初めてのペットに!飼いやすいペットのおすすめ8選!

カメラ目線の水色のインコ
記事のポイント
  1. 初心者でも飼いやすいペットが見つかる!
  2. 人に懐きやすいペットが見つかる!
  3. 生活スタイルに合ったペットが見つかる!

初めてペットを飼うと決めた時、ワクワクや嬉しい気持ちがある反面で、

  • ペットが自分や家族に懐いてくれるか?
  • 飼育経験が無くて大丈夫?
  • しつけができるか?

などの不安があるものです。

そこで、初めてのペット選びにおすすめの飼いやすいペットをご紹介します。

①猫

パスケースを首にかける猫

ペットとして人気上昇中の動物は、です。

TVCMやドラマ、映画、ブログ、書籍、カフェなど様々なところで猫が大活躍しています。

ペット人気NO1の犬に迫る勢いです。

そんな猫ですが、初めてペットとして飼うのなら、猫の種類や性質、猫の飼い主となるための心構えを知ることがとても大切になってきます。

猫の種類や性質を知るには、2次元の世界でだけで「このコが可愛いからこのコに決めた!」という選び方では、後々に「こんなはずじゃなかった…」と後悔しかねません。

信頼できるブリーダーの元を訪ねて、猫との相性をチェックした上でペットとして飼うかどうかを決めることをおすすめします。

そして、猫の飼い主に必要な心構えとして知っておくべきことは、

  • 猫中心の生活になること
  • 猫の健康管理やお手入れをすること
  • 猫との上手な距離感を保つこと

などが大切です。

猫を飼うということは、長時間の外出や旅行の計画を立てる前に、まずは猫を第一に考えなければならなくなります。

また、猫が体調を崩したり、病気やケガをすれば動物病院で治療を受ける必要がありますし、爪切りやブラッシングなど定期的なお手入れも必要です。

猫が甘えたい気分の時にスキンシップを取る必要があり、飼い主の気分だけで猫に無理やりスキンシップを取ろうとすると、ストレスを与えてしまったり、信頼関係が崩れることもあります。

猫を飼うということは、それなりの覚悟と責任が必要だということです。

これらを踏まえた上で、初心者におすすめの猫種をいくつかご紹介したいと思います。

これで寂しくない!一人暮らしにおすすめのペット8選!

