絶対好かれる!かわいい後輩・部下になるための9つの方法!

部下を褒める男性上司
記事のポイント
  1. 上司や先輩に可愛がられる人の特徴が分かる!
  2. 愛される後輩・部下になる秘訣が見つかる!
  3. 上司や先輩に可愛がられるために注意すべきことが分かる!

必ずと言って良い程、上司や先輩に可愛がられている人がいます。

例えば、

  • 仕事でミスしても怒られない
  • 上司や先輩に飲みに誘われる
  • 大きな仕事を任される

など誰から見ても羨ましい待遇があります。

そこで、かわいい後輩・部下になるための方法をご紹介します。

①挨拶をしっかりする

手をついて正座をしている着物の女性

先輩や上司に好かれるには、いつでも誰にでも挨拶をしっかりできることが重要です。

挨拶は社会人としても、人としてもコミュニケーションを取る上で最も基本的なことです。

挨拶がまともにできなければ、先輩や上司から好かれることは無いと言っても過言ではありません。

とは言え、ただ挨拶ができれば良いという訳ではなく、

  • いつも笑顔で明るい
  • ワントーン高い声
  • はっきりと相手に聞きやすい声
  • 遠くの相手には会釈する
  • 背筋がピンと伸びた姿勢

など先輩や上司に良い印象を与えられる心がけも大切です。

挨拶の仕方に困った時は、社内でいつも気持ちが良い挨拶をしている人を見つけて、マネしてみると良いでしょう。

②気配りを心がける

笑顔で資料を渡す女性

先輩や上司に好かれる人に共通することの一つに、気配り上手が挙げられます。

常に先輩や上司の言動や態度から次の行動を予測し、先回りして仕事が円滑に進むようにフォローすることが上手な人が先輩や上司に好かれています。

つまり、気配りを心がけるということは、先輩や上司の立場になって考えるということです。

例えば、「きっと、こんな資料が必要になるな!」「リサーチを頼まれるだろうから、事前に調べておこう」と言われる前に、先回りして準備しておくのです。

上司:「○○君、△△の資料を用意しておいてくれないか」

好かれる部下:「課長、この資料でよろしかったでしょうか?」

上司:「さすが、○○君は仕事が早いね!助かるよ」

なんていうような理想的な上司と部下、先輩と後輩の信頼関係を築くことができます。

ただ、注意しなければならないのは、確実に先輩や上司のして欲しいことを理解することです。

闇雲に行動しても、的外れなことばかりして先輩や上司に呆れられかねません。

先輩や上司のして欲しいことをしっかりと理解するためには、先輩や上司を日頃から観察し、思考や行動のパターンなどを考えてみてください。

また、それ以前に仕事の進め方をしっかりと学んでおくことは、必須条件です。

ちなみに、気配り上手になるためには自分磨きも大切です。

こちらの記事にあるモテる人の特徴なども参考になりますよ♪

恋人が欲しい!彼氏を作るおすすめの方法と出会い方6選!

恋人が欲しい!彼女を作るおすすめの方法と出会い方9選!

③先輩や上司に言われたことは素直に従う

敬礼するスーツ姿の女性

先輩や上司に好かれるには、言われたことには素直に従うことが大切です。

あなたよりも何年も何十年も仕事をこなしてきた先輩や上司の言うことは、あなたにはその意図が分からない場合も少なくありません。

多くの人は自分自身が納得してから行動を起こそうとしますが、数年、数十年の経験の差をあなたがすぐに追いつけることは無いのです。

例え今すぐには意図が理解できなくても、先輩や上司を信じて素直に従ってみましょう。

素直に従い仕事を進めていけば、自然とその意図に気づく時が訪れます。

ただ、「先輩(上司)は、なぜあんな指示をしてきたのだろう?」と自分自身で考えることも大切です。

意識的に考えることで、先輩や上司の言うことの意図を早く理解できるようになります。

そういう些細な疑問をスルーせずに、理解しようとする気持ちがあなたをより成長させてくれます。

先輩や上司は、疑わず素直に行動してくれるあなたを信頼し、好感度を上げることでしょう。

 「できない」や「やりたくない」は言わない!

