人呼べる?一人暮らしの掃除の場所とコツ5つ!

観葉植物が飾られたキッチンシンク
記事のポイント
  1. 最低限必要な掃除場所が分かる!
  2. 毎日できる簡単な掃除のコツが分かる!
  3. 敷金を減らさないための掃除のコツが分かる!

一人暮らしの方が疎かにしがちなのは掃除です。

掃除ベタな方の共通点は、

  • 掃除する場所が分からない
  • 掃除の仕方が分からない
  • 掃除をしなくても生活が成り立つ

などが挙げられます。

そんな掃除ベタな一人暮らしのあなたにおすすめの掃除場所とコツをご紹介します。

①キッチンは3ヶ所に絞って掃除する

積み重ねられた食器

一人暮らしとなると、掃除をやってくれる人もいないため、全て自分で掃除をしなければなりません。

家政婦さんや家事代行サービスを利用できる位の経済的な余裕がある方は別ですが、大半は自分でやらなければいけない方が多いかと思います。

部屋中常にピカピカでホコリ一つ無い部屋を目指す方にとっては、物足りない内容かもしれません。

でも、掃除が苦手だったり、とても毎日掃除なんてする暇は無いという方には、これからご紹介する内容は参考になるかと思います。

では、さっそく一人暮らしの方におすすめの掃除場所とコツをご紹介していきます。

まず、掃除するべき場所はキッチンです。

とくに、頻繁に自炊している方の場合は、定期的にお掃除する習慣をつける必要があります。

キッチンの中で掃除するべき場所は、

  • シンク
  • ガスコンロもしくはIHコンロ
  • 換気扇

3ヶ所を押さえておく必要があります。

では、一つずつ見ていきましょう。

ちなみに、自炊をするならこちらの記事もおすすめです。

手間いらず!一人暮らしにおすすめの簡単な料理8選!

 シンク

観葉植物が飾られたキッチンシンク

シンクはステンレス製の物が多く、水を流して放置しておくだけでも知らないうちに汚れてしまいます。

入居当初はピカピカだったシンクも、年月が経てばあっという間に白っぽい汚れで覆われ、入居当初のピカピカが消えてしまいます。

実は、この白っぽい汚れは、水垢が原因なのです。

水垢は水を流した後に水滴が残った状態で放置することで、白っぽい汚れが付きます。

と言うのも、水道水にはカルキやカルシウムなどのミネラル成分が含まれており、水分だけが蒸発してしまうとそれらの成分だけがシンクに残るため、白っぽい汚れとして残るのです。

それならば、シンクで水を流したらその都度拭き掃除をすれば良いと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実際、使う度に拭き掃除なんてやってられません。

それならば、科学の力を活用することをおすすめします。

カルキやカルシウムなどのミネラル成分の汚れは酸性に弱いため、酸性の「クエン酸」や「穀物酢もしくはホワイトビネガー」がおすすめです。

では、シンクの水垢を落とす掃除の方法を簡単にご紹介します。

  1. 水で薄めたクエン酸水や酢水を用意する(商品パッケージの規定を目安に作る)
  2. 水垢がある部分にティッシュやキッチンペーパーを敷き、全体的に染み渡る程度吹きかけて30分以上放置する
  3. 布巾で拭き取り、汚れが残る所は古い歯ブラシで磨く
  4. それでも落ちない頑固な汚れの場合は、クレンザーで磨く

シンクの掃除のコツは、

  • クエン酸水や酢水の濃度や水垢部分に漬けて置く時間が重要!
  • 週に1度定期的に掃除すると、汚れも落ちやすくて労力が最小限で抑えられる!
  • クレンザーは最終手段で使用する!

