おせっかい?姑と孫を挟んだ関係を良くする5つの方法!

記念撮影をしている家族
記事のポイント
  1. 孫という共有財産が嫁姑にもたらすメリットが分かる!
  2. 孫をきっかけとした姑との関係悪化する原因が分かる!
  3. 孫を介した姑との付き合い方が分かる!

孫が生まれることで、姑との関係を良くも悪くもすることができます。

例えば、

  • 孫がいることで雰囲気が和らぐ
  • 孫への教育の考え方
  • 子育てという姑との共通点ができる

などで大きく変わります。

そこで、姑と孫を挟んだ関係を良くする方法をご紹介したいと思います。

①孫は姑との関係に影響を及ぼす存在であると理解しておく

お絵かきをする子供

まず初めに、姑と孫を挟んだ関係を良くする方法をご紹介する前に、あなたに知っておいて欲しいことは、孫は姑との関係に影響を及ぼす重要な存在であると理解しておくことです。

「孫は目に入れても痛くない」なんて言葉があるように、姑にとっては愛する息子の子供ですから、自分の子供と同じくらい、もしくは子供以上に可愛がります。

とくに、初孫であれば尚更、孫を可愛がります。

ただ、嫁と姑の関係によっては、子供の取り合いになったり、子供に関することでさらに姑との関係が悪化するケースもあるのです。

一方で、孫が生まれることによって、嫁と姑の関係が修復されるケースもあります。

子供はいつの時代にも、場の雰囲気を和ませますし、泣いた子供をあやそうとすれば、大人は優しい表情になるものです。

そんな姑の孫であるあなたの子供が、あなたと姑を繋ぐ架け橋となることがあるということを理解しておきましょう。

会いたくない!姑が大嫌いな人が知るべき6つのこと!

②姑の可愛い孫であることをアピールする

カメラ目線の男の子

あなたが姑との関係を良くしたいと思うのなら、姑にとって可愛い孫であることをアピールするようにしましょう。

愛する我が子が姑にとって孫という大切な存在になることで、共通の話題が増えたり、思わず笑顔で会話をするなんて機会も増えてくることでしょう。

小さな子供が一人いるだけで、その場は賑わいを見せます。

例え、あなたが姑と険悪な関係だったとしても、家庭内の雰囲気は子供によって明るさを取り戻すようになります。

ただ、姑にとって初孫で無い場合、あなたの子供が姑に可愛がられるかどうか心配になることもあるかと思います。

姑の中には、孫の中でも頻繁に会う機会が多い孫を可愛がる傾向にあります。

とくに、あなたの子供が人見知りの性格やそういう時期だったりすると、姑の子供に対する印象を悪くしてしまうかもしれません。

少しでも姑に自分の孫として子供を可愛がってもらえるようにすることが大切です。

とは言え、具体的にどうすればいいのでしょうか?

では、具体的にどんな方法があるのか、見ていきましょう。

 旦那さんと子供の似ているところを褒める

娘を抱っこする父親

子供を連れて姑に会いに行く際は、旦那さんと子供の似ているところを褒めるようにしましょう。

誰でも可愛い我が子に似ている孫の特徴を褒められれば、例え、鬼の姑だとしてもきっと喜ぶこと間違いありません。

一見、孫の可愛さを褒めているようにも思えますが、孫を通して旦那さんを褒めることになります。

姑は旦那さんの子供の頃を思い出し、懐かしく感じることでしょう。

そして、孫を旦那さんの子供時代に重ね合わせながら、可愛がってくれるはずです。

旦那さんの子供の頃のアルバムなどを一緒に見るのも良いかもしれませんね。

 定期的に子供の写真や近況を報告する

パソコン画面を孫に見せる祖母

姑に頻繁に会うことができない場合は、定期的に子供の写真や近況を報告することをおすすめします。

なかなか会えなくても、孫がどうしているのか、どれくらいまで成長しているのかなどをこちらから報告することで、姑にとって孫が身近な存在になります。

例えば、

  • メールをする
  • スカイプなどの無料TV電話を活用する
  • 手紙に写真を添える

などの方法があります。

ただ、写真を送る際に注意すべきことは、なるべく旦那さんと子供の2ショット写真を送ることをおすすめします。

なぜかと言うと、姑が友人通しで孫の写真を見せ合ったり自慢し合ったりするからです。

お嫁さんと良い関係を築けていない姑の場合、お嫁さんが写真に載っているとお嫁さんの悪口を言いだしたりと過去のお嫁さんとの確執ができた出来事などを思い出しかねません。

