガメだと、30㎝ほどにも大きく成長することが多いです。

ミドリガメは、ミシシッピーアカミミガメ以外にも種類があり、

  • キバラガメ
  • フロリダアカハラガメ
  • コロンビアクジャクガメ

などの種類があります。

ミドリガメと言えば、昔から夜店で販売されていたりと、最もポピュラーな品種のカメです。

また、どこのペットショップでも見かけることができます。

ただ、ミドリガメは日本でも生態系を揺るがす要注意外来生物として2015年に指定されました。

また、環境省は2020年を目途にミドリガメを特定外来生物に指定するとも同時に発表しています。

そのため、今後ミドリガメの飼育には環境省への申請が必要になってきます。

そういった意味では、今後ミドリガメを飼育することは難しくなってくることが分かりますね。

そんなミドリガメですが、ペットとしては飼いやすいカメの一つです。

ミドリガメを一人暮らしの方におすすめする理由は、

  1. 伸び伸びと泳ぐ姿が可愛らしい
  2. 週に1度の背甲のお手入れが楽しい
  3. 人に懐きやすい

などがあります。

ミドリガメの背甲は定期的に洗う必要があるため、飼い主との良いスキンシップの時間となります。

中には、とても気持ちよさそうな表情をするミドリガメもいるため、お手入れが楽しく感じることができます。

これで寂しくない!一人暮らしにおすすめのペットのまとめ

一人暮らしにおすすめのペットを選ぶためには、いかに飼いやすいか、長時間ひとりにしても寂しがらないペットかを見極める必要があります。

もしも、一人暮らしに向いているペット探しに迷った時は、

  • 1Rでも飼育できる大きさのペットを選ぶ
  • お手入れが比較的簡単なペットを選ぶ
  • ペットの寿命の長さや短さに気をつけて選ぶ

などを参考にあなたの一人暮らしをさらに楽しくするペットを探しましょう。

そして、ペットは生き物で飾りでもなく、癒しグッズでもなく、あなたのためだけに生きる”もの”ではありません。

ペットを一度飼うと決めた以上は、必ず終生飼育することに責任を持ちましょう!

あなたが素敵なバディ(相棒)と出会えることを祈っています♪