実はこれができる!暇なお盆休みにおすすめの過ごし方8選!

ソファで横になる女性
記事のポイント
  1. リフレッシュできる
  2. 夏を満喫できる
  3. 家族や友人と楽しめる
  4. おひとり様も楽しめる
  5. 長い連休が無い人にもおすすめ

お盆休みは暇だけれど、どこにも出かけずに、自宅でゴロゴロ過ごすという方も多いのでは無いでしょうか。

出かけたくても、

  • 高速道路の渋滞
  • 新幹線の満車

などがあると、出かける気にもなりません!

そこで、今回は暇なお盆休みにおすすめの車や新幹線に頼らない過ごし方をご紹介します!

①実家に里帰りする

扇風機と縁側

お盆休みだと、実家を離れて暮らしている人は、久しぶりに実家に帰省するという人も多いのではないでしょうか。

中には、実家に居てもすることが無いから、帰らないという方もいるかもしれませんね。

そこで、里帰りするのが楽しくなるような実家での過ごし方をご提案したいと思います。

お墓参りがてら近所の散策をしてみる

カメラを持った男性

お盆休みで欠かせないのは、お墓参りをしてご先祖様の供養をすることです。

でも、中には退屈でつまらないと思う方も少なくないと思います。

そんなときは、お墓参りの後に近所の散策をしてみましょう。

子供時代によく遊んでいた場所や通学路、寄り道した場所など子供の頃は遠いと思っていた場所が大人になって歩いてみると、目と鼻の先だったことに気づいたり…。

記念にカメラで写真を撮っておくと、話のタネにもなりますね。

今までは気づかなかったことや新しく変わっている所など、新しい発見があったりして意外と楽しめますよ♪

同級生とプチ同窓会をする

グラスで乾杯する女性たち

実家に里帰りしたときの楽しみの一つに、やはり同級生に会えることです。

仲が良かったけど年賀状くらいしか連絡を取り合っていなかったり、普段は遠くに住んでいて会えなかった友人もいますよね。

お盆休みだからこそ、仲の良かった友人や同級生と連絡を取り合って、プチ同窓会を開くのもおすすめです。

お互いの近況報告も兼ねて、ランチやディナーを一緒に楽しみ、子供の頃や学生時代の楽しい思い出を振り返るのも楽しいかもしれませんね。

家族で旅行に行く

母親と娘

兄弟姉妹が揃って、久しぶりに家族が全員揃うなら、家族旅行を楽しむのもお盆休みの楽しみ方の一つです。

それぞれが実家を離れて暮らしている場合、年に何度も会うことができないことも多いですよね。

そんなときだからこそ、久しぶりに家族で旅行に行って、家族の絆を深めることもおすすめです!

とくに、両親だけで2人暮らしをしてたり、片親だけで1人暮らしをしている場合、親にとって家族が集まることはこれ以上ないくらい嬉しいことですからね。

温泉にでも浸かって、親孝行をするというのもアリではないでしょうか。

②地元や近所のイベントを楽しむ

太鼓のそばに立つ女性

お盆休みは学生の夏休みとも重なり、地元や近所で楽しめるイベントが開催されることが多いです。

お盆休みで連休があると、ついつい遠出しないと損だと思ってしまいがちですが、遠出しないと楽しめない訳ではありません。

そこで地元や近所で楽しめるお盆休みの過ごし方をご紹介します。

近所の夏祭りに参加する

屋台でゲームをする子供

盆踊りや夏祭りなど近所でもイベントが開催されるので、浴衣に着替えて参加してみるのも良いですね!