 アメリカンショートヘア

空を見上げる子猫

初心者におすすめの猫種は、「アメショ」の愛称で親しまれているアメリカンショートヘアです。

アメリカンショートヘアは、日本でもとても知名度が高く、猫種の人気ランキングで必ずと言っていいほど、上位にランクインしています。

アメリカンショートヘアの性格や特徴は、

  • 穏やかで明るい
  • 好奇心旺盛
  • 遊び好き

などがあります。

そんなアメリカンショートヘアをおすすめする理由は、

  1. 愛らしい表情が可愛い
  2. 猫用のおもちゃで一緒に遊べる
  3. 知名度が高いため、情報収集に困らない

などが挙げられます。

ただ、アメリカンショートヘアは運動量もやや多めなので、運動不足になると、肥満になりやすい傾向があります。

肥満にさせないためにも、適正な運動量の確保と食事管理を行う必要があります。

 エキゾチックショートヘア

白いソファに横になる猫

初心者におすすめの猫種は、「ブサ可愛い」の代名詞もあるほどの愛らしさが人気のエキゾチックショートヘアです。

エキゾチックショートヘアは、ペルシャ猫とアメリカンショートヘア、バーミーズを交配させて誕生した猫種です。

犬で言うパグやブルドッグなどのような鼻がペチャっと潰されたような短い鼻が特徴的です。

エキゾチックショートヘアの性格や特徴は、

  • 大人しい
  • 甘えん坊
  • 誰とでも仲良くできるフレンドリーさ

などがあります。

そんなエキゾチックショートヘアをおすすめする理由は、

  1. ブサ可愛いさが逆に愛らしい
  2. 甘えん坊でスキンシップが取りやすい
  3. 短毛なのでお手入れが比較的簡単にできる

などが挙げられます。

ただ、エキゾチックショートヘアの顔の構造上、涙や目ヤニが出やすいため目の病気にかかりやすくなります。

目のケアをしっかり行うことが大切です。

 スコティッシュフォールド

カラフルなカーテンの部屋にいる猫

初心者におすすめの猫種は、「スコ座り」や「おやじ座り」「おっさん座り」などと呼ばれる独特な座り方をするスコティッシュフォールドです。

スコティッシュフォールドは、アメリカンショートヘアと同じく人気の猫種ランキングで常に上位に入っています。

丸顔で前に折れ曲がった小さな耳が人気のポイントの一つです。

スコティッシュフォールドの性格や特徴は、

  • 温和で優しい
  • 甘えん坊
  • ほとんど鳴くことが無い

などがあります。

そんなスコティッシュフォールドをおすすめする理由は、

  1. 「スコ座り」など愛らしい姿が見られる
  2. ほとんど鳴かないため、近所迷惑になることが無い
  3. 甘えん坊でスキンシップが取りやすい

などが挙げられます。

ただ、スコティッシュフォールドは構ってあげなかったり、長時間の留守番をさせるとストレスを溜めてしまいます。

ストレスは体調を崩す原因にもなるので、適度なコミュニケーションを取る必要があります。

②犬

パーティグッズを被った2頭の犬

一般的なペットとして不動のトップを守り続けているのは、です。

欧米では大型犬などを飼う人が多いですが、日本ではマンションやアパートなど限られた生活スペースでも犬を飼えるようにと犬の小型化が進んでいます。

実際に小型犬や超小型犬と呼ばれる体の小さい犬種が人気を集めています。

そんな犬をペットとして飼うのなら、犬の飼い主としての心構えが必要です。

犬の飼い主として知っておくべき心構えとは、

  • 犬に最低限に必要なしつけをすること
  • 犬の健康管理やお手入れを怠らないこと
  • 犬とのコミュニケーションやスキンシップを取って、信頼関係を構築すること