などが挙げられます。

水垢のこびりつき具合がひどい場合は、クエン酸水や酢水の濃度を少し濃い目にしたり、漬ける時間を長くすることで汚れを溶かしやすくします。

シンク汚れにはクレンザーが一般的に使用されますが、クレンザーは言ってみれば研磨剤の一種なので、シンクの表面に傷が付きやすくなります。

表面に傷が付けば、傷になった部分にカビや雑菌が繁殖しやすくなり、食材や食器など人の口に入る物を扱う場所として、衛生面で不安があります。

そのため、クレンザーはどんな方法でも落ちない頑固な水垢汚れを落とす最終手段だと心得ておきましょう。

 ガスコンロと換気扇

光に照らされたガスコンロ

自炊をする方にとってキッチンのお掃除で一番面倒なのは、油汚れがこびりつきやすいガスコンロと換気扇です。

IHコンロは、ガスコンロに比べて汚れがこびりつきにくく表面もフラットなため、拭き掃除で汚れを簡単に落とすことができます。

問題なのはガスコンロや換気扇です。

とくに、ガスコンロには火の吹出し口の周りを覆う五徳という部品があり、鍋の吹きこぼしや油はねしたものが汚れとしてこびりつきやすいのです。

一番簡単な掃除方法は使う度に布巾やスポンジを使って、その日のうちに汚れを落とすことです。

でも、仕事が忙しかったり、「今日は疲れたから、何もする気がおきない…」なんて日もあるかと思います。

そんな日が続くと、掃除も「明日やろう…。来週やろう…。年末でいっかー」と先延ばしにしてしまいます。

油汚れは放置する時間が長ければ長い程、汚れは落ちにくくなりますから、なるべくなら毎日でなくても週に1度、それが無理なら月に1度掃除することで労力をあまり使わずに掃除をすることができます。

お掃除方法は、こちらの記事を参考にしてみてください。

必ずしておきたい!引っ越し掃除の場所とコツ5つ!

ちなみに、ガスコンロやIHコンロを新しく購入することを検討している方には、こちらの記事も参考になります。

一覧!一人暮らしに必要な物・買う物8選!

②トイレ掃除

赤の内装のトイレ

一人暮らしの方が掃除しておくべき場所は、トイレです。

トイレは毎日使いますし掃除を怠ってしまうと、すぐにサボったリングが便器に出現します。

とくにトイレは水垢だけでなく、黄ばみやニオイも気になります。

仮に友人や恋人を呼んだ時にトイレが汚いと、部屋全体に汚いイメージを持たれやすいので注意が必要です。

あなたも外出した際に、お店やコンビニなどのトイレを利用することがあると思います。

店舗によっては、掃除が行き届いている所とそうでない所があります。

あなただったら、どちらを利用したいかと思いますか?

おそらく、ほとんどの方は前者を選ぶでしょう。

また、あなたも一度はこんな話を聞いたことがあるのではないでしょうか?

松下電器創業者の松下幸之助氏、ホンダ創業者の本田宗一郎氏など大企業へと変貌を遂げた理由の一つに、「トイレ掃除」の重要性を自ら率先して掃除をすることで、従業員の仕事への姿勢を正したと言われています。

トイレ掃除で飛躍し過ぎかもしれませんが、トイレ掃除は人としての心の持ち方でさえも、大きく左右させるということです。

生活スペースの中でも一番汚い場所のトイレがキレイなだけで、キレイ好きだと印象づけることができるのです。

そして、トイレ掃除は人の生活、心の持ち方にとって重要なものでもあるのです。

では、さっそくトイレの掃除のコツを見ていきましょう。

ちなみに、真面目に誠実に仕事をコツコツやっていきたい方は、絶対にこちらの記事は見ないでくださいね♪

これを使え!会社や仕事をずる休みする時の理由・言い訳6選!

 便器は汚れに合った掃除をする

ユニットバス

トイレ掃除で一番肝心な場所は、やはり便器です。

毎日使用するだけにトイレ掃除をサボると、あっという間に汚れが目立ちます。

ところで、便器の汚れには2種類あることは知っていますか?

その便器の汚れとは、

  • 黄ばみ
  • 黒ずみ

の2種類になります。

実は、この2種類の汚れをキレイに落とすためには、汚れに合った掃除方法で掃除することが大切なのです。

黄ばみや黒ずみは、トイレ使用時に跳ねた尿が結晶化したアルカリ性の汚れです。

そのため、アルカリ性の汚れをキレイに落とすためには、酸性の洗剤で中和させて汚れを落とす必要があるのです。

トイレ掃除の方法には主に2つあり、

  • 酸性のトイレ用洗剤で汚れを落とす
  • 重曹+クエン酸を混ぜ合わせた時に発生する発砲力で汚れを落とす

のような方法があります。

では、今回は重曹+クエン酸を使った掃除方法をご紹介します。

  1. 重曹を便器の内側に振りかける
    ※重曹は90~180g程度計っておく
  2. 200mlの湯とクエン酸5g程を混ぜ合わせる
  3. 2のクエン酸液をトイレの便器の水が溜まっている部分に流し入れる
  4. トイレ用ブラシや古い歯ブラシで便器内をこすって汚れを落とす
  5. 水で洗い流し、便器の淵など雑巾で水拭きして汚れをしっかり拭き取る

