絶対に知っておきたい!バイトの服装・マナー9選!

丁寧なお辞儀をする女性
記事のポイント
  1. バイト先でのマナーが分かる!
  2. バイト別に合った服装が分かる!
  3. 上司や先輩に好かれる方法が分かる!

アルバイト採用おめでとうございます!

ただ、採用されたは良いけれど、バイト初日は様々な不安や緊張があるものです。

例えば、

  • 服装
  • 挨拶などのマナー
  • 出勤時間

などがあります。

そこで今回は、バイトの服装やマナーについて知っておきたいことをご紹介します。

①遅刻厳禁!就業時間の〇分前には到着する

寝坊したパジャマ姿の女性

突然ですが、あなたはバイトの出勤時間は、どのくらいの余裕を持って到着すれば良いと思いますか?

15分前?10分前?5分前?それとも、就業時間ギリギリという方もいらっしゃるかもしれません。

一般的に、バイト初日には就業時間の15分前がベストで、2日目以降の出勤は就業時間の5分~10分前には到着しておく必要があります。

中には、「就業時間に間に合えばいいのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、早めに到着することで、

  • 仕事をする前に一呼吸置くことができる
  • ゆっくり身だしなみを整えることができる
  • 制服に着替える時間が取れる
  • 時間を守る人であることがアピールできる
  • 仕事への意欲を印象付けることができる

など自分自身の心を落ち着かせたり、着替えや身だしなみを整える余裕を持つことができます。

また、同じ職場の上司や先輩、同僚に対して、良い印象を与えることもできます。

バイトであっても、職場での人間関係を構築するためには、まずはあなた自身が相手に信頼されなければなりません。

就業時間ギリギリに到着して、大慌てで仕事に入ると、ミスもしやすく、身だしなみも整っていないだらしない人と印象付けてしまいます。

また、就業時間の20分前以前だと、返って職場に迷惑をかけてしまうことになるので、なるべくなら5分~15分前を目安に到着するように心がけましょう。

そういった毎日の小さな積み重ねを継続して行うことで、職場の中でのあなたの信頼度が高くなっていくのです。

就業時間ギリギリどころか、毎回遅刻をするなど論外です!

くれぐれも遅刻はしないように、余裕を持ってバイト先へ通勤するようにしましょう。

もしも、バスや電車での通勤で、交通渋滞や事故などにより、出勤が遅れてしまう場合は、早めにバイト先に連絡をするようにしましょう。

到着の目途が立っている場合は、予想の到着時間より少し遅めの時間を上司に伝えて、時間内に到着するようにしましょう。

もしもあなたが一人暮らしを始める予定があったり、一人暮らしを始めたばかりで必要な物を用意している最中なら、こちらの記事がおすすめです。

一覧!一人暮らしに必要な物・買う物8選!

②バイト先で好感を持たれる服装

両手を合わせるスーツ姿の女性

バイト先で好感を持ってもらうためには、服装や身だしなみに気を遣うことが大切です。

『人は第一印象で決まる』なんて言葉がある通り、初対面の人の第一印象は見た目が9割や80%などと言われています。

それだけ、見た目は相手がどんな人なのかを判断する材料として、大きなウェイトを占めているということが分かります。

逆に言えば、第一印象を良くするには、見た目に気をつければ良いということです。

もちろん、見た目だけに気を配って、仕事ができないのでは意味がありません。

ただ、見た目を良くすることで、ある程度のミスやマイナスな印象も第一印象が良い人の方が悪い人よりも、「まだ、入ってきたばかりだから、仕方ないか…」と軽く流してくれる場合もあります。

また、第一印象は何秒で決まるのか?と言うと、この答えには様々な答えがあって、15秒だったり、5秒だったり、3秒、1.5秒、0.5秒なんていうもはや秒数が数えられないような意見もあります。

最近では、某有名TV番組にレギュラー出演されている脳科学の専門家の方が『第一印象は0.5秒で決まる』と明言されていました。

0.5秒ともなれば、ほんの一瞬ですから、やはり見た目が大切だということが分かります。

では、具体的にどのような服装や身だしなみに気をつければ良いのか、見ていきましょう。

もしも、あなたがバイト先で彼氏や彼女を作りたいと思っているのなら、こちらの記事が参考になりますよ♡

恋人が欲しい!彼氏を作るおすすめの方法と出会い方6選!