などが必要です。

飼い主がコントロールできない犬は、飼い主だけでなく他人をも傷つけてしまう可能性があります。

そんな事態を起こさないためにも、犬を飼うと決めたら、人間社会で生きていくために必要なしつけを教えることが犬を飼う飼い主の責任です。

また、犬にしつけをするためには、まずは犬との信頼関係を築くことが最優先事項になります。

信頼関係を築けなければ、飼い主がいくらしつけの知識があっても犬は信頼できない人の指示を聞きません。

しっかりと信頼関係を築いていきながら、しつけを行っていく必要があります。

そして、お散歩や外出する際は、犬の飼い主としてのマナーを守るようにしましょう。

では、初心者におすすめの犬種をいくつかご紹介したいと思います。

 シーズー

芝生でお散歩中の犬

初心者におすすめの犬種は、日本でも昔から慣れ親しまれているシーズーです。

シーズーは、毎年の人気犬種ランキングでTOP10に名を連ねる常連の犬種と言っても過言ではありません。

美しいロングコートが特徴的で愛らしい表情もシーズーが長年人気であり続ける秘密と言えます。

シーズーの性格や特徴は、

  • 人懐っこい
  • 穏やかでマイペース
  • 好奇心旺盛

などがあります。

そんなシーズーをおすすめする理由は、

  1. 人懐っこく遊び好きなこと
  2. 賢くしつけがしやすいこと
  3. 無駄吠えや噛み癖が比較的少ないこと

などが挙げられます。

シーズーは人懐っこく遊び好きなため、遊びを取り入れたしつけをすれば、楽しみながらしつけをすることができます。

基本的に穏やかな性格のため、無駄吠えや噛み癖も少ない犬種です。

無駄吠えや噛み癖が少ない分、しつけにかける労力も時間も少なくてすみます。

犬をペットとして飼うのが初めての方には、とくにおすすめの犬種と言えます。

 マルチーズ

飼い主をじっと見つめるマルチーズ

初心者におすすめの犬種は、イギリス王室で寵愛を受け、ビクトリア女王や多くの王室貴族たちの間で圧倒的な人気があったマルチーズです。

マルチーズの被毛は、床にまで付くシルクのような上品なロングコートで、マルチーズが今も尚、人気の理由の一つでもあります。

マルチーズの性格や特徴は、

  • 大人しくて落ち着きがある
  • 愛情深い
  • 飼い主に従順

などがあります。

そんなマルチーズをおすすめする理由は、

  1. 飼い主に従順であること
  2. 遊び好きなので一緒に遊べること
  3. 勇敢で番犬としても優秀であること

などが挙げられます。

マルチーズは飼い主に従順であるため、しつけもしやすい犬種です。

ただ、甘やかし過ぎると飼い主の言うことを聞かなくなる可能性もあるので、注意が必要です。

マルチーズは一見気品があり大人しく、弱々しいイメージを抱きがちですが、意外と活発で甘えん坊なところがあります。

また、自分よりも体の大きな大型犬にも果敢に立ち向かっていく勇敢さを兼ね備えているため、番犬としても優秀な犬種です。

 パグ

口を開ける子犬のパグ

初心者におすすめの犬種は、「ブサ可愛い」の代表格とも言えるパグです。

パグは額に深く刻まれたシワやペチャっと潰されたような低い鼻、そしてクリっとしたつぶらな瞳が特徴的な犬種です。

また、飼い主を喜ばせることが大好きなパグは、飼い主が喜んだり褒められたりすることを率先してやろうとします。

パグの性格や特徴は、

  • 陽気で明るい
  • 愛情深い
  • 独立心旺盛

などがあります。

そんなパグをおすすめする理由は、

  1. ユーモアたっぷりの表情やしぐさが可愛い
  2. しつけがしやすいこと
  3. お手入れが比較的簡単なこと

などが挙げられます。

ただ、パグは頑固でプライドが高いという一面もあるため、しつけをする際は叱るのではなく、褒めてしつけをするようにしましょう。

また、顔の構造上、暑さには弱いため過剰な運動や気温の高い日のお散歩などは避けるようにしましょう。

③金魚・熱帯魚

水槽で泳ぐカクレクマノミ

ペットを飼いたいけれど、お散歩に行ったり遊んだりする時間が取れないという方におすすめのペットは、金魚や熱帯魚です。