重曹+クエン酸で便器の掃除をする場合のコツは、

  • トイレの窓を開けて換気してから掃除する
  • 塩素系の洗剤は他の洗剤などと混ぜて使用しない

などが挙げられます。

重曹+クエン酸を同時に使用すると二酸化炭素が発生するため、トイレの窓を必ず開けて換気しながら掃除をする必要があります。

また、塩素系の洗剤は有毒ガスを発生させるので、混ぜたり同時に使わないように注意しましょう。

 床・壁

布巾と青い壁

トイレ掃除となると、便器だけが掃除場所だと思いがちですが、とくに男性の場合はトイレの床や壁もしっかり掃除することをおすすめします。

男性がトイレを利用する場合、立ってすると本人は気づかなくても、案外、床や壁に飛び散っていることが多いのです。

そのため、トイレがいつもオシッコ臭かったり、壁紙に黄ばみが目立つようになるのです。

トイレをキレイに保つためには、床や壁もしっかりと拭き掃除をすることをおすすめします。

最近は、トイレ用の拭き取りシートがドラッグストアやホームセンターなどで販売されているので、そういったお掃除グッズを利用すると簡単に拭き掃除ができます。

中には、使用後にトイレに流せるタイプのものもあるので、そういったものを活用するのもおすすめです。

③浴室はカビ対策が大事

水が出ているシャワー

水回りの掃除場所として欠かせないのは、浴室です。

とくに入浴後の湿気を換気せずに放置しておくと、あっという間にカビが生えてしまいます。

カビの根は意外と深くまで浴室の壁や床などにできるため、

  • 浴室の換気を良くして、湿気を外に出す
  • カビ対策をしておく
  • 定期的に掃除をする

などが浴室をキレイに保つ掃除のコツです。

湿気がいつまでも残った状態の浴室は、カビが発生するために最適な環境を整えることになります。

欲を言えば、毎回使用後に拭き掃除をする方が良いのですが、これは現実的な掃除方法とは言えません。

いかに簡単に定期的に行えるのかが、掃除を継続していく重要なポイントです。

そのため、カビを発見したら、すぐにカビ取り剤を使用してカビを退治しましょう。

では、具体的な浴室の掃除場所とコツをご紹介します。

ちなみに、おひとり様を存分に楽しむなら、こちらの記事がさんこうになります。

大満足!誕生日に一人でのおすすめの過ごし方~女性編~10選!

何する?一人での休日におすすめの過ごし方~女性編~8選!

 床・壁

青いタイルの浴室の壁

浴室はシャワーやお風呂の使用後は水滴が床や壁についているため、放置しておくとカビが生えやすくなります。

とくに、シャンプーやボディソープなどの泡が壁に跳ねたままだったりすると、カビや雑菌が増殖する原因となってしまいます。

そのため、なるべくならお風呂に入る時に一緒に床や壁を洗ってしまうことをおすすめします。

お風呂掃除をすると、一々濡れても大丈夫な格好に着替えたり、洗剤や水がかかってまた着替えて洗濯物が増えたりしてしまいます。

それならば、シャワーを浴びる前提でお掃除する方が効率的です。

洗剤や水がついても、すぐにシャワーで洗い流すことができます。

なるべくなら毎日掃除するのが理想的ですが、毎日はとてもできないという場合は、週に1度でも良いので、「今日は、お風呂掃除の日だ!」と曜日や日にちを決めておくと良いでしょう。

では、お風呂の床や壁の掃除のコツをいくつかご紹介します。

  • 床や壁は体を洗う前にお風呂用洗剤とスポンジでこする
  • 浴室の扉や天井も忘れずに洗う
  • 掃除後はスクイージーで天井や壁、床の順番に残った水滴を落とす

