絶対に考えておきたい!バイトの面接で聞かれる質問14選!

笑顔でガッツポーズをする女性
記事のポイント
  1. 必ず聞かれる質問が分かる!
  2. 採用されるための答え方が分かる!
  3. こんな答え方をすると不採用になる答え方が分かる!

バイトの面接に受かるためには、募集側の目線に立って質問に答える必要があります。

そのためには、

  • 募集するバイトの理想像
  • 面接でよく聞かれる質問
  • 他人に差をつける答え方

を知る必要があります。

そこで、バイトの面接で聞かれる質問や答え方をご紹介します。

①応募した理由(志望動機)は何ですか?

笑顔でガッツポーズをする女性

バイトの面接で必ず聞かれる質問の一つに、「応募した理由は何ですか?」もしくは「このアルバイトに応募した志望動機は何ですか?」と質問されます。

この質問をする募集側の意図は、

  • あなたがどれだけこの仕事に興味があるのか?
  • バイトへの熱意や意気込みがどのくらいあるのか?
  • 時給だけで選んでいないか?

などが挙げられます。

応募した理由が曖昧だと、バイトで雇っても「すぐに辞めてしまうのではないか?」と面接官は印象を持ってしまいます。

仮に、あなたが面接官だったとしたら、募集条件だけで応募してきた人と仕事への熱意が感じられる人がいたら、どちらを選ぶでしょうか?

ほとんどの方は、後者だと答えるはずです。

では、実際にこう聞かれた時にどのような答え方をした場合にOKで、どのような答え方がNGなのでしょうか?

もしも、あなたが一人暮らしを始める予定があるなら、こちらの記事もおすすめです。

一覧!一人暮らしに必要な物・買う物8選!

手間いらず!一人暮らしにおすすめの簡単な料理8選!

 OKな答えとは?

指でOKする黒子

バイトの面接で応募した理由や志望動機を聞かれた場合は、このバイトへの熱意や選んだ理由を具体的に答えることをおすすめします。

例えば、

  • 「お客として利用させていただいた時に、明るく親切な対応をしていただいたことに嬉しく感じました。私もスタッフとして、お客様に喜んでいただける接客を学して同じ気持ちを味わって欲しいと思い応募しました」
  • 「体力とチームワークには自信があり、御社の引っ越しの仕事に活かすことができると思い応募しました」
  • 「将来、自分のパン屋を持つことが夢で、いつも美味しいパンを作っておられる御社で経験を積みたいと思い応募しました」

など応募した会社に興味を持ったことや自分のスキルを活かせること、経験を積みたいことなどバイトへの熱意や意欲が伝わる具体的な理由を答えるようにしましょう。

とは言え、全ての人がバイト先の店舗にお客として利用しているとは限りません。

そんな時は、面接前に一度お客として利用し、スタッフの接客や店舗内の雰囲気、印象などをチェックすることをおすすめします。

 NGな答えとは?

両手でバツを作るスーツの女性

一方、面接官に悪い印象を与えたり、不採用になりやすいNGな答えとはどんなものがあるのでしょうか?

実は、NGな答えを知っておくと、どんな答えに気をつけて答えれば良いのかが分かるようになります。

では、NGな答え方をいくつかご紹介したいと思います。

例えば、

  • 募集内容が良かったから(家から近い、時給が良いなど)
  • 金欠ですぐにお金が欲しいから
  • 楽そうだと思ったから
  • 賞味期限切れの商品をタダでもらえるから
  • 友達が働いているから

などが挙げられます。

これらの答えを見て、気づくことはありませんか?