恋人が欲しい!彼女を作るおすすめの方法と出会い方9選!

 清潔感ある服装

風呂は毎日の社是を指さす男性

バイトでの服装で最も大切なことは、清潔感ある服装をすることです。

清潔感ある服装をしているだけでも、第一印象で「この人はちゃんとした人だ」というような印象を与えることができます。

具体的には、

  • シワが無い
  • 襟元が伸びている
  • 汗シミや黄ばみなどの汚れが無い
  • ボタンが取れていたり、ほつれが無い
  • 面接時の服装と大きなギャップが無い
  • 露出の多い服装は控える
  • カジュアルすぎる服装は控える

などが挙げられます。

もしも、どんな服装で行けば良いのか悩んだ場合は、事前に出勤時の服装について確認しておくことをおすすめします。

バイト初日は、職場にいる方の服装を観察したり、聞いてみてから明日以降の服装を考えるようにしましょう。

また、服装以外にも靴にも気を遣うようにしましょう。

清潔感ある服装でも、靴がヨレヨレだったり汚れている場合には、だらしない人だと印象づけてしまう可能性がありますので、くれぐれも注意しましょう。

 働きやすく職場に合った髪型

微笑むスーツ姿の女性オシャレ好きな人であっても、職場に合った髪型というものがあります。

とくに、接客業のバイトの場合、会社によって服装や髪型など細かいルールが決まっている場合もあります。

自分ではオシャレでやっている髪型でも、お客様から見れば不快に感じたり、清潔感が無いという印象を持たれてしまうこともあります。

では、どんな点に気をつければ良いのでしょうか?

例えば、

  • 面接時の髪型とギャップのある髪型にしない
  • 長い髪の毛は仕事に邪魔にならないように束ねる
  • 派手な装飾品を付けない
  • 顔が隠れるような髪型にしない
  • 寝ぐせが付いたままだったり、ボサボサの頭