両手でガッツポーズする女性

先輩や上司に好かれるためには、「できない」や「やりたくない」は言わないようにしましょう。

一見、無駄なことのように思える作業や新入社員でもできるような雑用を任せられることがあります。

あなただったら、素直に「はい!分かりました」と雑用を引き受けますか?

それとも、「これは、新入社員の○○さんに任せても良いでしょうか?」と面倒な仕事を後輩にさせますか?

表面的なイメージで「こんな雑用させられるのか!」「もっと大きな仕事を任せてくれないかな!」なんて思う方もいるかもしれません。

でも、なぜ先輩や上司は新入社員でもできそうな雑用をあなたに任せるのでしょうか?

その答えは、『素直に従う』にも通じるところがあります。

例え、雑用と思えることでも、あなたが成長するためだったり、仕事を成功させるために重要なポイントであるということです。

だからこそ、新入社員ではなくあなたに雑用という重要な仕事を任せたのではないでしょうか?

先輩や上司は常にあなたの先を見据えて行動しています。

そのため、「できない」や「やりたくない」という後輩や部下がいれば、素直に応じてくれる人を信頼し頼るようになります。

その方が効率が良く、例え新入社員であっても仕事への意欲があることが分かれば、そちらを自分の後任にと育てようとするものです。

あなたはそれでも、「できない」や「やりたくない」と雑用を拒否し、自分以外の誰かがどんどん成長し昇進していく姿をただ傍観していたいですか?

 謙虚な姿勢で話を聞く

男性上司の話を素直に聞く女性社員

先輩や上司に好かれる人は、常に謙虚な姿勢で話を聞くことを心がけています。

先輩や上司から何かを教わる時は常にメモを取ったり、真剣に話を聞いています。

先輩や上司の話が終わると、分からなかったことや疑問に思ったことをしっかりと質問して、分からないまま疑問のままでは終わらせません。

先輩や上司からすれば、そういった謙虚な姿勢はとても好感度が高く、仕事への意欲があると評価も高くなります。

誰でも自分が話すことを真剣に聞いて、理解しようとする姿勢が相手に読み取れると、嬉しくなるものです。

逆にやってはいけないことは、メモも取らず、何度も同じことを聞いたり、言われたことをやらずにミスを繰り返すことです。

先輩や上司からの指示やアドバイスは素直に従い、仕事のやり方をマスターしてから自分のやりやすいようにアレンジするようにしましょう。

日本文化における考え方の一つに、『守破離(しゅはり)』というものがあります。

先輩や上司の型(教え)を守り、それができるようになったら自分なりのアレンジを試して型を破り、最終的に自分なりの方法を手に入れ型から離れるという考え方です。

まずは、先輩や上司の教えをしっかりと守ることが大切なのです。

 相槌上手になる

指でOKポーズをする上司

先輩や上司に好かれる人は、相槌上手な人が多いです。

相槌が上手な人だと話している方も気分が良くなり、あれもこれもといろいろ教えてあげたくなるのが人の常です。

でも、中には先輩や上司が真剣に話をしているのに、

  • 頷きもせずに淡々と聞く
  • 話の腰を折る
  • 話をしている人を見ていない

など話をしてくれている人に対して失礼な態度を取る人がいます。

上記のような態度は、先輩や上司の前では以ての外です!