そして、友人同士で嫁の悪口を言い合ってヒートアップし、さらに関係を悪化させてしまう原因を作る可能性もあるのです。

悲観的過ぎだと思うかもしれませんが、もしも、あなたがママ友や友人と姑の悪口を言っていたとしたら、その理由がよく分かるのではないでしょうか。

悪口に花を咲かせてしまうと、その時の怒りや悔しさなどの感情が再び呼び起こされ、過去のことなのにイライラしてしまうことがあります。

それに、姑にとって可愛いのは、孫と実の息子である旦那さんだけなのです。

だからこそ、あえてお嫁さんであるあなたが写っていない写真を送ることをおすすめするのです。

あなたとしては納得できないかもしれませんが、なるべく関係を悪化させるような原因を作らないように気をつける方が姑との関係を悪化する確率を減らすことができるのです。

その結果、あなたのイライラやストレスが少なくなるということに繋がっていくのです。

ちなみに、生まれたばかりの子供の名前決めに悩んだ場合は、こちらの記事が参考になります。

アイディア次第!おすすめの子供の名前の付け方14選!

 姑に会いに行くときは旦那さんと子供だけにする

公園で遊ぶ父娘

姑に孫の顔を見せに行くときは、なるべく旦那さんと子供だけにするようにしましょう。

先ほども言った通り、姑にとって可愛いのは孫と実の息子である旦那さんだけなのです。

それに、お嫁さんであるあなたが一緒に行かないことで、姑との余計な争いを避けることができます。

何より、あなた自身が姑に対してイライラせずに済みます。

姑の中には孫が可愛いあまり、好きなものを自由に食べさせたり、欲しいものを買い与えたりする人が多いです。

そのため、その場にあなたがいれば、どれほどのイライラやストレスを感じることでしょう。

恐らく、想像するだけでも我慢に堪えないことかと思います。

例え、子供の教育方針として、姑が孫にする行為を非難したくても、大半は悪気が無いこともあって注意するのが難しい場合があります。

仮にあなたが姑に直接注意したところで、

  • 「あなた、神経質すぎるわよ!」
  • 「こんなに欲しがっているんだから、いいじゃない」
  • 「可哀想に、いつもこうやって我慢させられているのね」

などのような嫌味を言われるかもしれません。

最初からお嫁さんの言うことを聞いてくれる姑なら、何かを与えたり何かをする前にお嫁さんに確認を取ってからするものです。

姑がそういうタイプではないのなら、あなたは一緒に行かずに姑は孫を甘やかすのは仕方ないと諦めるようにしましょう。

もちろん、限度というものはありますので、そこは旦那さんとしっかり相談しておき、旦那さんから姑に注意してもらうようにしましょう。

姑に孫の顔を見せに行くのがたまになら、少しくらいは姑の行為を許し妥協するようにしましょう。

イライラ!姑がストレスでたまらない人が知るべき3つのこと!

③姑には孫の教育には口出しさせない

赤ちゃんを抱く祖父母

子供が生まれてから姑との関係で気をつけることは、姑には孫の教育には口出しさせないことです。

子供の教育方針を決めるのは、子供の両親であって姑ではありません。

「悪気が無く孫のために良かれと思って、やってくれていることだから…」なんて何でも許してしまうと、終いには姑は孫の母親づらをするようになってしまいますよ!

実際に、姑が子供の母親づらをして、あたかもお嫁さんが子供の面倒を見ないと言い張る意地の悪い姑もいるのです。

必ずしもあなたの姑がこのような意地の悪い姑では無いかもしれません。

でも、あれもこれもと姑の自由にさせてしまっては、後から「やっぱり、子供のことは親である私たちがやりたいので、口は出さないでください」と言いづらくなってしまいます。

とは言え、孫を我が子のように可愛がってくれているからこその行動であることを忘れてはいけません。

そこを無視して、ただ子育てに口を出すなと言ってしまえば、姑だって嫌な気分になるものです。

なるべくなら、子供のためにも母親と祖母が仲が悪い環境で育たないことに気をつけたいものです。

では、具体的にどんな方法で子育てについて、姑と折り合いを付ければ良いのでしょうか?