などを参考に効率良いお風呂掃除を心がけるようにしましょう。

スクイージーをかけると、乾燥するまでの時間を短縮させることができるため、カビ予防になります。

 浴槽

空の浴槽

浴槽の掃除は、お風呂用洗剤とスポンジでこするだけです。

浴槽の場合は、お風呂を使用する前よりも使用後に洗う方が汚れが簡単に落ちやすいです。

浴槽に浸かると、体から皮脂などが浴槽のお湯に流れ出ますので、蒸気で暖められている状態で洗った方が油汚れは落としやすいのです。

そのため、お風呂を使用したら、お湯を排水して浴槽が温かいうちにスポンジでこすっておきましょう。

また、お掃除と言うと目に見える汚れだけを掃除してしまいがちですが、見えない所こそ掃除するべきなのです。

例えば、

  • 浴槽の排水栓
  • 浴室、浴槽の排水管
  • 浴室の排水口

などが挙げられます。

とくに、排水栓や排水管が汚れていると、雑菌だらけのお風呂に入ることになります。

そうならないためにも、週に1度もしくは月に1度はこれらの掃除を行うようにしましょう。

市販で発砲作用で汚れを落とすタイプのものが販売されているので、ぜひ、活用してみてください。

見る見るうちに、掃除用に溜めたお湯が茶色に変わっていきますよ。

それを見るだけでゾッとします(笑)

また、排水管には洗い流された泡や皮脂、髪の毛などが流れていきます。

定期的に排水管を掃除しないと目詰まりを起こして、うまく排水ができなくなります。

排水管が目詰まりを起こさないよう、髪の毛やヘドロなどを溶かす排水管用洗剤も販売されているので、こういったものを使用するようにしましょう。

キレイなお風呂で明るいうちから、バスタイムを楽しむのもたまには良いですよ!

こちらの記事が参考になります。

週末にない魅力!平日休みだからこそおすすめの過ごし方8選!

 洗面台

水色の窓枠と洗面台

洗面台も掃除が必要な水回りの一つです。

掃除を怠ると鏡が跳ねた水垢で淀んだり、シンクが水垢でザラザラしてしまいます。

とくに洗面台の鏡は朝起きた時や寝る前など自分の顔を映し出す大事な場所でもあります。

どうせなら、汚れた鏡よりもピカピカの鏡の方が、朝起きて鏡を見た時に明るい気持ちで「今日も一日頑張るぞ!」とテンションも上がります。

とは言え、洗面台の鏡を毎回スポンジでこするのは大変です。

洗面台にはスキンケア用品や様々な小物が乗っている場合がほとんどですから、毎回物を下ろしたり乗せたりするのも面倒です。

そんな時におすすめの掃除方法は、次の2ステップです。

  1. クシャクシャにした新聞紙を水で少し湿らせて、鏡を拭く
  2. 乾いた新聞紙を丸めて乾拭きする

この2ステップだけで、あっという間に鏡は輝きを戻します。

掃除のコツは、新聞紙を使うことです。

なぜかと言うと、新聞紙に印刷されたインクの油分が鏡の表面にある汚れをキレイに落としてくれるためです。

新聞紙は他にも窓ガラスを磨く時にもおすすめです。

そして、洗面台のシンクは、中性洗剤をつけたスポンジでこするだけで簡単に水垢が落ちます。

普段は洗面台に掃除用のスポンジを置いておき、シンクがくすんできたらスポンジでこするようにすると、いつもキレイなシンクを保つことができます。

④寝室兼リビングルームは髪の毛とホコリを取る

ネイルアートをした女性の指

一人暮らしの方が一番長く居る時間が長い寝室兼リビングルームの掃除は、とにかくホコリや髪の毛を取ることに尽きます。

では、ここで一つ質問です。

人間の髪の毛は1日にどのくらい抜け落ちていると思いますか?