仮に真面目に聞いていたとしても、何も反応が感じられなかったり、話に集中していない姿勢は、誰であっても不快感を感じます。

もしもあなたが先輩や上司に好かれたいと思うのなら、相槌上手になって話し手が話しやすい環境を整えてあげると良いでしょう。

④清潔感がある身だしなみを心がける

ネクタイを直す男性

先輩や上司に好かれる人は、清潔感がある身だしなみを心がけています。

見た目の印象というのは、本人が思っている以上に周りの人はよく見ているものです。

先輩や上司だけでなく、清潔感ある人はそれだけで印象が良く映ります。

また、服装や髪型などの身だしなみ以外によく見られているのが、デスク回りです。

デスク回りがキレイに整理整頓されていると、それだけで信頼されやすくなります。

一方、デスク回りが資料や物で溢れていると、それだけで信用度は低くなり、「整理整頓すらできないのだから、この社員には大事な仕事は任せられない」と先輩や上司に思われてしまうのです。

つまり、清潔感があるということは、単に見た目の印象が良いというだけでなく、必要な資料をすぐに探し出せたり、物の扱いも丁寧だということです。

その結果、効率的な仕事ができる社員だと評価してもらえるようになるのです。

⑤正しい言葉遣いを身につける

ファイルを持った笑顔の女性

先輩や上司に好かれるためには、正しい言葉遣いを身につけることが大切です。

社会人として挨拶と同じように大切なことで、言葉の使い方一つで先輩や上司へ与える印象が変わってしまいます。

「若いのにできた社員だ!」と褒められることもあれば、「敬語の使い方も知らないのか!」と心証を悪くしてしまうこともあります。

社会人として最低限必要な正しい言葉遣いを身につけておくことをおすすめします。

ちなみに、こちらの記事で仕事で役立つフレーズをご紹介しているので、参考にご覧ください。

絶対に知っておきたい!バイトの服装・マナー9選!

 キツイ物言いの女性社員は嫌われやすい!

偉そうな態度でコピー機を指さす女性

あなたが女性の場合は、意見を言う際に注意したいことがあります。

それは、女性社員がキツイ物言いをすると、社内で嫌われやすいということです。

昇進すれば昇進するほど、風当たりは強くなっていきやすいのが日本の社会の現状です。

実際に、欧米に比べて日本は女性の管理職が少なく、産休や育休への理解も低いと言わざるを得ません。

日本はまだ、男社会を引きずっていると言えるでしょう。

そのため、昇進する女性は『出る杭』とされ、キツイ物言いをするだけで「ヒステリー」だとか「気性が激しい」だのと影口を叩かれてしまうのです。

先輩や上司に対しても同じことが言えます。

仕事に熱心な姿勢は大切ですが、キツイ物言いになってしまうと「この人は自分で何でもできるだろう」と思われてしまいます。

また、頑固な印象を強く与えることも多く、敬遠されてしまうことも少なくありません。

先ほどもお話したように、先輩や上司に好かれるには素直で謙虚な姿勢が大切なので、くれぐれも言葉遣いには注意するようにしましょう。

 上司や先輩へのお伺いにはクッション言葉を駆使する!

男性社員に資料を渡す女性社員

あなたは『クッション言葉』というものがあることを知っていますか?

クッション言葉とは、先輩や上司にお伺いを立てる時やお願いをする時、誘いを断る時、自分の意見を述べる時に相手に失礼の無いように添える言葉のことを言います。

つまり、緩衝材のような役割がある言葉です。

先輩や上司など目上の人に何かを尋ねたり、断ったり、自分の意見を述べる時などは、とても緊張するものです。

失礼が無いように伝えたいという場合は、ぜひ、クッション言葉を上手に活用するようにしましょう。

クッション言葉の具体例は、次の通りです。

  • 「申し訳ございませんが…」
  • 「恐れ入りますが…」
  • 「失礼ですが…」
  • 「今、お時間よろしいでしょうか?」
  • 「差し支えなければ…」
  • 「できましたら…」
  • 「もし、よろしければ…」
  • 「大変申し上げにくいのですが…」

などが挙げられます。

クッション言葉を使うのと使わないのでは、だいぶ印象が変わります。

上記のようなクッション言葉を上手に活用して、先輩や上司に失礼にならないように、自分の意見や質問、お願いなどをしましょう。

 ⑥何事も率先して行動する

ガッツポーズで叫ぶ男性

先輩や上司に好かれる人は、何事も率先して行動する人が多いです。

どんな仕事にも前向きな姿勢で取り組む姿に先輩や上司は好印象を抱くようになります。

ただ、それ以前に仕事のやり方や進め方をしっかりと理解しておく必要があります。

仕事の進め方も分からずに我流でやっては、一人で空回りしてしまうことになるからです。

そんな事態だけは絶対に避けたいところです。

では、具体的にどんな行動が先輩や上司の評価を下げたり、高めたりするのか見ていきましょう。

 指示待ち人間は「仕事ができない社員」だと思われる!