出店で販売されるグルメを味わったり、子供の頃のように出店のゲームを楽しんだり、意外と大人でも楽しめます。

住んでいる地域の歴史や文化に触れてみるのも面白いですよ。

花火大会で夏の風物詩を堪能する

夜空に打ち上げられた花火

花火と言えば夏の風物詩として知られていますが、お盆休み中にも全国各地で花火大会が開催されます。

近所で開催される花火大会でも良いし、ちょっと足を伸ばした場所の花火大会に行くのもおすすめです。

また、最近はコンピュータで花火と音楽が演出されている花火大会も多く、打ち上げられる花火と音楽のコラボを楽しむこともできます。

③海で夏を満喫する

海で遊ぶ人たち

夏真っ只中のお盆休みは、やっぱり海で過ごしたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

海辺では海の家がオープンしていたり、様々な夏のイベントも開催されることが多いですね。

お盆休みに夏を満喫できる過ごし方をご紹介します。

夏の定番イベントと言えばBBQ

バーベキュー

やはり、BBQ(バーベキュー)は夏のイベントとして外せないですね。

家族や親しい友人など少人数でも楽しめるし、数十人と集まってワイワイ楽しむのもおすすめです。

最近では、食材やBBQ用品が揃っている施設もあり、仕事帰りやちょっとした集まりでも気軽に楽しめるBBQとして注目を集めています。

キャンプで大自然を満喫する

水辺でたき火

キャンプと言えば山のイメージを持つ方も多いかもしれませんが、海水浴場に隣接した場所にあるキャンプ場もおすすめです。

キャンプでアウトドアを満喫しつつ、海に出て海水浴を楽しむこともできます。

何より海辺にあるキャンプ場では波の音を子守唄に眠れ、天然のリラックス効果も期待できそうですね♪

また、夕焼けや朝日に染まる海や周りの景色を堪能できるのもキャンプの醍醐味の一つです。

④電車の旅を楽しむ

線路

お盆休みに実家に帰る予定が無いなら、電車の旅がおすすめです。

新幹線は乗車率が120%など、毎年ニュースでも言われていますが、意外と盲点なのが普通列車です。

遠出をする人にとっては、普通列車での長距離の移動はほとんどいませんからね。

中でもおすすめの電車の旅は、以下の通りです。

電車で行く旅もたまには良いですよ!

青春18きっぷでゆらり旅を楽しむ

駅で電車を待つ女性たち

「青春18きっぷ」と聞くと、学生だけが対象だと勘違いしやすいのですが、実は年齢に関係なく利用することができます。

「青春18きっぷ」は、JR全線の普通・快速列車の自由席などで自由に乗り降りできる切符なんです。

JRなら全国どこでも利用できるので、時間が許す限りどこまでも電車の旅を楽しむことができるという訳です。

これは利用しない手はないですね!