金魚や熱帯魚であれば、毎日のようにお散歩の必要も無ければ、適度な運動のために一緒になって遊ぶ必要もありません。

また、水槽のスペースさえ確保出来れば、マンションやアパートでも場所を選ばず飼育することが可能です。

そんな金魚や熱帯魚をおすすめする理由は、

  • 優雅に泳ぐ姿に癒される
  • 部屋がペットに汚されることが無い
  • エサやりと水槽のお手入れだけで飼育が可能

などが挙げられます。

水の中を優雅に泳ぐ姿は見ているだけで癒されます。

何より色とりどりの模様が美しく、知らず知らずに見惚れてしまうものです。

また、アクアリウムと言って水槽内を水草や苔、流木、石などでアレンジを楽しむことができます。

そして、水槽自体がお部屋のインテリアにすることができます。

では、金魚や熱帯魚の中でも初心者におすすめの種類をいくつかご紹介したいと思います。

 和金

水槽で泳ぐ和金

初心者におすすめの金魚は、和金です。

和金と言えば、縁日の金魚すくいなどでよく見かける種類の金魚です。

金魚の中でも原種のフナに最も近い品種として知られていて、活発に泳ぐため鑑賞用としても人気が高いです。

また、数ある金魚の中でもとても丈夫なので多く流通しており、安価で手に入れることができます。

和金の中にも種類があり、

  • フナ尾
  • 三つ尾
  • 四つ尾

があります。

これは、尾びれの形で分けられており、三つ尾や四つ尾が体の模様とのバランスが良いため、和金の中でもとくに人気があると言われています。

和金を飼う際に注意しておきたいことは、

  1. 大きめの水槽を用意すること
  2. 水槽のお手入れを定期的に行うこと
  3. 酸素不足にならないように管理すること

などが挙げられます。

和金は丈夫な金魚ではありますが、水質の悪化や水槽内の酸素が不足すると体調を崩しやすくなるため、注意が必要です。

 グッピー

水槽で泳ぐ尾ひれが青い熱帯魚

熱帯魚の中で初心者におすすめなのは、グッピーです。

グッピーと言えば、熱帯魚の中でも知名度が高く人気のある熱帯魚です。

比較的丈夫なため、

  • 水替えを頻繁にしなくても大丈夫
  • 水温などの環境の変化に強い
  • エサのあげ忘れをしても大丈夫

などちょっとズボラな初心者さんでも安心して飼育することができる熱帯魚です。

ただ、メスよりもオスの方がデリケートで弱いという特徴があります。

尾ひれが長いオスはメスよりも傷つきやすく、傷に雑菌が入ることで病気を発症しやすくなるためです。

最悪の場合、病気で死んでしまうこともあるので、なるべくならオスよりもメスを飼育し始めることをおすすめします。

一方、メスは生命力が強く繁殖力も大変強い熱帯魚です。

そのため、メスとオスを飼育することで、知らぬ間に数が増えていたなんてこともあります。

繁殖をする場合は、それを踏まえた大きさの水槽を選ぶことをおすすめします。

 ミッキーマウスプラティ

カラフルなデザインのアクアリウム

初心者におすすめな熱帯魚は、ミッキーマウスプラティです。

名前を見て気づいた方も多いかと思いますが、名前に『ミッキーマウス』と入っているのには訳があります。

実は、ミッキーマウスプラティの尾部には隠れミッキーのような模様があるため、そのような名前が付けられています。

また、熱帯魚では珍しく、卵ではなく稚魚を産む胎生魚なんです。

そのため、飼い主の知らないうちに稚魚が大量発生していたなんてことも少なくありません。

また、ミッキーマウスプラティはグッピーなど他の熱帯魚と混泳させることができます。

同じ水槽の中で模様や色彩の違う熱帯魚を楽しむことができます。

ちなみに、熱帯魚を飼育する際に必要なものは、

  • 水槽(飼育する熱帯魚の数や種類に合ったサイズ)
  • 水槽を置くための台
  • フィルター
  • サーモスタット機能付きヒーター
  • 水温計
  • エアレーション(水槽内に酸素を送る)
  • カルキ抜きや亜硝酸試薬(水質を保つために必要)
  • 水槽用ライト
  • 水草や底石、流木など好みのもの