上司の背中を見ながら困る男性

仕事をする上で先輩や上司に評価されにくいどころか、評価が下げられやすいのは指示待ち社員です。

指示待ち社員とは読んで字のごとく、先輩や上司からの指示を常に待っていて、言われたことしかやらない社員を指します。

あなたが新入社員なら、先輩や上司も「まだ新入社員だから、これからじっくり育てていくか」という気持ちになります。

でも、あなたが入社数年目という社員なら、危機感を持つべきです!

新入社員ならともかく、入社して数年経っている社員に手取り足取り教育してくれる程、懐が広い先輩も上司も普通ならいません。

この場合、あなたは指示待ち社員から1日も早く脱却するべきです。

指示待ち社員から脱却するためには、

  • 仕事ができる人の言動や行動を観察する
  • 自分の意見をしっかりと伝える
  • 1人で悩まずに分からないことは質問する

などを参考に受け身ではなく、自分の意志で仕事をしていることを先輩や上司にアピールしましょう。

また、自分なりの仕事上の目標を設定することをおすすめします。

明確なゴールがあると、自分は今何ができて何ができないのか?など自分の立ち位置を知ることができます。

自分の立ち位置を理解すると、自然と目標を達成するために今何をしなければならないのかが分かるようになってきます。

 言われたこと以上の行動を意識して行う

部下を褒める男性上司

先輩や上司に評価される人は、言われたこと以上の行動を意識して行う人です。

言われたことしかできないのは、指示待ち社員と同じです。

評価される人に共通する行動は、言われたことにプラスαの行動を必ず行っています。

例えば、指示されなくても

  • 必要な資料を揃えておく
  • 会議で遅刻している人を呼びに行く
  • 会議資料で不足分のコピーを取りに行く
  • 後片付けを率先してやる
  • 直しは指摘されていない部分を自ら見つけて直したものを見せる

などのように、先輩や上司から指示されたこと以上の仕事をすることで、先輩や上司の期待値を上回り、満足度を高めることができるのです。

 ⑦先輩や上司とのコミュニケーションを大切にする

男性社員の話を聞く女性社員

先輩や上司に好かれるためには、先輩や上司とのコミュニケーションを大切にすることが重要です。

コミュニケーションは人間関係を築く上で欠かせません。

休憩時間やランチタイムなどを利用して、先輩や上司とコミュニケーションを取る時間を作ると良いでしょう。

また、職場の飲み会や先輩や上司に個人的に飲みに誘われた時は、面倒くさがらずに「自分をアピールするチャンスだ!」と思い、誘いを快く受けましょう。

意外にも共通の趣味が見つかって、意気投合するなんてこともあるかもしれません。

このように、日頃から先輩や上司とコミュニケーションを取っていくことで、あなたのことを身近に感じてもらえ、先輩や上司に可愛がられる存在になることができます。

 「ほう・れん・そう」をしっかり行う

メモを片手に持って上司に相談する部下

先輩や上司とのコミュニケーションに欠かせないことが「ほう(報告)・れん(連絡)・そう(相談)」です。

「ほう・れん・そう」は新人研修などで用いられる言葉ですが、意外と入社して数年目の社員でも「ほう・れん・そう」が正しく活用していない人もいます。

新入社員の頃はとにかく、教わったことを必死にマネをして仕事のいろはを覚えようとします。

でも、入社して数年経つと、全てを分かった気になって我流で仕事をするようになる社員も少なからずいます。

そのため、本来なら先輩や上司への「ほう・れん・そう」が必要な所を勝手に省いてしまい、大きなミスをして自らの首を絞めてしまうことになるのです。

あなたは、先輩や上司に正しく「ほう・れん・そう」ができていますか?