実は、NGな答え方に共通することは、応募したバイトへの熱意や意気込みが無いことはもちろんのこと、「ここで私はこんなことをしたい!」という積極性が感じられないということです。

バイト先でどんな仕事をするのかよりも、募集内容の条件やお金が欲しいなど仕事とは全く関わりが無い個人的な理由の場合、不採用になる可能性が高くなります。

また、面接官に良い印象を与えようと、一度も利用したことが無いのに「お客として利用した」と嘘をつくのは止めましょう。

面接官が何十人、何百人、何千人と多くの応募者の合否を見極めてきた経験者の場合、嘘がすぐにバレてしまう可能性もあります。

質問に答える時は、嘘が無い誠実な答えをするようにしましょう。

充実した学生生活を送りたいのなら、こちらの記事もおすすめです。

今だからこそぜひ!大学生の夏休みにおすすめの過ごし方7選!

②前のバイトを辞めた理由を教えてください

白紙の履歴書

履歴書に経験したバイトを記載している場合、面接官から「前のバイトを辞めた理由を教えてください」と質問されます。

一見、少し意地悪そうな質問に捉えがちですが、この質問には応募者の働く姿勢を知るための質問でもあります。

この質問を聞く募集側の意図は、

  • 前のバイト先で問題を起こしてクビになったのではないか?
  • 働く態度に問題は無かっただろうか?
  • ウチの会社でもすぐに辞めてしまうだろうか?

などが挙げられます。

履歴書に記載したバイト先がいくつもあるのなら、それぞれのバイトを辞めた理由をしっかり答えられるようにしておく必要があります。

では、OKな答え方と不採用間違い無いNGな答え方はどういったものなのか、見ていきましょう。

もしも、あなたが人間関係で辛い思いや前向きな気分になれない時は、こちらの記事が参考になりますよ。

ぜひ試して欲しい!うつ病で休職中におすすめの過ごし方13選!

 OKな答えとは?

電話しながら笑う男性

面接官ならバイトの募集であっても、なるべく優秀で誠実な人を雇いたいと思っています。

そのため、あなたが履歴書に過去に経験したバイトを記載している場合、面接官に必ず聞かれると思っておきましょう。

バイトの期間が長いもの、短いものに限らず、具体的な理由を事前に考えておくことをおすすめします。

例えば、

  • 部活やサークルが忙しくなり、シフトが合わなくなった
  • レジ打ちをするうちに、よりお客様に接する機会がある接客の仕事に興味を持った
  • 元々、短期の仕事だった
  • 家庭の事情

などが挙げられます。

なるべく、その理由ならバイトを辞めても仕方ないと思ってもらえるような理由を答えるようにしましょう。

自分としてはバイトは「続けたかった」「好きだった」というような一言をさりげなく入れることをおすすめします。

また、辞めた理由によっては、理由にプラスして「部活やサークルの活動期間が終わった」「受験シーズンが終わった」「家庭の事情で辞めたが、落ち着いた」など今はバイトに集中できることを伝える一言もあると良いでしょう。

 NGな答えとは?

ムスッとした表情の女性

一方、不採用になる可能性が高いNGな答えは、マイナスな印象を与えるような答え方です。

例えば、

  • 前のバイト先の悪口を言う
  • 遅刻や働く態度を注意されたから
  • 体調を崩した
  • 体力的に大変になった
  • クビになった
  • 人間関係が上手くいかなかった

などあなた自身に問題がありそうだと思われそうな答え方は、避けることをおすすめします。

また、あなたに非が無かったとしても、前のバイト先の悪口を言うことは面接官にマイナスな印象を与えるので、言わないようにしましょう。

それならば、数日や数週間など1ヶ月以内で辞めてしまったバイト、辞めた理由に良い答えが浮かばない場合などは、最初から履歴書に書かないという手もあります。

バイトの場合は、社会人の就職とは違って職歴欄の記載が必須ではありません。

職歴欄にバイト経験を書く場合は、応募するバイトにプラスになるような経験があるバイトを書くようにしましょう。

③あなたの長所と短所を教えてください

親指を立て笑う男性

バイトの面接であっても、「あなたの長所と短所を教えてください」と就職の面接のような質問をされます。

とくに、日本人は自分の強みや得意なことなどをアピールする自己PRが苦手な人が多いと言われています。

そのため、面接官は様々な角度から質問の内容を変えて、

  • あなたがどんな人柄なのか?
  • 仕事はしっかりできる人だろうか?
  • 仕事をこなすことのできるタイプだろうか?
  • 嫌になってすぐに辞めないだろうか?
  • 常に前向きな姿勢で仕事に取り組んでくれるだろうか?