いくつか具体的な方法をご紹介します。

 事前に旦那さんから姑に釘をさしてもらう

ペアルックの母娘

子供の子育てについて姑と折り合いをつける方法として、事前に旦那さんから姑に釘をさしてもらうことをおすすめします。

子供が生まれれば、嫁と姑で子供の教育について意見が対立することは、多くのお嫁さんが想像することと思います。

ただ、姑が何かを行動してからでは断りたくても断りづらくなるものですし、母親としてされたくないことを平気で姑がすることでイライラが募ってしまいます。

例え、姑に悪気が無くても、そういうことにいちいちイライラするのはストレスを溜めてしまいます。

そのため、なるべくなら姑が何かする前に、旦那さんから「俺たちはこういう風に子供を育てていきたいから、協力して欲しい」と姑に釘をさしてもらうようにしましょう。

事前に旦那さんから釘をさしてもらうことで、旦那さん自身も姑の行動に目を配ってくれる効果があるはずです。

姑はお嫁さんの言葉には耳を貸すことがありませんが、実の息子から言われれば大人しく言うことを聞くことが多いのです。

そのため、あなたが旦那さんに姑への注意を促すよりも、旦那さんとしっかり子供の教育について話し合って、共通の意識を持つことで旦那さんは自分の言葉で姑に注意をしてくれるようになります。

姑によっては、「息子は嫁から言わされているのね」と感づかれてしまっては、あなたと姑の関係はさらに悪化することになってしまいます。

だからこそ、旦那さんから旦那さんの言葉で、姑に釘をさしてもらうことが大切なのです。

ちなみに、こちらの記事も参考になります。

超苦手!嫌いなママ友がいる人に知っていてほしい8つのこと!

 子育ての話はお嫁さんから切り出す

景色を眺める母子

子育てに絶対的な自信を持っている姑と上手く折り合いをつけながら付き合っていくためには、子育ての話はお嫁さんであるあなたから切り出すことをおすすめします。

「姑に子育てについて口出しされたくないのに、何で私から切り出す必要があるの?」とあなたは思うことでしょう。

確かに、姑に子育てについて口出しされないために、子育てについては一切、姑とは話をしないという方法も1つだと思います。

でも、あなたが新米ママである場合、それを目の前にして姑が口を出すのを我慢できるのかと言うと、必ずしもそうではありません。

オムツの替え方一つにしても、経験値が高い姑からすれば、あなたのおむつ替えを見ていて「こうした方が簡単よ」とついつい言いたくなるものです。

また、あなたが離れている時に子供が泣いていれば、「よしよし、良い子ねー」とついついあやしたくなるものです。

それにいちいちイライラしていては、あなたも気をすり減らすことになってしまいます。

何よりも子供の教育にも良くありません。

ただ、姑が口を出したくなるのは、あなたのやり方に疑問を思っていたり、あなたがどんな教育方針でいるのかが分かっていないからでもあるのです。

つまり、姑があなたのやり方を理解して納得してくれれば、あえて口出しをすることは無くなるのです。

とは言え、それが一番難しいことなのはあなたも重々承知だと思います。

姑がすんなりと理解して納得してくれれば、そもそも子供のことで揉めることはないのです。

では、どうすればいいのかと言うと、一番良いのはあなたが子供の母親として安心できることを姑に分かってもらえば良いのです。

そのためには、あえてあなたから子育てに関する話を姑に切り出し、「私はこういう風に子供と接していきたいんです」と小出しに伝え続けることです。

姑にあなたの考え方を少しずつ刷り込んでいくのです。

もちろん、旦那さんにも協力してもらう方が上手くいきます。

また、子育ての考え方は今と姑の子育て時代とでは異なることも多いです。

とは言え、共通することもたくさんあるのだと思います。

そのため、姑に「こんな時はお義母さんはどうやって効率良くやっていたんですか?」と、子育ての考え方ではなく子育ての具体的な作業のやり方などについて聞いてみるのも良いでしょう。

作業のやり方を聞くことは、姑の子育ての考え方を聞くこととは違い、姑の子育て方法を強制されにくいですし、姑としてもお嫁さんから「教えて欲しい」と頼られれば、嬉しいはずです。

姑の子育てに関する全てを拒絶するのではなく、自分にとって良いものは取り入れようという気持ちで姑に接することができれば、今よりももっと良い関係を築くことができるはずですよ。