などには気をつけるようにしましょう。

髪型を変えたい場合は、しばらくして仕事に慣れたり、職場での信頼関係がある程度築けてからにするなど時間を置いてから少しずつ変えていくことをおすすめします。

仕事も覚えておらず、職場にも慣れずの状態で派手な髪型にしてしまっては、周りの印象も悪いものになってしまいます。

自分なりに一定の目安を決めてから、髪型や服装に変化を加えるようにしましょう。

 ナチュラルメイクや髭剃り

顎を触るTシャツ姿の男性

男性女性によっても、清潔感や良い印象を与える身だしなみは、それぞれ違ってきます。

例えば、女性であれば、メイクを気をつける必要があります。

バイトでのメイクは、なるべくなら華美になり過ぎないように注意し、ナチュラルメイクを心がけるようにしましょう。

とくに、接客のお仕事の場合は、チークやアイメイクが濃すぎると、お客様に不快感を与えることもあります。

一方、男性であれば、眉毛やヒゲのお手入れに気を遣いましょう。

最近は、スキンケアやエステ、ネイルケアなど男性も年齢に関係なく、美容に力を入れる人も少なくありません。

なぜなら、ビジネスにおいて、清潔感や見た目の印象が重要だということを知っているからです。

バイトの場合は、そこまで美容にお金をかける必要はありませんが、せめて眉毛を整えたり、無精ヒゲにならないように、定期的にお手入れをするようにしましょう。

他にも、

  • ニオイがきつ過ぎる香水
  • 派手なネイルアート
  • ピアスやネックレス、指輪などのアクセサリー

などにも注意しましょう。

バイト先によっては、事前に服装や髪型などにルールを設けており、事前に説明される場合もあります。

ただ、中には、一般常識だから言う必要は無いと考える方もいますので、バイト初日はとくに、注目を浴びるような服装や髪型などはさけることをおすすめします。

③バイト別のおすすめの服装

考え込むスーツ姿の女性

先ほど、バイト先で良い印象を与えることができる服装をご紹介しました。

ただ、バイトの種類によっては、それぞれのバイトに合った服装を選ぶ必要があります。

例えば、制服に着替えて仕事をする場合は、通勤だけの服装になるため、比較的普段着である場合が多いです。

でも、私服でお客様の前に出る場合には、ある程度お店や会社の雰囲気やイメージを壊さないような服装である必要があります。

では、具体的にバイト別のおすすめの服装をご紹介したいと思います。

 コンビニ・スーパー

スーパーのバナナ売り場

コンビニやスーパーのバイトの場合、清潔感がある服装はもちろんのこと、パンツスタイル&スニーカーなど動きやすい服装にすることをおすすめします。

コンビニやスーパーなどでは、多くの食品を扱っていますから、清潔感は最低限必要なマナーとも言えます。

また、段ボールに入った商品を棚に陳列するなど、荷物を持ちながら店内を歩き回ることもあるため、動きやすい服装が必須です。

そのため、パンツスタイル&スニーカーがおすすめなのです。

仮に、スカートや短パンは接客をする上で、お客様によっては不快に感じる方もいらっしゃるので、避けることをおすすめします。

 アパレル

パーカーを着た男性の服装

バイトの服装には、第一に清潔感があることや不快感を与えない服装が大切ですが、アパレル関連のバイトの場合は、話が少し変わってきます。

と言うのも、アパレルのスタッフになるということは、ある意味お店の顔になるということです。

そのため、会社やブランドなどのコンセプトからかけ離れた服装では、返って会社やブランドの名に傷をつけてしまう恐れがあるのです。

極端な例ですが、例えば、最先端のオシャレな洋服を販売しているショップ店員が普段着のようなカジュアル服を着ていたら、お客様はその店員を見てどう感じるでしょうか?

最先端のオシャレな洋服を求めているお客様にとって、お店のコンセプトと違う服装をする店員がいたとしたら、「この人には服のアドバイスは貰いたくない」と思うと思いませんか?