我流でやってしまって問題が無いかをもう一度見直してみましょう。

 先輩や上司を立てる

青いメガホンで応援する黒子

先輩や上司に好かれる人は、要所要所で先輩や上司など目上の人を立てることが上手な人です。

自分の仕事が認められると嬉しく舞い上がってしまいそうになりますが、その評価の裏にはあなたを支えてくれた先輩や上司が必ずいます。

全てを自分の努力だけで勝ち取ったかのように振舞う人は、先輩や上司から好かれません。

先輩や上司から好かれる人は、自分の努力が認められたことを喜びつつも、

  • 「○○さんのご指導あっての結果です」
  • 「○○さんのお力添えいただいたおかげです」
  • 「○○さんに教えていただいた通り実践した結果です」

などのように、陰ながら指導や応援してくれた先輩や上司の名前を出して、自分だけの力ではないことをアピールします。

ただ、先輩や上司を持ち上げ過ぎると、あなたの努力が軽く見られてしまうことになるので、注意が必要です。

あくまでも控えめに、先輩や上司をアピールする程度にしておきましょう。

⑧メンタルを強化して打たれ強くなる!

やる気に満ちた表情でガッツポーズする男性

先輩や上司に好かれる人は、打たれ強い人です。

スポーツ根性がテーマのアニメではありませんが、叱られても叱られてもふてくされることなく前向きに仕事ができる人は、先輩や上司に好かれる人が多いです。

先輩や上司に比べて仕事経験が少ないあなたにとって、注意されたり叱られたりすることは当たり前のことです。

親が子供を褒めて育てるような時間を後輩や部下にかけることはできません。

そのため、褒めて育てるよりも、注意や叱るような指導法が取られることが多いです。

それは、あなただけに限ったことではなく、あなたの先輩も上司も同じような経験を積んできたからこそ、後輩や部下に指導することができる立場になれるのです。

注意を受ける度、叱られる度に落ち込んでしまっては、指導者側の先輩や上司もあなたの扱いに困ってしまいます。

そして、「根性なし」というレッテルを貼られかねません。

だからこそ、あなたはメンタルを強化して打たれ強くなる必要があるのです。

では、具体的にどんなことに気をつければ良いのか、ご紹介したいと思います。

ちなみに、気が滅入ってしまった時は、こちらの記事を参考に心も体もリフレッシュさせましょう!

ぜひ試して欲しい!うつ病で休職中におすすめの過ごし方13選!

 公私混同はしない

手を顔に当てて落ち込む男性

メンタルを強化して打たれ強くなるためには、仕事とプライベートを切り離し、公私混同しないことです。

一般的にメンタルが弱いという人は、仕事でミスしたことで思い悩んでしまいます。

ミスをする度に、「自分はなんて仕事ができない人間なんだ!」「また叱られてしまった…情けない!」と卑屈になってしまいがちです。

そして、ミスした自分自身を罰するような思考になってしまい、負のスパイラルに陥ってしまいます。

先輩や上司が注意すること、叱ることはあなたの仕事のやり方であって、あなた自身の人格を否定している訳ではありません。

負のスパイラルに陥っている人は公私混同するため、自分の人格を否定されているかのように何事も捉えてしまうのです。

仕事のミスは仕事でしか取り返すことができません。

仕事で失った信用は、仕事で結果を出すことでしか取り戻すことはできません。

ミスして落ち込んだり、思い悩むよりも、

  • 同じミスをしないためにできることは何か?
  • どうすればもっと効率よく仕事ができるか?
  • 先輩や上司が本当に伝えたかったことは何だったのだろう?