などが挙げられます。

ホームセンターやペットショップなどで熱帯魚の飼育セットなども販売されているので、そういったセット品から熱帯魚を飼育し始めてみましょう。

飼育経験が長くなるにつれて、いろいろとアレンジをしたくなった場合は、飼育グッズをグレードアップさせるのもおすすめです。

④インコ・文鳥

カメラ目線の水色のインコ

完全室内飼育できるペットを飼うのなら、インコや文鳥がおすすめです。

インコや文鳥は『コンパニオンバード』と呼ばれていて、とても人懐っこい性質があります。

例えば、

  • 人の指や肩に乗る
  • 飼い主の言った言葉を覚える
  • 歌を歌う

などがあります。

また、『手乗りインコ』や『手乗り文鳥』と呼ばれるように、インコや文鳥は手乗りサイズのため、飼育カゴも場所を取りません。

何よりコンパニオンバードとの暮らしの楽しみは、コミュニケーションを取れることです。

飼い主の指や肩、時には頭の上に乗って、得意な歌声を披露してくれることもあります。

では、中でも初心者におすすめの種類をいくつかご紹介します。

 セキセイインコ

人の手でエサを食べる3羽のセキセイインコ

インコと言えば、セキセイインコが一番知名度があり、人気があります。

毛色のバリエーションが多く、毛色の組み合わせによっては5,000種類以上にもなります。

色鮮やかな毛色はとても美しく、セキセイインコを選ぶ際にはどの毛色にしようか悩んでしまう方も少なくありません。

そんなセキセイインコを初心者におすすめする理由は、

  • 飼い主とコミュニケーションが取れる
  • 鳴き声で感情を表現することができる
  • 言葉を覚える賢さがある

などが挙げられます。

セキセイインコはとても賢く、人の言葉や日常の生活音までも覚えてしまいます。

また、感情を鳴き声で表現するため、コミュニケーションを取りやすい点からセキセイインコはペット初心者にもおすすめなのです。

 文鳥

木の枝に止まる文鳥

文鳥の種類は、毛色や模様によって分けられます。

例えば、

  • 並文鳥(ノーマル文鳥)
  • 桜文鳥
  • シナモン文鳥
  • 白文鳥
  • シルバー文鳥
  • クリーム文鳥

などがあります。

文鳥の性格はオスメスで多少異なり、オスはとても明るく活発な性格で、メスは比較的大人しい性格です。

また、オスメスに共通する文鳥の性格は、愛情深くて寂しがり屋な一面があります。

そのため、文鳥をペットに買う場合は、なるべくオスメスのペアで飼育されることをおすすめします。

文鳥を飼う際の注意点は、

  1. 静かな環境で飼育する
  2. 指先やペン先など尖ったものを文鳥に向けない
  3. 怒ったり叱ったりしない

などが挙げられます。

文鳥はとてもデリケートなため、基本的に静かな環境を好みます。

また、文鳥にとって尖った物を向けられたり、怒ったり叱られることは、攻撃と見なしかねないため、くれぐれも注意するようにしましょう。

⑤うさぎ

人の手のひらの上に乗った小さなうさぎ

小動物のペットの中でも、とくに人気が高い動物がうさぎです。

うさぎが人気の理由は、何と言っても愛らしい容姿と両足を揃えてピョンピョンと跳ねる歩き方ですね。

小学生の頃に学校で飼育経験があるという方も多く、子供から大人まで親しみがある動物です。

うさぎの種類は約150種類あり、ピーターラビットのモデルとなった最小の「ネザーランドドワーフ」から世界最大で体長が1m以上の「フレミッシュジャイアント」など体の大きさも様々です。