また、そんなお店のコンセプトを全く理解していない店員を雇って、お店に立たせている会社やブランドに対して、疑念を抱くのではないでしょうか。

このように、アパレル関係のバイトで直接お客様と接する仕事をする場合は、お店のコンセプトやブランドなどについて、ある程度の研究やリサーチをしておく必要があります。

もしも、服装に悩んだ場合は、お店で販売している洋服やブランドのものを取り入れたコーディネートをすると良いでしょう。

もしも、お店のコンセプトやブランドに興味が持てない場合や、服装に違和感を感じる場合は、そもそも面接を受けるべきではないのです。

 飲食業

カフェ内にあるエスプレッソマシン

カフェやレストランなどの飲食業のバイトの場合は、清潔感や動きやすさ、個性を感じさせない服装をすることをおすすめします。

コンビニやスーパーのバイトでもお話した通り、食品を扱うバイトの場合は、

  1. 清潔感
  2. 動きやすさ
  3. お店の雰囲気に合っている

などを重視した服装である必要があります。

一般的におすすめな服装は、清潔感がある白のYシャツに黒のパンツスタイルが無難でおすすめです。

白と黒なら、上記の3つをクリアしていますし、お店の内装や装飾がどんなタイプのものであっても、お客様に違和感なく受け入れられます。

ただ、ハワイ風やアジアンリゾート風などの個性的なコンセプトがあるお店の場合は、そういったコンセプトに合わせた服装を取り入れてみるのも良いでしょう。

そして、服装と同じくらい大切なのは身だしなみです。

飲食業はとくに、お客様の目も厳しいので、爪の長さやネイル、香水、体臭、口臭、メイク、ヒゲ、フケ、抜け毛などには十分に注意しましょう。

食欲を低下させるような見た目は、飲食業に携わる者として自覚が無いとしか言えません。

十分、服装や身だしなみには注意しましょう。

 オフィスワーク

パソコンで作業中に後ろを振り向く女性

内勤と言われるようなオフィスワークのバイトの場合は、お客様に会うことも無いからと言って、気を抜いてしまいがちです。

でも、バイト先には様々な来客がある場合もあります。

バイト先にとって、重要な顧客である場合もあるのです。

バイトであるあなたの服装や身だしなみがその会社の印象を悪くすることもあります。

そうならないためにも、服装や身だしなみには十分に注意しましょう。

ビジネススーツなどの指定がある場合は、会社の指定に従います。

もしも、私服OKであれば落ち着いた色を選び、

  • 襟付きのシャツやカットソー
  • カーディガンやジャケットを羽織る
  • ひざ丈のワンピース
  • ローヒール
  • つま先や踵が見えない靴

などがおすすめです。

服装に不安がある場合は、数日間はスーツで通勤し、職場の雰囲気や他の方の服装などを観察しながら、服装を決めていくと良いでしょう。

中には、ジーンズやパーカーなどラフな格好で出勤される方もいるかもしれませんが、最初のうちは様子を見るのが無難です。

また、服装に合ったカバンや靴も用意しておきましょう。

 予備校・塾講師

人差し指を立てる男性講師

予備校や塾講師のバイトをする場合は、基本的にビジネススーツが一般的です。

女性の場合は、オフィスワークの服装を参考にすることをおすすめします。

また、動きやすさを求める場合は、スカートよりもパンツスタイルの方が良いでしょう。

そして、女性が注意したい服装は、

  • 胸元が開いた服
  • ミニスカート
  • 深いスリットが入ったスカート

など露出が多い服装は、生徒の親御さんからクレームが入る場合もあるので、服装には十分に注意しましょう。

また、成長期真っ盛りの男の子が勉強に集中できるためにも、性を感じさせるような服装は避けることをおすすめします。

先生の服装にばかり目が行って、勉強が疎かになってしまっては、言語道断ですからね(笑)

④会った人にはしっかり挨拶&簡単な自己紹介をする

丁寧なお辞儀をする女性

バイト初日から、職場で会った人にはしっかり挨拶すること、簡単な自己紹介をすることが大切です。

挨拶は人間関係を築く上で、最も大切なことです。

挨拶ができない人やしない人は、常識が無い人、コミュニケーション能力が無い人などの印象を与えかねません。

例え、相手が誰か分からなくても、挨拶されて不快に思う人はほとんどいないはずです。

逆に、挨拶しなかった人があなたの教育担当であった場合、とても気まずい雰囲気になることは、もうお分かりのはずです。

また、バイト関係者でない人であったとしても、明るく元気よく挨拶することで、その会社に良い印象を抱く人も増えるでしょうし、職場内でもあなたの印象は良くなるはずです。

また、挨拶する際に「今日からバイトとして、こちらでお世話になります○○です」と一言だけでも自己紹介することで、あなたの印象がさらに良いものになるでしょう。

⑤正しい言葉遣いをする

コールセンターの女性

接客や電話を受けるなどお客様と直接接したり、話す機会がある仕事では、正しい言葉遣いが大切です。

例え、お客様の方があなたよりも年下であったとしても、お客様には敬語で話す必要があります。

ただ、敬語を正しく使っているつもりでも、意外と誤って使ってしまう方も多いです。

正しい敬語を使うためにも、事前に仕事で使いそうなフレーズの正しい言葉遣いを調べておくと良いでしょう。

では、バイト先で役に立つ言葉や間違った敬語の使い方をご紹介します。

 バイト先で役に立つ言葉

入室する男性社員と女性社員

バイト先で役に立つ言葉には、主に出勤時や勤務中、退勤時などの挨拶の言葉です。

敬語がよく分からない場合でも、挨拶の言葉だけでも覚えておくことをおすすめします。

例えば、

  • 出勤時の挨拶
    →「おはようございます」
  • 目上の方に話しかけたり教えてもらう時
    →「今よろしいでしょうか?」
  • 機械の使い方や備品の場所など何かを教えてもらった時
    →「ありがとうございます」
  • 昼休みに外食に出たり、社外に出かける時
    →「行って参ります」
  • 社外から戻った時
    →「ただいま戻りました」
  • 社外から帰ってきた人が戻ってきた時
    →「お帰りなさい」
  • 社内や社外でドアをノックした後に入室する時
    →「失礼いたします」
  • 他の部署など社内の人に会った時
    →「お疲れさまです」
  • 目上の方が退社する時
    →「お疲れさまでした」
  • 退社時の挨拶
    →「お先に失礼します」