と、前向きに仕事に取り組むことが大切です。

先輩や上司はあなたが嫌いで叱るのではなく、あなたに成長して欲しいから叱るのです。

先輩や上司はあなたに仕事をする上で大切なことに気づいて欲しいから、あなたを叱るのです。

公私混同せずに、仕事は仕事と割り切って前向きに取り組む姿勢を心がけましょう。

 自分に合ったストレス発散法を見つける

大声で叫ぶ男性

メンタルを強化させるためには、上手にストレス発散させることができなければなりません。

どんなに打たれ強い人でもストレスが蓄積されれば、心身に悪影響を及ぼしかねません。

つまり、メンタルを強化するとともに、ストレス発散の仕方を学ぶ必要があるのです。

ストレス発散と言っても、人によってどんなものがストレス発散になるのかは異なります。

例えば、

  • カラオケで歌いまくる
  • 海で大声を出す
  • クラシック音楽を聴く
  • 映画を観に行く
  • ショッピングを楽しむ
  • 美味しいものを食べる
  • 旅行に行く
  • 友人や恋人にグチを聞いてもらう
  • 恋人とのデートを楽しむ
  • スポーツで汗を流す
  • ゲームで遊ぶ
  • エステの施術を受ける
  • 温泉に浸かる

などが挙げられます。

ぜひ、あなたに合ったストレス発散法を探してみてください。

もしも、何が自分に合ったストレス発散法なのか分からない場合は、興味があるものや好きなものから一つずつ試していき、何もかも忘れて楽しめるものを選びましょう。

また、気分によってはカラオケで歌いまくるのも良いですし、映画を観に行って大笑いしたり、感動して泣いたりするのも良いですね。

このように、ストレス発散法は一つだけにこだわらず、いくつもある方がその日の気分に合った方法でストレスを発散させることができます。

ちなみに、一人暮らしの方の場合、癒してくれる存在を作るのもおすすめです。

これで寂しくない!一人暮らしにおすすめのペット8選!

初めてのペットに!飼いやすいペットのおすすめ8選!

⑨先輩や上司の性格に合わせた対応を心がける

片手を挙げて人を呼んでいる女性

先輩や上司に好かれるためには、先輩や上司の性格に合わせた対応を心がけることが大切です。

どんなに尊敬できる人であっても完璧な人間など存在しません。

そのため、先輩や上司の欠点を補ってあげるような行動をすると先輩や上司に感謝され、結果的に好かれるようになります。

例えば、

  • おっちょこちょいな性格⇒会議やミーティングなどの必要資料を準備しておく
  • 神経質だったり心配性⇒仕事の進捗状況を聞かれる前に逐一報告する
  • 自分の言ったことを忘れる性格⇒メールやメモなどに残して指摘する
  • 無口で無愛想な性格⇒笑顔で話しかけ、1対1のコミュニケーションを密に取る
  • 小言や説教が多い⇒言葉遣いや身だしなみなどを整え、叱られるネタを与えない。謙虚な姿勢で接する

などが挙げられます。

先輩や上司の性格を見極めて、どんなことをされたら嬉しいのか、どんな態度で接すれば印象が良くなるのかを観察しましょう。

もしも、観察していてもイマイチ分からないという場合は、それとなく先輩や上司の尊敬している人や仕事をする上での心得などを聞いてみるのも良いコミュニケーションの一つになりますよ!

もしも、嫌いな上司がいてストレスが溜まっているのなら、こちらの記事もおすすめです。

むかつく!嫌いな上司への対処法6選!

絶対好かれる!かわいい後輩・部下になるためのまとめ

上司や先輩に好かれるかわいい後輩や部下になるためには、人として信頼されることが何より大切です。

そのためには、

  • 気配り上手で素直である
  • 上司や先輩とのコミュニケーションを大切にする
  • 仕事への意欲をアピールする

などが大切です。

また、良い上司、良い先輩と言うのは、いつも笑顔でどんな仕事にも真剣に向き合う後輩や部下の姿を陰ながら見守っていてくれるものです。

「誰も見ていないから、良しとしよう!」と手を抜き、いい加減な仕事だけはしないようにしましょう!

そして、先輩や上司に可愛がられる後輩・部下を目指しましょう。