などを観察しているのです。

そのため、応募者のあなたは、自分の強みや得意なことなどを面接官にアピールする必要があるのです。

自信過剰では考えものですが、謙遜し過ぎたり自信の無さを印象付けてしまっては自己アピールにはなりません。

では、長所と短所に分けて、どんな答え方をすればいいのか見ていきましょう。

 長所の答え方

ネバーギブアップと書かれた黒板を指さす女性

あなたの長所を聞かれた場合、なるべくなら応募したバイトで活かせるような長所を言うようにしましょう。

バイトの面接でおすすめの長所には、

  • 団体競技の経験がある
    →協調性がある、コミュニケーション力、同じ目標に向かって仲間と頑張ること
  • 明るい性格
    →いつも笑顔を絶やさない、明るく振舞える、行動力がある
  • リーダーの経験がある
    →協調性を大切にする、責任感が強い、率先して仕事に取り組める
  • 1つのことに集中する
    →集中力が高い、同じ作業をコツコツやれる
  • 体育会系の部活やサークルの経験がある
    →忍耐力がある、メンタルが強い、大きな声で挨拶をする

などあなたがこれまでに経験してきた中で培ってきたスキルや気をつけてきたことなどを長所として答えましょう。

ただ、どんなに優れた長所であっても、応募したバイトの仕事に活かせないような答えだと、とんちんかんな回答になってしまうので気をつけましょう。

 短所の答え方

携帯を抱え悩む女性

長所よりは短所の方がたくさん思い浮かぶという方もいるかもしれません。

ただ、「短所を教えてください」と質問されたからと言って、正直に何でも短所を言えば良い訳ではありません。

また、短所はマイナスな印象を与えがちだからと言って、「短所はありません」なんて回答を拒否するような回答だけは止めましょう。

面接官が短所を聞く理由は、ただ一つだけです。

どんな短所があって、その短所と向き合った上でどのように短所を補おうとしているのかです。

そのため、ただ短所を答えるだけだったり、短所の答えによっては、採用を見送られてしまいます。

また、面接官が突っ込み満載な回答にならないようにするためにも、なるべくなら長所を裏返した内容の短所にして、長所と短所の1セットで回答することが望ましいです。

例えば、

  • 協調性がある
    →他人のことばかり優先し、引っ込み思案な所があるので、自分の意見をハッキリ言うように心がけている
  • 行動力がある
    →せっかちな所があるので、落ち着いて行動するように気をつけている
  • 責任感がある
    →何でも一人で頑張り過ぎてしまうので、自分1人ではできないことは早めに助けを求めるように気をつけている
  • 集中力が高い
    →時々周りが見えなくなることがあるので、周りにも目を配るように心がけている
  • 忍耐力がある
    →自分の限界を超えてしまうことがあるので、周りに迷惑がかかる前にセーブするように気をつけている

などアピールポイントとなる長所と調書の裏返しとなる短所を1セットで答えるようにしましょう。

質問に答える際に、嘘をつくとあっさりバレてしまうこともあるので、嘘はつかないようにしましょう。

ただ、正直に答える場合にも、

  • 嘘をついてしまうことがある
  • 時間にルーズで遅刻することが多い
  • 人とのコミュニケーションが苦手

など「この人とは一緒には働いていけないな…」と面接官に印象付けるような短所は、言わないことをおすすめします。

④あなたの趣味や特技を教えてください

ピアノを弾く人の手

バイトの面接で「あなたの趣味や特技を教えてください」と質問されることがあります。

趣味を聞かれると、バイトとは関係ない質問に身構えてしまう場合もあります。

でも、この質問をする面接官の意図には、

  • 応募者の緊張をほぐすため
  • 応募者の人柄を知りたい
  • ものごとへの熱中度を確かめたい

などがあります。

人格を疑われるような趣味でない限り、あなたが心の底から楽しんでいる趣味を正直に答えるようにしましょう。

また、趣味だけを答えるのではなく、なぜその趣味が好きなのか、どんな所が楽しいのかなど具体的な理由を一緒に伝えるようにしましょう。

休みに何する?無趣味な人におすすめの趣味13個

⑤通勤手段や通勤時間はどのくらいかかりますか?