などが挙げられます。

これらの挨拶の言葉は、最低限必要なことなので、必ず覚えるようにしましょう。

また、基本的に新人バイトであるあなた以外は、あなたの先輩や上司に当たり、全ての人が目上の方に当たるので、そのつもりでこれらの挨拶の言葉を正しく使いましょう。

挨拶だけでも正しい言葉遣いが使えれば、「この人は挨拶がしっかりできる人だな」と評価してもらえます。

挨拶する際は、笑顔でハッキリと明るい声で挨拶しましょう。

 NGな敬語の使い方と正しい敬語の使い方

女性社員を怒らせた男性社員

敬語には、上司や先輩から部下、後輩へ使う言葉や部下や後輩から上司や先輩に使う敬語なども存在します。

そのため、誤った敬語の使い方をしていると、目上の方なのに上司が部下に使う敬語を使ってしまい、相手の方が不快に感じたり怒らせてしまう可能性もあるので十分に注意しましょう。

では、バイトでありがちなNGな敬語の使い方と正しい敬語の使い方をいくつかご紹介します。

  1. NG「ご注文は○○でよろしかったでしょうか?」
    OK「ご注文は○○でよろしいでしょうか?」
  2. NG「〇〇の方はいつお持ちしましょうか?」
    OK「○○はいつお持ちしましょうか?」
  3. NG「こちら、○○になります」
    OK「こちら、○○でございます」
  4. NG「○○もありますが、どうでしょうか?」
    OK「○○もありますが、いかがでしょうか?」
  5. NG「○○円からお預かりいたします」
    OK「○○円をお預かりいたします」
  6. NG「ご予約のお名前を教えていただけますか?」
    OK「恐れ入りますが、ご予約のお名前をお伺いしてもよろしいでしょうか?」
  7. NG「バイトなので分かりかねます。すみませんが少しお待ちください」
    OK「ただいま確認して参ります。申し訳ございませんが少々お待ちいただけますでしょうか?」
  8. NG「ありがとうございます。とても参考になりました」
    OK「ありがとうございます。とても勉強になりました」
  9. NG「了解いたしました」
    OK「かしこまりました」
  10. NG「申し訳ありません」
    OK「申し訳ございません」

など「これってNGな敬語の使い方なの?」と思うものがあったら、ぜひ、誤って使ってしまいがちな敬語と正しい敬語の使い方を調べてみてください。

とくに、接客業のバイトの方は必須なので、面倒くさがらずに覚えるようにしましょう。

もしも、敬語がたくさんあって覚えられないという場合は、単語帳に書いてクイズ形式に楽しんで敬語を覚えるようにすると良いでしょう。

⑥教わったことはメモを取る

ノートにメモを取る男性

バイト初日は、仕事の流れや顔合わせ、社内の案内など覚えることがたくさんあります。

そのため、教わったことは忘れないためにも、必ずメモを取るようにしましょう。

あなたが1日でも早く職場の戦力になるためには、仕事を早く覚えなければなりません。

一度教わったことを何度も繰り返し聞くことは、「この人は理解力がない」「本当に仕事を覚える気があるのだろうか?」と相手に疑念を抱かせてしまいます。

どんなに清潔感ある服装や身だしなみ、明るく元気な挨拶ができたとしても、仕事への意欲が感じられなければ、あなたの評価は下がってしまいます。

また、教わったことを覚えようともせずにすぐに聞こうとする行為は、相手の時間をあなたが奪う行為でもあることをしっかりと理解しておきましょう。

新しいことを覚える上で、メモとボールペンは自ら持参することは、社会の常識なので、「バイト初日の持ち物は特に必要ありません」と言われても、必ず持って行くようにしましょう。

⑦報告・連絡・相談を徹底する

片手を挙げるメガネをかけた男性

仕事をする上で大切なことの一つに、「ホウ(報告)・レン(連絡)・ソウ(相談)」という言葉があります。

これは、部下が上司に報告や相談をする際に用いられる用語です。

簡単に説明すると、

  • 報告…部下が上司に仕事の経過や結果を知らせる
  • 連絡…職場内の人に情報を伝える
  • 相談…自分では判断できないことを上司や先輩に話し、意見やアドバイスをもらう

ということだと覚えておきましょう。

仕事を任せられた場合、分からないことや困ったことがあっても、「○○さんは忙しそうだから、自分で何とかしよう」と思うことってよくあるものです。

でも、些細なことだと思っていたことが大きなトラブルに発展するケースが意外と多いものなのです。

とくにバイトを始めたばかりだと、「早く1人前にならなきゃ!」「こんなことも1人でできないのかと思われたくない!」と思ってしまいがちです。

でも、分からないことや困ったことがあったら、それが例え教わったことだったとしても、報告、連絡、相談を必ずするようにしましょう。

『聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥』という言葉があるように、どんなことでも素直な気持ちで取り組むようにしましょう。