実は、1日に抜け落ちる髪の毛の本数は、大体50~100本程と言われています。

多い人だと、200本程抜ける場合もあるそうです。

本数だけ見ると、「意外と少ないんだ」と思う方もいるかもしれません。

でも、仮にあなたが休日で、1日中自宅でまったり過ごしているとします。

髪の毛の抜ける本数が仮に1日に100本だとすれば、あなたが歩き回った室内に100本もの髪の毛が落ちていることになります。

土日の2日間掃除をせずに自宅でゴロゴロ過ごしているとしたら、室内には200本もの髪の毛が落ちているのです。

室内に髪の毛が100本、200本あったら、掃除するのも大変ですよね!

そう、たかが髪の毛、されど髪の毛です(笑)

ただ、毎日掃除機をかけるのも大変です。

そんな時、おすすめなのが、

  • コロコロ粘着シート
  • フローリング用ワイパー(クイックルワイパーなど)
  • 自動掃除機(ルンバなど)

などを活用することで、簡単にお掃除することができます。

便利なお掃除グッズを上手に活用して、効率よく簡単にお掃除しましょう。

では、他にも掃除しておくと良い場所をご紹介します。

ちなみに、自動掃除機の詳しいことは、こちらの記事にまとめています。

 エアコン

電卓と千円札

エアコン掃除って面倒だと思うかもしれませんが、しっかりとエアコン掃除をすることで電気代の節約にも繋がります。

と言うのも、エアコンのフィルターには空気中のホコリも一緒に吸い込みますから、あっという間にフィルターはホコリまみれになってしまいます。

ホコリで目詰まりしたフィルターを使ったままだと、エアコンに負荷をかけることになるので、本来のエアコンの効きよりも格段に落ちてしまいます。

だからこそ、エアコンの取扱説明書にあるフィルター掃除の目安をしっかり読み、定期的に掃除をするようにしましょう。

フィルター掃除のコツは、しっかりと水洗いして日陰で乾燥させることです。

もしも、忙しくて水洗いが大変な場合は、掃除機のブラシ付きノズルでフィルターのホコリを吸い取るようにしましょう。

もしも、節約のためにエアコンを使わないと決めたのなら、こちらの記事がおすすめです。

夏と戦え!エアコンを使わずに涼しく過ごす方法8選!

 照明器具

灯りが灯る電球

最近の照明器具は明るさをリモコンで調節して、省エネに繋げることもできます。

でも、照明器具にホコリや汚れが付いたままだと、本来の明るさよりも暗くなってしまいます。

照明器具の本来の明るさを保ち続けるためにも、定期的に掃除するようにしましょう。

例えば、

  1. ハンドモップやハタキでホコリを落とす
  2. 固く絞った雑巾で水拭きする
  3. 住まい用洗剤を雑巾につけて拭き、乾拭きをする

などの方法があります。

ハンドモップやハタキでホコリを落とすだけでも良いので、照明器具の掃除の習慣をつけるようにしましょう。

ちなみに、部屋のホコリを落とす場合の掃除のコツとして、

  • 高い所から低い所の順番でホコリを落とす
  • 床に落ちたホコリを掃除機で吸う場合は窓は開けない
  • 掃除機をかけ終えた後に窓を開けて換気をする

などが挙げられます。

「掃除機を使う時は、窓を開けるのが正しいでしょ!」と思われた方も多いかもしれません。

でも、窓を開けながら掃除機をかけると、窓を開けたことで風の流れができて、床に落ちていたホコリも空気中に舞ってしまいます。

掃除機は床に落ちたホコリやゴミしか吸えないので、掃除機を使用する際は窓は開けない方が効率よくホコリやゴミを取り除くことができるのです。

ホコリを吸い込むのが嫌な場合は、マスクをして掃除機をかけると良いでしょう。

また、ホコリを落とす順番は、高い所から低い所が掃除の鉄則です!