「青春18きっぷ」を購入するには、みどりの窓口や券売機、JRを取り扱う旅行代理店などで購入が可能です。

料金は1枚で11,850円で1人で5回利用でき、有効期間は乗車日当日限りとなっています。

例えば、1人での利用なら、5日間連続の旅行や5回の日帰り旅行が楽しめ、5人グループなら1度の日帰り旅行などが楽しめます。

利用方法は、人数や日数で様々なバリエーションで利用することができます。

販売期間は年に3回と決まっていて、平成29年の場合、

  • 春季 発売期間:2月20日~3月31日
  • 夏季 発売期間:7月1日~8月31日
  • 冬季 発売期間:12月1日~12月31日

となっています。

また、利用期間も定められているので、利用する際は事前にJRのホームページやみどりの窓口などで確認しておきましょう。

 寝台列車で車窓からの景色を楽しむ

寝台列車

ゆっくりな電車の旅を楽しむなら、寝台列車がおすすめです。

数年前より九州を1周するクルーズトレインが新たに加わり、全室スイートルームの贅沢な空間とサービスを楽しむことができ、寝台列車で巡る列車旅が注目されています。

寝台列車と聞くと、狭くて居心地が悪そうなイメージを持たれる方もいるかもしれませんね。

実際にはベッドも寝心地が良く、車内も住宅メーカーと共同設計で作られていたりと、乗客がゆったりと過ごせる環境づくりが徹底されています。

寝台列車が何よりも良い点は列車の乗り降りが無く、寝ている間に目的地に行けるという点です。

また、車窓から眺める夜景や日の出に染まる景色を眺めることができる贅沢な旅を楽しめるのは寝台列車の魅力です。

個室にすれば鍵もかけれるので、安全対策もバッチリです。

では、寝台列車の魅力が分かったところで、どうすれば寝台列車に乗れるのかが気になる所ですね。

寝台列車に乗るには、

  • 乗車券
  • 特急券
  • 寝台券

の3種類の切符が必要です。

切符の購入は、駅にあるみどりの窓口や切符売り場、旅行代理店などで購入でき、ネットでの予約はできません。

寝台列車の料金は区間や寝台列車のランクによって、料金が変わってきます。

例えば、サンライズ出雲(東京~出雲)なら、シングルで15,750~28,960円の料金がかかります。

あなたの予算に合わせて、選ぶと良いですね!

⑤豪華客船クルーズで船旅を満喫する

豪華客船

お盆休みにリッチな休暇を過ごすなら、豪華客船の旅をおすすめします。

国内でも「飛鳥Ⅱ」や「ぱしふぃっくびいなす」などがあり、国内をクルージングしたり、日本発着の海外クルージングも楽しめます。

豪華客船ともなると、長期間でチケット代が数十万~数百万円と高額なイメージがあり、気軽に乗れない方も多いのではないでしょうか。

でも、そこはご安心を!

1晩だけのクルージングや3日間など数日間のクルージングなど、5万円前後~十数万円程度で楽しむこともできるんです。

お盆休みにゆっくり羽を伸ばしたい人におすすめです。

⑥被災地のためにできることをする

握手する手

東日本大震災や熊本地震など近年、自然災害などによって被災された方も多く、体だけでなく心にも傷を負った方が多くいらっしゃいます。

被災地の方々の悩みは、決して他人事ではありません。

あなたが住む場所もいつか自然災害によって、被災する可能性はゼロではないからです。

そこで、お盆休みに予定がなく、人の役に立てることがしたいと思う方におすすめの過ごし方をご紹介します。

被災地を訪れる

カメラ目線の女性

お盆休みに旅行を予定しているなら、東北や福島、熊本などを訪れてみてはいかがでしょうか。

被災地に住む方にとって、「世間が自分たちのことを忘れてしまうのではないか」という不安を感じている方も少なくありません。

何かをしてあげようと思わなくてもいいんです。

ただ、被災地を訪れ、その土地で出会った人やもの、感じたことをあなたの心に記憶しておくだけで良いのです。

被災地でボランティア活動をする

バックパック

被災地では、まだ様々な人の力を必要としています。

本気で被災地のために何かしたいと思う方は、自己責任の下でボランティアを募集する団体に参加しましょう。

ボランティアに参加する前に理解しておくべきことは、

  • 事前に情報収集する
  • 自己責任であることを理解しておく
  • 食事や作業服、宿泊先などは自分で用意する
  • 自分がやるべきことを理解しておく
  • 自分のペースでやれることをやる
  • ボランティア保険に加入する