それに、ミスやトラブルの原因になるよりはマシです。

また、上司や先輩に何かをしてもらったり、教えてもらった際は、「ありがとうございました」と必ずお礼を伝えるようにしましょう。

⑧前向きな姿勢で仕事に取り組む

男性社員を見つめる女性社員

人間誰でも生きて入れば辛いことや苦しいこと、悔しいことなど壁にぶち当たったり、落ち込むような出来事が必ずあります。

バイト先での人間関係やプライベートなど様々なシチュエーションで起こることでしょう。

でも、仕事をする上では、いつも笑顔で明るく、前向きな姿勢で取り組むことが大切です。

なので、あなたが例え、何かに怒りを感じていても、悲しくなることがあっても、なるべく前向きな姿勢で仕事に取り組むようにしましょう。

そんな前向きな姿勢で仕事に取り組むあなたの姿を評価してくれる人が必ずいます。

もしも、バイト前に気持ちを切り替える必要があるならば、次のことを実践してみてください。

バイト先の入り口のドアを開ける前に、深呼吸をして心を落ち着けて、仕事モードに切り替えてからドアを開けるようにしましょう。

ただ、人間ですから、誰にでもどんなに頑張っても前向きな姿勢で働くことができないという場合もあるかと思います。

そんな時は、無理せずにお休みをもらってゆっくり休むようにしましょう。

メンタルが弱っている時は、放って置くと体にも支障が出てくることがあるので、こちらの記事を参考に心をリフレッシュさせましょう!

ぜひ試して欲しい!うつ病で休職中におすすめの過ごし方13選!

とは言え、「ゆっくりしたいのでお休みをください」とはさすがに言えません。

そんな時におすすめなのがこちらの記事です。

これを使え!会社や仕事をずる休みする時の理由・言い訳6選!

⑨バイト前日までに準備しておくこと

カフェで考え事をしている女性

ここまで、バイトの服装やマナーについてご紹介してきました。

では、最後にバイト前日までに準備しておくことをご紹介したいと思います。

バイト前日までに準備しておくことは、

  • 初日の出勤日や出勤時間の確認
  • 持ち物の確認(ポケットサイズのメモ帳、ボールペン、腕時計など)
  • 車やバイク、自転車等の置き場所の確認
  • 自宅からバイト先までのルートの最終確認
  • 睡眠をしっかり取る

などが挙げられます。

バイト初日の出勤日や出勤時間を間違えたり、通勤ルートを間違えて遅刻してしまうと、「期待の新人」から「不安な新人」へと格下げになってしまいかねません。

バイトであれ、仕事を任される以上は時間やルールをしっかり守るようにしましょう。

出勤日や出勤時間、車等の置き場所、通勤ルートなど事前に確認できることは、バイト前日までに必ず最終確認をしておきましょう。

また、持ち物の確認をする際に、メモ帳やボールペン以外に持って行くと良いものは印鑑です。

バイト初日の場合は、雇用契約書や交通費申請書など様々な書類への記入が必要になるケースがあります。

そんな時、印鑑を持って行けば、持ち帰らなくても記入の仕方などを確認しながら、その日のうちに提出することができます。

そして、最後に大切なことは、前日はしっかり睡眠を取ることです。

バイト初日や初めてバイトをする方にとっては、前日は緊張や不安から寝付けない場合があります。

そんな時は、温かいお風呂にゆっくり浸かって、心を落ち着かせるようにしましょう!

絶対に知っておきたい!バイトの服装・マナーのまとめ

バイトだからと言っても、お客様の前ではプロ並みの姿勢や行動が求められます。

バイト先で良い印象を持ってもらうためには、

  • バイト先のルールを守る
  • 清潔な服装や見た目を心がける
  • 正しい言葉遣いをする

など何事にも前向きな姿勢で取り組んでいきましょう。

そして、高校生や大学生の方は社会に出る準備として、バイト先で人間関係の築き方やお金を稼ぐことの大変さなど多くのことを吸収して、一回り大きな成長を遂げてくださいね!