自転車に乗った男性の横顔

面接官から「通勤手段や通勤時間はどのくらいかかりますか?」と質問されることがあります。

この場合、ただの確認事項だと高を括っていると、採用を見送られる可能性もありますよ。

もちろん、ただの確認事項である場合もありますが、面接官の中には、

  • 時間管理ができる人なのか?
  • 通勤の大変さを理由に辞めることがないか?
  • 通勤時間が長過ぎて遅刻する可能性がないか?

などを確認している場合があります。

そのため、事前に自宅から勤務先までの通勤手段やどのくらいの通勤時間がかかるのかをチェックしておくようにしましょう。

また、応募数が多いことが分かっている場合には、他人の回答と差をつける回答をすることをおすすめします。

例えば、学校や掛け持ちのバイト先などから通勤先までの通勤手段や通勤時間、通勤時の渋滞の有無などを踏まえた上で、通勤のしやすさなどを伝えると良いでしょう。

もしも、自転車やバイク、車での通勤の場合、それらの通勤が可能かどうか、また、可能な場合に駐輪場や駐車場の有無などを後で確認することを忘れないようにしましょう。

⑥いつから働けますか?

手帳にスケジュールを書く人

バイトの面接では「いつから働けますか?」と必ず質問されます。

この質問をされた場合、すぐに人手が欲しい状況であることが考えられます。

そのため、曖昧な回答だとスケジュール管理ができない人、働く意欲が無い人と判断されかねません。

なるべく早くから働く意欲があることを伝えるようにしましょう。

ただ、すぐに働けることを伝えてしまった後で、やっぱり予定がありましたでは、「確認もせずに適当な答えをするなら、仕事も適当にやるかもしれない」と疑念を抱かせてしまうことになります。

そうならないためにも、事前に早ければいつから働くことができるのかを確認しておきましょう。

回答例としては、次の通りです。

  • 来週の〇曜日から可能です
  • 予定が無ければご連絡をいただいた翌日から働けます
  • 〇日と〇日以外であれば、△日から可能です

もしも、バイトの掛け持ちをする場合や退職するバイトがある場合は、正直に別にバイトをしていること、退職の予定があることを伝えましょう。

その上で、「アルバイト先と相談してから、改めてご連絡させてください」と伝えるようにしましょう。

ただ、なるべくならバイトの退職日が決まった後、もしくは掛け持ちのバイトの時間との調整の目途がついてから面接に臨むことをおすすめします。

⑦週にどれくらい働けますか?

カレンダーの上に置かれたペン

面接官から必ず質問されることの一つに、「週にどれくらい働けますか?」という質問があります。

単純に募集内容にある勤務時間がお互いに合致しているかの確認事項である場合もあります。

ただ、中には、

  • シフトを考える際の情報が欲しい
  • 戦力として人員に入れることができるか?
  • 希望の勤務時間以外で出勤可能な曜日や時間帯があるか知りたい

などの理由がある場合があります。

採用後に希望していた曜日や時間帯とズレが無いためにも、ハッキリと希望は伝えるようにしましょう。

ただ、一方的に希望ばかりを伝えていては、融通が利かない人や協調性が無い人だという印象をつけられやすくなってしまいます。

本当に勤務が難しい場合は、具体的な理由を述べるようにしましょう。

もしも、希望の勤務時間以外に可能な場合は、

  • 「月に1、2日だけなら対応可能です」
  • 「〇曜日の何時まで、もしくは何時からなら対応できます」
  • 「土日はどちらか1日なら対応可能です」

など具体的に対応可能な曜日や時間帯、日数などを伝えると良い印象を与えることができます。

⑧学業と仕事の両立はできますか?(高校生・大学生のみ)