そんなうさぎをペット初心者の方におすすめする理由は、

  • 鳴き声が小さいため、近所迷惑にならない
  • 草をエサとするため、体臭が気にならない
  • トイレのしつけが比較的簡単に教えられる

などが挙げられます。

「うさぎも鳴くの?」と驚く方もいるかもしれませんが、実はうさぎも鳴きます。

ただ、正確には鳴き声ではなく鼻を鳴らして音を出しています。

どんな音を出すのかと言うと、「ブーブー」や「クゥクゥ」といった音を出します。

では、中でもおすすめのうさぎをご紹介します。

 ホーランドロップ

芝生の上に座る垂れ耳うさぎ

ペット初心者におすすめのうさぎは、ホーランドロップです。

ホーランドロップはネザーランドドワーフとフレンチロップを掛け合わせて作られた種類のうさぎで、ロップイヤー種の中で最も小さい品種です。

ホーランドロップの性格や特徴は、

  • 穏やかで人に懐きやすい
  • 飼い主に友好的
  • 簡単に抱っこさせてくれる

などがあります。

そんなホーランドロップをおすすめする理由は、

  1. 性格が穏やか
  2. 小さめの大きさ
  3. 攻撃性が低い

などが挙げられます。

一般的なうさぎは少なからず警戒心を持っているうさぎが多いです。

でも、ホーランドロップは人に懐きやすく攻撃性も低いため、初心者にこそおすすめのうさぎなのです。

 ネザーランドドワーフ

絨毯の上に座る小人うさぎ

初心者におすすめのうさぎは、ネザーランドドワーフです。

ネザーランドドワーフは、名前にも「ドワーフ(小人)」とあるように、うさぎの中でも最も体の大きさが小さい品種です。

体長は26㎝ほどで、体重は1kgほどにしか大きくなりません。

被毛のバリエーションが豊富で、30種類以上もあると言われています。

ネザーランドドワーフの性格や特徴は、

  • 元気で活発
  • 人に懐きやすい
  • 好奇心が旺盛

などがあります。

そんなネザーランドドワーフをおすすめする理由は、

  1. 人に懐きやすい
  2. 体臭が少ない
  3. スキンシップを嫌がらない

などが挙げられます。

人に懐きやすい一方で、寂しがり屋な一面もあります。

そのため、飼い主とのスキンシップやコミュニケーションが不足すると、ストレスを溜めてしまいます。

うさぎはストレスが溜まると、食欲不振になったり免疫力が弱くなったり、体温調整がうまくできなくなることもあるので、注意しましょう。

⑥フェレット

布の上で横になったフェレット

ペット初心者におすすめのペットは、今人気上昇中のフェレットです。

フェレットは、胴長短足でその特徴的な動きやしぐさが可愛いと人気が高まっています。

実は、フェレットには10種類ほどの種類があり、

  • マーシャルフェレット
  • パスバレーフェレット
  • アンゴラフェレット
  • カナディアンフェレット
  • ルビーフェレット

などがあります。

中でもマーシャルフェレットがおすすめです。

マーシャルフェレットをおすすめする理由は、

  1. 日本で一番流通している
  2. フェレットの飼育方法などの情報収集がしやすい
  3. 噛み癖が少ない

などが挙げられます。

フェレットは小動物ペットとして、人気上昇中ではありますが、犬や猫ほどペットとして定着はしていません。

そのため、マーシャルフェレットのように、日本でも知名度が高いフェレットを選ぶことが大切です。

マーシャルフェレットを飼っている飼い主さんのコミュニティなどに入って、情報収集するのもおすすめです。

⑦げっ歯類(ねずみ類)

薄いベージュのハムスター

ペット初心者におすすめなのは、ハムスターやハリネズミなどのげっ歯類です。

げっ歯類はげっ歯類の中でもペットとして人気なのは、

  • ハムスター
  • ハリネズミ
  • モルモット

などがあります。

げっ歯類をおすすめする理由は、

  1. 飼育スペースが小さくて済む
  2. キレイ好きで体臭が少ない
  3. ペット不可物件でもOKになる可能性が高い

などが挙げられます。

これらのげっ歯類は、手のひらサイズでケージの中で飼育が可能です。

小さい頃から世話をすることで、人によく懐きます。

また、キレイ好きなため、体臭などほとんどニオイません。

そのため、マンションやアパートなどでも安心して飼育することができます。

⑧爬虫類

前進するグリーンイグアナ

ペット初心者の方の中には、爬虫類をペットに迎えたいという方もいらっしゃるかと思います。

最近は爬虫類をペットとして飼育する人も増えてきています。

爬虫類がなぜ人気なのかと言うと、

  • 体臭がほとんど無い
  • 他のペットに比べて独特なフォルム
  • コミュニケーションが取れる
  • 長時間エサを与えなくても大丈夫
  • 鳴き声をあげて近所迷惑になることが無い

などがあります。

爬虫類のペットの特徴としては、長時間エサを与えなくても大丈夫という点がとても大きいですね。

例えば、一人暮らしの方や頻繁に出張に行く方、旅行好きな方にとっては、安心して飼育することができます。

では、爬虫類の中でもおすすめの動物をご紹介します。

これで寂しくない!一人暮らしにおすすめのペット8選!