 子供から意思表示をしてもらう

記念撮影をしている家族

姑が孫に過剰に口を出してくるのなら、いっそのこと子供から意思表示をしてもらうことをおすすめします。

子供が成長して自分の意思表示をできるようになると、好き嫌いも自分の言葉でハッキリ言えるようになります。

あなたが姑の子供にはして欲しくない行動が、子供にとっても祖母にそうされるのは嫌だと思っていることもあるかと思います。

そんな時に、子供から祖母に「おばあちゃん、これは好きじゃないから止めて」と意思表示させるようにしましょう。

孫から直接「嫌だ」と意思表示されれば、さすがの姑もそれを強要しようとは思わないはずです。

ただ、この時に注意したいことは、

  • 姑を傷つけるような言葉を子供に言わせないこと
  • あなたが子供に言わせたことを悟られないこと
  • 子供が思っていないことを無理やり言わせないこと

などです。

可愛がっている孫に傷つくようなことを言われれば、姑は大きなショックを受けることもあるでしょうし、孫を嫌うようになる場合もあります。

また、孫ではなく嫁であるあなたに怒りの矛先を向けることがあるかもしれません。

子供から姑に意思表示をさせる場合には、くれぐれも注意するようにしましょう。

 ④孫のお祝い事を姑に仕切られないようにする

女の子に読み聞かせをする祖母

姑と良い関係を築いていくためには、孫のお祝い事を姑に仕切られないようにすることが大切です。

孫のお祝い事を一緒になって喜んでくれることは嬉しいですが、姑に全てを仕切られては溜まりません!

姑が1人で勝手に何もかも自分の思う通りに決められてしまうと、あなたもかなりのストレスが溜まるはずです。

中には、自分が母親であるかのように、仕切りたがる姑もいます。

だからこそ、姑に何もかも仕切られないようにする必要があるのです。

とは言っても、全てを仕切ろうとする姑は、大半が強靭なメンタルの持ち主で自分勝手な人が多いです。

そのため、嫁であるあなたもなかなか「仕切るのは止めて欲しい」とは言い出せないでしょう。

それに、お嫁さんから言われると、姑もお嫁さんに対して対抗意識や嫌悪感を抱くこともあります。

そうなると、姑との関係は悪化していってしまいます。

では、どうすれば姑に仕切られずに子供のお祝い事の主導権を握ることができるのでしょうか?

具体的な方法をご紹介したいと思います。

 両親が積極的に予定を立てる

娘をハグする父親

子供の教育方針のところでもお話したように、全てを仕切りたがる姑への対処法は、先手を打つことです。

姑が主導権の孫のお祝い事ではなく、両親が主導権の子供のお祝い事にするのです。

つまり、両親が子供のお祝い事の主導権を握る必要があるということです。

そのためには、姑が行動するよりも先に、両親がお祝い事の予定を立ててしまうのです。

先手必勝ということですね!

先に予定を立ててしまえば、姑が仮に納得していなくても決まったことを受け入れざるを得ません。

何よりも、あれこれと姑が計画を立てる前より先に予定を立ててしまえば、余計な衝突を避けることもできるのです。

何しよう?園児におすすめの夏休みの過ごし方7選!

 旦那さんから姑に言ってもらう

赤ん坊を抱く笑顔の女性と夫

両親が決めた子供のお祝い事の予定にケチをつけてくる姑には、旦那さんからハッキリと姑に言ってもらうことをおすすめします。

子供のお祝い事の予定を立てるにも、ある程度の時間を割いている訳ですし、場合によっては予約が必須な場所もあります。

予約も全て終えた後で、強行して姑が好きなように予定を変えようとするのはさすがに非常識だとしか言えません。

そんな時は、旦那さんから姑に「俺たちが決めた予定に従って欲しい」「子供の親である俺たちが子供のお祝い事を一からやりたいんだ」と言ってもらうようにしましょう。

誰だって、自分の子供が一番可愛いのですから、親が子供のお祝い事を仕切りたい気持ちを姑も理解してくれるはずです。

ただ、この時に注意するべきことは、お嫁さんであるあなたは口を出さないことです。

あくまでも、旦那さんと姑だけで話をしてもらいましょう。

姑の立場からすると、2人から責められているような気持ちにもなるでしょうし、お嫁さんであるあなたが旦那さんに言わせたのだと思われかねません。

旦那さんの意志で言っているのだと伝えるためにも、あなたは席を外すようにしましょう。

ちなみに、姑に意見を言う際は、夫婦関係を強固なものにする必要があります。

そんな時、こちらの記事も参考になります。

この人とだからできる!夫婦での誕生日におすすめの過ごし方6選!

これできる?大人カップルにおすすめの過ごし方12選!