居残り勉強する女子高校生

あなたが高校生や大学生の場合、面接官から質問されることが多いのが「学業と仕事の両立はできますか?」です。

こんな質問をされると、「仕事への意欲を試されているのでは?」と思ってしまいがちです。

ついつい、面接官に良い印象を与えたくて、「はい!大丈夫です。バイトを優先させます!」なんて答える方もいるかもしれません。

正直なところ、少々意地悪な質問とも言えます。

なぜなら、学生をバイトに雇うことを考えている場合、テスト期間中だったり部活やサークル活動などで学業を優先することもあることは、重々承知しているはずだからです。

そのため、あなたがしっかりと学業との両立について考えた上で面接を受けているということが分かれば、面接官も安心してくれるはずです。

その場合、正直に「テスト期間中や学校の行事等でお休みをいただくこともあると思いますが、それ以外の日は大丈夫です」と伝えるようにしましょう。

ただ、中には学業との両立をしっかりと考えずに、中途半端な心構えでバイトに応募してくる人も少なからずいます。

そして、採用してから「やっぱり両立できないので辞めます」なんて事態を避けるために面接官は学生のあなたにこの質問をして、覚悟や心構えを確認しているのです。

また、年に何回、月に何回、〇月に〇日間などある程度の目安が分かっていれば、面接の段階で伝えておくと良いです。

「これくらいの日数なら、シフトは組めそうかな」と、面接官がシフトを組む目安もつけやすくなります。

⑨得意な仕事や作業はありますか?

自信満々な笑顔のスーツを着た男性

あなたがいくつかのバイト経験がある場合、面接官から「得意な仕事や作業はありますか?」と聞かれる場合があります。

回答によっては、あなたがこれまでに培ってきたスキルをアピールするチャンスでもあります。

ただ、自信過剰過ぎたり謙遜し過ぎの回答をすると、自己アピールどころかマイナスポイントになってしまいます。

また、見栄を張ってできると言ったことが採用後に実際にはできないことが分かると、あなたの信用は地に落ちることでしょう。

とは言え、いくつかのバイト経験があるにも関わらず、「得意な仕事や作業はありません」と答えるのは、仕事ができない人だと印象付けてしまいます。

では、どんな回答をすればいいのでしょうか?

例えば、

  • 「○○の作業の経験があり、多少は自信があります。1日でも早く、御社の戦力となれるように頑張ります」
  • 「前のバイト先の○○の作業ではミスなくこなすことができました。ただ、御社のやり方とは違う部分もあるかと思うので、一つ一つ確認しながら習得していきたいです」
  • 「○○の作業が少し得意です。ミスなくこなせるよう、しっかり学びたいと思っています」

など自己アピールしつつも、学ぶ姿勢や努力をしていきたいというような謙虚な姿勢を見せることが何より大切です。

採用後のあなた自身のハードルを上げないようにするためにも、アピール&謙虚な一言を伝えるようにしましょう。

⑩弊社を知っていましたか?

親指を立てる男性の後ろ姿

バイトの面接でも面接官から「弊社を知っていましたか?」と、答えに困るような質問を投げかけてくることがあります。

この質問をする面接官の意図は、

  • 既有知識があるかどうか?
  • 当社への興味の度合いはどの程度か?
  • 知らなかった場合でも、やる気があるのかどうか?