 ラグ・カーペット

カーペットの上に置かれた掃除機

ラグやカーペットを掃除する際は、面倒でも掃除機をかけた方が効率が良いです。

急な訪問客が来る場合、掃除機をかける暇が無い時はコロコロ粘着シートで髪の毛やゴミを取る方が早いです。

普段、時間がある時は掃除機で縦横だけでなく斜めにも掃除機が吸う向きを変えながらかけることで、ラグやカーペットの奥にあるホコリやゴミも吸い取ることができます。

天気が良い日はベランダなどで天日干しをすれば、殺菌することができます。

 畳

小さなテーブルがある和室

床がフローリングでなく畳である場合は、畳の目に沿って掃除機をかけましょう。

最近は、畳用の拭き取りシートも販売されているので、そういった掃除グッズを使用するのもおすすめです。

なるべくお金をかけないように掃除をするのなら、薄めた住まい用洗剤液を浸した雑巾を固く絞り、畳を拭くことをおすすめします。

畳の掃除は、大体月に1度程度の頻度で良いです。

最後に乾拭きをして、洗剤が畳に残らないように仕上げをしてください。

 カーテン

風で揺れる白いカーテン

カーテンを洗うので一番面倒な作業は、カーテンのフックを外したり、洗い終わったカーテンに再びフックをつける作業です。

窓の数が多ければ多い程、カーテンの数も多いですから、尚更やる気にはなれません。

そんな作業が面倒なあなたでも、効率よく簡単にカーテンを洗うことができるコツがあります。

そのコツとは、フックをカーテンに付けたまま洗うことです。

でも、大事なのはココからで、ただフックを付けたカーテンをそのまま洗濯機にいれてしまうと、フックが折れたりカーテンから外れてしまいます。

それでは元も子もありませんよね。

次の方法さえ覚えてしまえば、いつでも簡単にカーテンをフック付きのまま洗うことができます。

その方法は、次の通りです。

  1. フックを付けたままカーテンを外す
  2. フックが付いた部分を内側に折り込む
  3. 2の折り込み部分を上にしたまま、縦にクルクルと丸める
  4. 2の上部をゴムや紐で縛る
  5. 洗濯機に入れて通常通り洗う
  6. 洗ったカーテンをカーテンレールに戻し自然乾燥させる

このようにフックがカーテンから外れないように、フックがカーテンを傷つけてしまわないように、フック自体が壊れてしまわないようにして洗濯することができます。

洗濯後はカーテンをカーテンレールに戻してシワを伸ばせば、自然乾燥で乾くのでとっても簡単です。

意外とカーテンは汚れてなさそうに見えて結構汚れているので、ぜひ、試しに洗ってみてくださいね♪

ちなみに、カーテンを洗っている時にしか掃除できない窓ガラスを洗面台の掃除の際にご紹介した新聞紙を使った掃除方法でピカピカに磨きましょう。

⑤玄関・ベランダ掃除は定期的に掃き掃除をする

ドアにしがみつく女性

掃除と言うと、室内ばかりに目が行ってしまいがちです。

でも、玄関やベランダも意外と人目に触れる場所なので、定期的に掃き掃除をすることをおすすめします。

外掃き用のホウキとチリトリさえあれば、いつでも簡単に掃き掃除ができます。

どんなにキレイに片付いた部屋でも、玄関は訪れる人が一番最初に見る場所です。

玄関がキレイかどうかで、その人が普段から掃除をしている人なのかそうでないのかを判断されることになります。

逆に言えば、部屋に上がらない訪問客にキレイ好きな印象をつけるためには、玄関をキレイにしておけば良いということです。

また、ベランダも玄関と同様に訪問客の目に触れやすい場所です。

とくに春や秋など温かい気候の時期は、窓を開けて換気をすることが多く、ベランダが汚れていれば目立ってしまいます。

風が強い日や台風の後などは、どこかからゴミや枯れ葉などが飛んでくる場合もあるので、定期的に汚れていないかをチェックしましょう。

人呼べる?一人暮らしの掃除の場所とコツのまとめ

突然、一人暮らし先に友人や恋人など誰かが訪れてきても慌てないために、日頃からコツコツ掃除をする習慣を作ることが大切です。

あなたが掃除嫌いの場合は、

  • その日の掃除場所を決めて、集中的に掃除する
  • 汚れ別に使用する洗剤や掃除用具を変える
  • 汚れたら後回しせずにその日のうちに汚れを落とす

などを参考に誰が見ても目立つような大きな汚れを作らないようにしましょう。

部屋がキレイになれば、いつでも誰でも呼ぶことができますし、キレイな部屋に居るだけで気分も上がり、毎日が充実した日々になるはずです。

ぜひ、掃除のコツを活用して、キレイなお部屋にしましょう!