 実の両親も含めてお祝い事をする

パーティーをする家族

姑が孫のお祝い事を仕切りたがるのなら、実の両親も含めてお祝い事をすることをおすすめします。

あなたの子供は、姑にとって可愛い孫であるのは確かなことです。

ただ、あなたの実の両親にとっても可愛い孫であることに間違いありません。

そのため、姑が孫のお祝い事を仕切ろうとすると、あなたのご両親も一緒にお祝いしたくても姑に遠慮して身を引いてしまうことがあります。

姑からすると、あなたは嫁いできた訳ですから、「実の息子の子供」としか見ることができません。

あなたのご両親にとっても、「愛する娘の子供」であるにもかかわらずです。

あなたもせっかくなら、ご両親に自分の子供のお祝いを一緒にしたいと思っているはずです。

だからこそ、親であるあなたと旦那さんが子供のお祝い事を仕切り、両家で一緒にお祝いする予定を立てるのが一番良い方法なのです。

それに、両家でお祝いするとなると、あなたのご両親の都合もあります。

そうなると、必然的にあなたがご両親に都合を聞くことになる訳です。

つまり、それを上手く活用すれば、あなたが子供のお祝い事の予定を立てることも可能なのです。

さすがの姑でも、お嫁さんの両親にまで予定を強要するようなことはできないでしょうから、そこはあえて、あなたと旦那さんが仕切ると宣言するべきなのです。

言葉を悪く言えば、あなたのご両親を巻き込んで、子供のお祝い事の主導権を握るということです。

でも、親であるあなたと旦那さんが主導権を握ることが一番自然なことですし、両家の行事ごととして行えば姑も口出ししにくくなることでしょう。

⑤孫に関する姑の問題行動への対処法

赤ん坊を抱く祖母

孫を可愛がるあまり、姑の孫に関する問題行動はエスカレートしていきがちです。

年に数回しか孫に会えないのなら、少しくらいの問題行動は見て見ぬフリをすることもできますが、度を越した姑の問題行動に我慢できないお嫁さんも多くいます。

あなたの常識から大きく逸れることを姑にされると、さすがのあなたでも姑に「それは止めてください!」と言いたくなるものです。

でも、感情的になってそんなことを言ってしまえば、明らかに姑との関係は悪化の一途を辿ります。

その一言で、あなたのこれまでの姑に対する我慢や気配りなどが全て水の泡となってしまうのです。

それは、さすがに避けたいものです。

では、姑の問題行動に対してどう対処すれば良いのでしょうか?

ここでは、具体的な姑の孫に対する問題行動の対処法をいくつかご紹介したいと思います。

あなたも子供も、そして姑も少しでも良い関係を築けるように、参考にしてみてください。

問題行動をする姑への対処法として、こちらも参考になります。

むかつく!嫌いな上司への対処法6選!

 孫をひいきする

子供に本を読む白髪の女性

孫に関する姑の問題行動として、孫をひいきすることがあります。

誰でも孫は可愛いものだと思われがちですが、姑の中には孫同士で比較して気に入った孫だけを可愛がる人が少なからず存在します。

例えば、

  • 長男の孫は可愛がるけど、他の子供の孫は可愛がらない
  • 男の子は可愛がるけど、女の子は可愛がらない
  • 成績が優秀な孫は可愛がるけど、普通の成績の孫は可愛がらない
  • 自分に懐く孫は可愛がるけど、懐かない孫は可愛がらない
  • 自分の娘の孫は可愛がるけど、お嫁さんの孫は可愛がらない

などが挙げられます。

こういったタイプの姑の場合、実の子供に対しても兄弟の中で競わせて、自分の言うことを聞く優秀な子供だけを可愛がる人が少なくありません。

そのため、孫に対しても、お嫁さんに対しても、誰に対しても、姑自身の物差しでしか、評価をしないのです。

こういった価値観を持っているタイプの人は、変えようと思っても変えることはできません。

あなたもこんな価値観の姑を理解することはできないでしょう。

こういうタイプの姑への対処法は、姑と距離を取ることをおすすめします。

ありきたりの対処法かもしれませんが、子供のことを一番に考えると、これが最善の策だと言えます。

あなたは、姑に気に入られようと「もっと勉強をして良い成績を取って、おばあちゃんに自慢するのよ!」と子供に勉強を強いることに尽力しますか?

祖母に嫌われていると自分でも薄々感じている子供に、「おばあちゃんに気に入られるように頑張るのよ!」と祖母のご機嫌取りを強要しますか?

これではあまりにも子供がかわいそうだと思いませんか?

ある意味、大人同士の争いに子供を巻き込んでいるのと同じことを意味していると言えるでしょう。

あなたは子供が親からの期待と嫌われている祖母との板挟みに立たせたいと思いますか?