などをチェックしています。

つまり、応募先のことをどれだけ知っているのか?ではなく、事前に知ろうとしている姿勢ややる気の有無を知りたい場合に質問しているのです。

あなたが応募先のことを知っていたとしても、知らなかったとしても、採用後にどのような姿勢で取り組んでいきたいのか、応募先のことを学ぶ姿勢があるのかどうかを伝えれば良いのです。

仮に知らなかった場合でも、正直に伝えることをおすすめします。

例えば、「正直、応募するまでは知りませんでした。面接が決まってから、お客として利用させていただいて、スタッフの方が丁寧に明るく接してくださって、ますます一緒に働きたいと感じました」など。

この回答のポイントは、知らなかったことを伝えつつ、自分なりに接客を体験して、さらに応募への意欲が強まったということを伝えていることです。

例え、店舗などサービスを利用できなかった場合にしても、周りからの評判だったり、自分なりにリサーチしたことを回答に一言伝えると面接官に良い印象を与えることができます。

⑪他に受けている会社はありますか?

相手に話しかける男性

面接官によっては、「他に受けている会社はありますか?」というような直球の質問をしてくる場合があります。

また、似たような質問として、「なぜ、他社ではなく当社を選んだ理由を教えてください」があります。

これまでの質問の回答として、なるべく正直に回答しましょうと伝えてきましたが、この質問に限っては正直さが仇となる可能性があります。

と言うのも、仮にあなたが他に3社の面接を受けている場合に、面接官に正直に回答したとします。

もしも、あなたが面接官の立場に立って考えるとしたら、どう感じるでしょうか?

「ウチがダメなら、他の会社でも良いということか…」「ウチは保険で受けているのかもしれない…」など良い印象は受けないのではないでしょうか。

つまり、今回の質問に限っては、嘘もやむを得ず、

  • 「御社だけです」
  • 「この仕事をやりたいと考えていた時に、ちょうど御社の求人を見つけました」
  • 「御社が好きだから応募しました」

など「1社だけしか応募していない」という点は除いて、後は志望動機などと絡めて正直に回答するようにしましょう。

バイト先に内緒で休んで他のバイトの面接をする場合の良い訳におすすめなのがこちらの記事です。

これを使え!会社や仕事をずる休みする時の理由・言い訳6選!

⑫最後に何か質問はありますか?

片手にタブレット端末を持ち電話する女性

面接の最後に必ず聞かれる定番の質問は、「最後に何か質問はありますか?」です。

この質問をする面接官の意図は、お互いに仕事内容や雇用条件、勤務の開始日など採用に関する内容にズレや説明の不足が無いかの確認のために質問しています。

そのため、不明な点や聞いてみたいことがあれば、質問するようにしましょう。

例えば、

  • 「合否はいつ頃分かりますか?」
  • 「駐輪場や駐車場はありますか?」
  • 「職場にはどれくらいの人が働いていますか?」
  • 「服装や髪型などに規定はありますか?」
  • 「詳しく説明していただけたので、質問はありません」

など出勤する際のイメージや職場の雰囲気などを質問するのも良いでしょう。

ただ、「残業はあるのか?」「休日は必ず休めるのか?」と、仕事への意欲を疑われるような質問や「ありません」と全く興味が無さそうな回答は避けることをおすすめします。

もしも、合否の連絡の際に聞いても差し支えない質問や特に質問が無い場合は、面接では「詳しく説明していただけたので、質問はありません」と答えるのが無難でしょう。

⑬募集内容と違う条件の質問をされたら…

両手で大きいバツを作る男性

バイト先によっては、面接している最中に採用が決まった場合や今働いているスタッフの協力などによって、募集する時間帯や仕事内容が多少変更になることもあります。

また、今後に他の勤務形態で人手が足りなくなった場合に備えて、応募者に他の仕事内容や勤務時間を確認する場合もあります。

では、具体的にどんな質問があり、どんな回答をすれば良いのか確認していきましょう。

  • 募集内容と違う仕事をお願いされたら?
  • 平日勤務の募集で土日も働けるか聞かれたら?
  • 募集内容よりも時給が安くなると言われたら?