などがあります。

また、被災地の方に迷惑をかけたり、プライバシーを侵害するような行動を取らないように注意が必要です。

⑦でもやっぱり家でゴロゴロしたい

ソファで横になる女性

お盆休みにおすすめな過ごし方を見てきましたが、それでもやっぱり家でゴロゴロしていたいという方もいると思います。

そんな方に自宅で有意義なお盆休みを過ごすためにおすすめな過ごし方をいくつかご紹介します。

DVDやマンガのレンタルで大人借り

床で横になって本を読む女性

普段、お仕事などで忙しいと、観たい映画や読みたいと思っていたマンガを読むことって難しいですよね。

そんな方におすすめなのが、DVD映画やマンガを大人借りすることです。

観たいDVDや読みたいマンガをまとめてごっそり借りて、ひたすら自宅に籠って見続けます。

最近では、自宅に居ながらにしてネットで予約するだけで、レンタルしたいDVDやマンガを郵送で届けてもらえるサービスがあるので便利です。

自宅から一歩も出たくないというインドアな方におすすめです。

出張シェフサービスでプロの料理を頂く

盛り付けをしているシェフ

自宅でプロのお料理を食べたいという方におすすめのサービスが出張シェフサービスです。

このサービスは、経験豊富なプロのシェフが自ら食材の購入、調理、食事の提供、後片付けをしてくれます。

つまり、自宅に居ながらにして、レストランでのサービスを受けることができるということです。

自宅でのパーティや記念日のディナーにもおすすめです。

料金は、メニューなどにもよって違いますが、基本的な予算として2名以上からで1名3,000円~となっています。

また、最寄り駅から自宅まで距離が離れている場合は、別途交通費がかかる場合もあります。

インターネットでUFOキャッチャーを楽しむ

UFOキャッチャー台

最近では、UFOキャッチャーを自宅に居ながらにして、楽しむことができるサービスがあります。

パソコンがありインターネットが繋がる環境であれば、いつでもどこでもUFOキャッチャーを楽しむことができます。

景品もぬいぐるみやおもちゃ、ブランド品など種類も豊富に用意されているため、子供から大人まで楽しめます。

1回の料金は100円程度で利用できるので気軽に楽しめますが、あまりに熱中しすぎて気づいたら数万円使っていたなんてことにもなりかねないので、予算を決めておくと良いですね。

お盆休みに一人で過ごす女性におすすめの過ごし方をこちらの記事でも紹介しています。

一人での休日のおすすめの過ごし方~女性編~8選!

⑧お盆休みが無い

仕事中の男女

世の中はお盆休み一色でも、サービス業などの方は中々お盆休みを取ることができませんよね。

でも、そんなあなたでも楽しめる過ごし方があります!

1日丸ごと楽しめないと意味がないと思ってしまいがちですが、実際は考え方一つで退勤後にも楽しめる方法はいくらでもあるんです。

毎年、仕事、仕事で何となくお盆も過ぎてしまうというそんなあなたにおすすめの過ごし方をご紹介します。

高級ホテルから出勤する

ホテルの客室

「お盆休みという言葉は私の会社の辞書には無い!」というお盆休み中もお仕事の方におすすめなのは、いつもよりもワンランク上のホテルで1泊し、翌朝はホテルから出勤するという過ごし方です。

少しでもお盆休み気分を味わうなら、自宅からではなくちょっぴり旅行気分を味わえる高級ホテルに1泊しましょう!

豪華なディナーやスタイリッシュなお部屋、フカフカで寝心地が良いベッド、そして、朝食は一流シェフが目の前で調理するビュッフェスタイル。

テンションが上がり、心も体もリセットして仕事に向かうことができるはずです。

家族とSkypeで会話をする

PCの前で落ち込む女性

お盆休みが無いと、実家に帰りたくても帰ることはできません。

両親や兄弟姉妹としばらく会っていないという方におすすめなのは、Skypeなどの無料で利用できるテレビ電話で家族と会話をすることです。

パソコンとインターネットが繋がる環境さえあれば、簡単に利用することができます。

いつも、忙しいことを理由に家族と疎遠がちになっているなら、この機会にお互いの顔を見て会話をしてみてはいかがでしょうか?

仕事で息詰まっていたり、一人で心細いときなど、家族からの温かい言葉があなたに勇気や自信を与えてくれるはずです。

暇なお盆休みにおすすめの過ごし方8選!のまとめ

お盆休みを楽しく過ごすには、あなたが心の中から楽しめることが一番大切です。

つまらないと思うことでも、実際にやってみると面白かったという経験も一つや二つはあなたにもあるはずです。

今回ご紹介したお盆休みの過ごし方をまとめると、

  • お盆休みを利用してできることをする
  • 夏のイベントを満喫する
  • 車や新幹線以外の乗り物で旅をする
  • 友人や家族との絆を深める
  • お盆休みが無くても楽しめることを見つける

などがあり、いつもとは違ったお盆休みを過ごすことができるはずです。

心と体を休めつつも、自分を見つめてみる良い機会にしてみてはいかがでしょうか?