きっと、あなたは愛する我が子にそんな思いはさせたくないはずです。

ならば、子供と一緒に姑とは距離を置き、姑に会いに行くのは旦那さんだけにして、しばらく様子をみるようにしましょう。

 孫に母親の悪口を吹きかける

笑顔で子供を抱く女性

孫に母親の悪口を吹きかける姑への対処法は、その場では聞き流してなるべくプラス思考に考えることをおすすめします。

こんな意地の悪い姑がいるのかと、あなたは思うことでしょう。

でも、実際にこういう意地の悪い姑は存在します。

裏を返せば、孫が可愛いあまりに母親よりも自分に懐いて欲しいと思っているのでしょう。

子供は母親が一番好きだということを分かっているからこそ、母親であるあなたに対抗意識を持って、孫に悪口を言うのです。

「子供か!」とツッコミたくなるところですが、そんな姑にまともに受け合う必要はありません。

まともに聞くだけ損なのです。

なぜ、そこまで言い切れるのかあなたは不思議に思うかもしれません。

でも、先ほども言ったように、子供は母親が一番大好きなのです。

例え、今は子供が自分の意思表示をすることができなくても、大きくなってくれば、大好きな母親の悪口を言う祖母に対して違和感を覚えるようになります。

そして、ある日、子供は祖母にこう言うのです。

「どうしてお母さんのこと、いつも悪く言うの?そんなおばあちゃんなんか大っ嫌い!」と。

あなたが子供に姑の悪口を子供に言ったりせず、ただ、子供にたくさんの愛情を注いであげればいいのです。

子供にも、自分なりの良い悪いがいずれ分かる時が来るのです。

あなたはそんなどんでん返しで、孫から強烈なパンチを食らわせられる姑を想像しながら、ただ、毎日を子供のためにプラス思考で過ごせば良いのです。

子供との関係を深めるのに、こちらの記事が参考になります。

子供の醍醐味だらけ!夏休みにおすすめの子供の過ごし方7選!

 勝手に家の跡取りだと決めつける

孫を抱く祖母と祖父

孫を勝手に家の跡取りだと決めつける姑への対処法は、「子供には自分がやりたいことを自分自身で選択していって欲しい」と姑に伝えることです。

由緒ある家系だったり、とにかく古いしきたりにこだわる姑の場合、家の跡取りを第一に考えようとします。

そのため、小さい頃から子供の教育に口を出してきたリ、両親を飛び越えて勝手に習い事をさせたりする姑もいます。

子供が自分で跡取りになることを選ぶのならまだしも、そんな選択も自分でできない頃から、「あなたは家の跡取りなのよ」なんて勝手に子供に吹き込まれては、溜まりません。

子供にとっても、将来の選択肢を狭めることになるのです。

子供の将来のためにも、ここは旦那さんとしっかりと話し合った上で、旦那さんから姑に「子供の将来は、子供自身に決めさせたい」とハッキリ言ってもらうようにしましょう。

確かに、伝統を守ることは大切なことです。

日本には様々な伝統があり、実際に後継者不足で重要な伝統が失われてきています。

ただ、そのためだけに1人の子供の人生を大人が勝手に、あーだこーだ言って勝手にレールを敷いてしまうのはおかしなことだと思いませんか?

今の時代、結婚相手だって自分で自由に選ぶことができます。

結婚しても夫婦別姓も自由です。

子供の夢の実現のために、親子が離れ離れに暮らすことだってあるのです。

そんな子供に与えられるべき自由を大人の勝手な期待や想いで、奪ってはいけないのです。

旦那さんとよく話し合ってみてくださいね。

そして、旦那さんに姑さんへガツンと言ってもらいましょう!

中途半端な言い方では勝てる相手ではありませんよ。

心してかかりましょう!

おせっかい?姑と孫を挟んだ関係を良くするのまとめ

姑との関係があまり良くない場合にも、孫の誕生によって関係を修復することができます。

ただ、孫への教育の考え方や接し方など姑によっては、あなたを悩ますことになるかもしれません。

そんな時には、

  • 旦那さんと子供の教育方針について話し合っておく
  • 孫を通した姑との付き合い方を考えておく
  • 旦那さんと子供との良好な関係を続けていく

などが悩みを解決することに繋がります。

ただ、孫であるあなたの子供があなたと姑の板挟みになることだけは避けるようにしましょう。

子供にとって、大好きな母親と大好きな祖母の争うところなど誰も見たくはないのですから!