などが挙げられます。

上から順に見ていくと、募集内容と全く違う仕事の場合、あなた自身がやる気を持って働ける仕事か、体力的に大丈夫か、長く続けられそうか、勤務時間に支障はないかなどを考えた上で回答しましょう。

もしも、興味がある仕事であれば、後でトラブルになるのを避けるためにも、面接時に勤務条件をしっかり擦り合わせておきましょう。

次に、平日希望でも土日の勤務を問われた場合は、断る場合は「習い事(サークル、部活など)があるので、土日は難しいです」とハッキリ伝えましょう。

もしも、どちらか1日でも出ても良いと思うのなら、「月に1回なら、対応が可能です」や「土日のうち、1日なら可能です」などのように、具体的にいつなら勤務できるのか、何日くらい可能かを伝えておきましょう。

3つ目の時給が安くなるなどの場合は、なぜ、時給が安くなるのか理由を聞くようにしましょう。

面接官が「最初の3ヶ月は使用期間のため、時給〇〇〇円になります。それ以降は、募集内容の通りの時給になります」など明確な答えがある場合であなたが納得できれば、承諾しましょう。

もしも、どんな理由であれ、あなたが納得できないのであれば、「募集の時給で応募していたので、申し訳ありませんが今回は辞退させてください」と丁重にお断りするようにしましょう。

バイトとは言え、募集側が募集条件として提示した内容を変更してしまっては、あなたとしても納得できなくて当たり前です。

「時給が安くてもここで働きたい」という強い意志や意欲が無ければ、継続して働くことは難しいでしょう。

納得できない場合は、諦めて他のバイトの面接を受けるようにしましょう。

こちらの記事は、バイト先を絞るのに参考になります。

必見!バイトが初めての人におすすめのバイト12選!

動画作成に興味があるなら、こちらもおすすめです。

絶対に知っておきたい!youtuberのなり方5つの手順!

⑭バイト面接の変わった質問集

顔を両手で隠す少年

ここまでバイトの面接で聞かれる質問をご紹介してきましたが、他にも一見、バイトとは関係ないような質問をされたという方もいらっしゃいます。

どんな変わった質問をされたのか、簡単にご紹介したいと思います。

例えば、

  • あなたの強みを〇分間で自由に表現してください
  • 自分を漢字一文字に例えてください
  • 100円の商品を1000円で売るにはどうしたらいいと思いますか?
  • 性格適性検査や姓名判断などで占われた
  • あなたは今までの人生を振り返ってツイていたと思いますか?

など一見バイトには関係なさそうな質問をふいに投げかけてくる面接官もいるようです。

面接官によっては、これまでの経験値から見出された独自の質問を持っている方も少なからずいらっしゃいます。

ただ、これらの変わった質問を事前に予想し、回答を用意しておくことは大変難しいことです。

例え、どんな質問であっても、面接官が知りたいポイントさえ押さえておけば、珍回答をすることは避けられるはずです。

面接官が知りたいポイントは、

  1. あなたの人間性
  2. 会話のキャッチボールができるかどうか?
  3. どんな質問にもスマートに答えられる決断力や機転の良さ

などをチェックしているのだと考えられます。

面接で聞かれる質問への回答の準備ができたら、インターネットなどでこのような変わった質問にどんなものがあるのか目を通しておきましょう。

どんな質問があるかを知っておくだけでも、ある程度の心構えができるはずです。

絶対に考えておきたい!バイトの面接で聞かれる質問のまとめ

バイトの面接を受ける前には、受かるための準備や心構えが必要です。

もしも、バイトの面接に備えて万全な対策を考えるのなら、

  • 面接で聞かれる質問の意図を理解する
  • 求められるバイト像をリサーチしておく
  • 採用になってから後悔しないように、確認しておきたいことは素直に質問する

など情報収集や質問への答えを準備し、バイトの面接に備えましょう。

バイトの面接は、あなたが求めているバイト像に当てはまるかだけを判断する場ではありません。

あなた自身も気持ちよく働ける環境なのか、誠実な会社なのか、募集内容に変更は無いかなどをチェックする場でもあることを理解しておきましょう。

では、幸運を!