 ヒョウモントカゲモドキ

人の手の上に乗ったヒョウモントカゲモドキ

ペット初心者におすすめの爬虫類は、ヒョウモントカゲモドキです。

ヒョウモントカゲモドキは名前を見ての通り、一見トカゲに見える出で立ちですが、実はヤモリの仲間なんです。

爬虫類ペットを飼う人の中でもとくに女性に人気上昇中と言われています。

その代表格として、大ヒットドラマ『逃げ恥』に主演された人気女優も、ヒョウモントカゲモドキの魅力にハマり、ペットとして飼っていることが知られています。

ヒョウモントカゲモドキをおすすめする理由は、

  • 1~2週間ほどエサを与えなくても大丈夫
  • 爬虫類には珍しく、ハンドリング(手の上に乗せて遊ぶ)が楽しめる
  • 噛み癖が少ない

などが挙げられます。

ただ、爬虫類だけに生きたコオロギや冷凍のピンクマウスをエサにするため、「生きた虫や冷凍マウスを触れない!」と言う方にはおすすめできません。

 フトアゴヒゲトカゲ

木の上に乗ったフトアゴヒゲトカゲ

とにかく丈夫で病気になりにくい爬虫類をペットにしたいという方には、フトアゴヒゲトカゲがおすすめです。

フトアゴヒゲトカゲは、環境の変化や病気にも強く、丈夫なトカゲです。

体の大きさは、40~50㎝もしくは60㎝程度に成長します。

フトアゴヒゲトカゲをおすすめする理由は、

  • 性格が穏やか
  • ハンドリングが楽しめる
  • とにかく丈夫

などが挙げられます。

フトアゴヒゲトカゲと信頼関係が築けるようになると、名前を呼ぶと飼い主に寄って来ることもあり、さらに愛着が湧きます。

 コーンスネーク

頭を上に伸ばすヘビ

爬虫類好きの方にとって、ヘビは欠かせないという方もいらっしゃるかと思います。

そんな根っからの爬虫類好きな方におすすめのヘビは、コーンスネークです。

コーンスネークなんて可愛らしい名前ですね。

実は、体の模様がコーンの粒に似ていることから名づけられています。

コーンスネークをおすすめする理由は、

  • 体臭が無臭
  • ハンドリングが楽しめる
  • 噛み癖が少ない

などが挙げられます。

コーンスネークは基本的には大人しい性格で、引っ張ったり粗暴な扱いをしない限りは、噛むことがありません。

また、爬虫類好きには嬉しいハンドリングが楽しめます。

ちなみに、爬虫類をペットにする際の注意点は、

  1. 自宅から逃げないように工夫する
  2. 飼育に必要な設備や知識を学んでおく
  3. 爬虫類を診察してくれる動物病院を事前に探しておく

などです。

どんなに大人しくて穏やかな性格の爬虫類でも、自宅から逃げてしまえば近所の方にとっては迷惑になりますし、何より恐怖感から攻撃をしかねません。

そうなれば、爬虫類も自分の身を守るために、仕方なしに攻撃をすることになります。

誰かにケガでもさせてしまえば、たちまち危害を与える存在となってしまいかねません。

ペットが誰かを危険な目に遭わせないためにも、ペットが危険な目に遭わないためにも、自宅から逃げないような工夫をすることは爬虫類の飼い主の責任として理解しておきましょう。

初めてのペットに!飼いやすいペットのおすすめのまとめ

人気のペットが必ずしも、あなたにとって飼いやすいペットとは限りません。

ペット選びには見た目や人気だけで選ぶのではなく、

  • 人に懐きやすい性格のペットを選ぶ
  • しつけがしやすいもしくはしつけする必要が無いペットを選ぶ
  • 自分の生活のスタイルに合ったペットを選ぶ

などを参考にあなたやあなたの家族に合ったペットを見つけましょう。

ペットは”もの”ではなく、あなたの家族の一員です。

ペットの飼い主となる責任を負うことの重要性を理解した上で、ペットを飼うようにしましょう。

あなたが素敵なペットとの出会いがありますように☆彡